食料自給率向上を目指した豆類優良品種の育成

食料自給率向上を目指した豆類優良品種の育成

課題番号2013023231
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(地独)北海道立総合研究機構,北海道,芽室町農業協同組合,長野県野菜花き試験場,朝日食品工業(株),岩手県,福島県,京都府農林水産技術センター,石川県,音更町農業協同組合,京都府中丹広域振興局中丹東農業改良普及センター,千葉県,鹿児島県農業開発総合センター,八街落花生商工協同組合
研究期間2011-2013
年度2013
中課題食料自給率向上を目指した豆類優良品種の育成
摘要1.寒地向け高品質・安定多収品種の育成
2.温暖地向け高品質・安定多収品種の育成
3.大豆有望系統の特性評価
4.機械化収穫適性の高い小豆優良品種の育成
5.温暖地・暖地畑作の高収益化を目指した落花生新品種の育成
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)だいず「東山217号」は豆腐加工適性に優れ機械収穫に適する良質な品種である
(2)だいず新品種「中育63号」
(3)大納言小豆新品種「京都小豆1号」の育成
(4)だいず新品種「十育249号」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213410
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat