施設型SGS調製装置・作業体系の構築

施設型SGS調製装置・作業体系の構築

課題番号2013023533
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所
研究期間2010-2014
年度2013
中課題施設型SGS調製装置・作業体系の構築
摘要詰まりを防止するために籾米破砕機(ダブルプレス)に供給量の制御装置を付加した。水分20%籾米の破砕をおこなった結果、詰まり発生がない作業が可能であることを確認した。制御装置の付加後は、処理籾米の2mmメッシュ通過割合は付加前とほぼ同じ60%であり、未破砕米の割合は18.8%から9.8%に減少しており、破砕精度は劣化しないで、安定した能率での破砕を可能とした。また、破砕機への籾米の投入からフレコンサイレージ密封までの一連のサイレージ調製作業を検討した結果、4人程度の作業者が必要であることが明らかとなり、処理経費の低減のために必要人員の削減が重要であることが明らかとなった。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat