飼料用稲−ライ麦二毛作体系のためのライ麦生育予測モデルの開発

飼料用稲−ライ麦二毛作体系のためのライ麦生育予測モデルの開発

課題番号2013023514
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,栃木県畜産酪農研究センター
研究期間2010-2014
年度2013
中課題飼料用稲−ライ麦二毛作体系のためのライ麦生育予測モデルの開発
摘要①作期移動試験により収量データ及び生育データを得た。
②作業競合を避けて継続的な二毛作栽培を行うためには、飼料用イネの早生品種を6月中に移植し、後作のライ麦を11月上旬までに播種する必要があることを明らかにした。また、この体系による飼料用イネの乾物収量は1.6t/10a、ライ麦の乾物収量は0.6〜0.8t/10aであり、年間乾物収量で2.0t/10a以上が確保できた。
③実規模で調製したライムギサイレージは、V-SCOREは97と良好であったが、強度の予乾によって水分を落とし過ぎると発酵は微弱であった。
④日平均気温(4℃基準)を用いた1次元DVR法により、ライムギの茎立期から出穂期の生育モデルを作成した。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat