運用試験実証試験

運用試験実証試験

課題番号2013023476
研究機関名公益財団法人
新産業創造研究機構
研究期間2011-2014
年度2013
中課題運用試験実証試験
摘要 コストの分析に関しては、現状の試作3号機1台のコストを詳細分析し、10台ロットで製作した場合のコストを推定することにより、コストダウン項目を明らかにした。
 農業機械メーカの調査に関しては、除草機や刈払機の製造メーカを5社訪問し、現状の開発状況を説明することにより、実用化の担い手になれるかどうかを調査した。また、成果発表会を開催し、農業機械メーカを主な対象にした実演を行った。その結果、実用化を担え開発意欲のある有望な企業を見つけることができ、除草ロボットの実用化に向けて、一歩前進することができた。
 除草ロボットのリスクアセスメントに関しては、現状の3号機を対象に、製品仕様や制限条件を設定してハザードマトリックスに基づき、リスクの抽出を行った。リスクアセスメントの結果を踏まえ、優先順位の高い安全性向上のための改善点を抽出した。また、操作性向上やコストダウンのための改善項目や検討項目を抽出した。今後実用化を進める際には、この結果に基づきメーカの技術支援を行いたい。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat