寒冷地水田における飼料用稲−麦二毛作体系の開発と実証

寒冷地水田における飼料用稲−麦二毛作体系の開発と実証

課題番号2013023512
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,宮城県古川農業試験場・宮城県畜産試験場
研究期間2010-2014
年度2013
中課題寒冷地水田における飼料用稲−麦二毛作体系の開発と実証
摘要①飼料用稲麦二毛作体系を前提として、熟期と安定性を考慮した場合の飼料用麦類としては、宮城県では六条大麦の「シュンライ」とライ小麦の「ライスター」が有望であった。
②宮城県における実証試験において、稲麦二毛作による実乾物収量で目標収量の1.6t/10a以上を確保する二毛作栽培技術が確立できた。
③飼料用イネ専用品種「リーフスター」について、宮城県での乾田直播栽培における特性が把握できた。
④飼料用イネの栽培後に食用水稲へ切り替えた場合、未熟状態で収穫される飼料用イネ専用品種「リーフスター」を用いることにより漏生籾のリスクを軽減できることを確認した。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
業績(1)飼料用稲収穫後の不耕起による漏生イネの抑制
(2)水田輪作における飼料用稲品種「リーフスター」を用いた漏生イネ対策
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213685
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat