医食農連携による日向夏搾汁残渣を用いた骨代謝改善素材、飲料の実用化開発

医食農連携による日向夏搾汁残渣を用いた骨代謝改善素材、飲料の実用化開発

課題番号2013023377
研究機関名(学)宮崎大学医学部附属病院(産科婦人科),(学)崇城大学,一丸ファルコス(株),宮崎県農協果汁(株)
研究期間2013-2015
年度2013
中課題医食農連携による日向夏搾汁残渣を用いた骨代謝改善素材、飲料の実用化開発
摘要1.日向夏多糖の分析
2.カルシウムの吸収性試験
3.機能性飲料の試作・製造開発
4.機能性素材の試作・製造開発
5.ヒト試験
6.作用機序解明
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat