サトウキビの収穫早期化に向けた優良品種育成と新しい栽培体系の構築

サトウキビの収穫早期化に向けた優良品種育成と新しい栽培体系の構築

課題番号2013023221
研究機関名沖縄県農業研究センター,(独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター,鹿児島県農業開発総合センター,(独)農業生物資源研究所,沖縄蔗作物研究協会,鹿児島県糖業振興協会
研究期間2011-2013
年度2013
中課題サトウキビの収穫早期化に向けた優良品種育成と新しい栽培体系の構築
摘要1.異なる立地・作目の主産地における地域資源活用型農地管理技術の実証と改良
2.地域資源活用型農地管理技術の効果予測に有効な農地由来の水質負荷量推定モデルの開発
3.水質負荷指標とLCAの統合化による環境影響評価
4.普及支援業務
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)製糖開始期の糖度が高い熊毛地域向け茎重型さとうきび新品種候補「KTn03-54」
(2)熊毛地域のサトウキビ新奨励品種「KTn03-54」の特性
(3)「システムダイナミックスを用いたさとうきび産業のモデル化」
(4)Extrinsic and intrinsic factors influencing the emerging and burrowing behaviors of reproductively active adults of the white grub beetle, Dasylepida ishigakiensis.
(5)Detection of eggs in the living white grub beetle Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae) by magnetic resonance imaging
(6)Observations of the migration of adult Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae) from belowground to the soil surface and their reproductive status by MRI.
(7)Mating disruption for control of the white grub beetle Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae) with synthetic sex pheromone in sugarcane fields
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213400
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat