省力高効率生産システムの実証と生産コスト評価①

省力高効率生産システムの実証と生産コスト評価①

課題番号2013023469
研究機関名国立大学法人 千葉大学,三重県農業研究所
研究期間2010-2014
年度2013
中課題省力高効率生産システムの実証と生産コスト評価①
摘要1)ヒートポンプによる夜間冷房では、可販果収量から等級別の市場価格を用いて売上げを試算すると、夜間冷房により10〜20万円/10a増収することが推定された。電気代に要するコストについては、更なる検討が必要である。
2)換気時にCO2設定濃度を800ppmから400ppmに変更した時の平均稼働時間を推定し、必要となる経費を試算したところ、年間11万円程度、約40%の経費削減効果があることが示された。換気時に400ppmに変更しても悪影響は認められなかったことから、CO2施用は閉鎖時には高濃度(800ppm)で管理し、換気時には設定値を400ppm(外気程度)に変更することが適当であると考えられた。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213645
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat