稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発

稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発

課題番号2013023558
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,三重県畜産研究所
研究期間2010-2014
年度2013
中課題稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発
摘要ホールクロップサイレージ(WCS)用イネ−コムギ二毛作を前提にした条件において、コムギWCSの消化特性や栄養価の点から見た収穫適期を検討した(2ヶ年継続)。コムギWCSは年により成熟度合や水分含量が異なるが、刈り遅れた場合、繊維成分の消化性が低下し栄養価の低下が懸念されることを解明した。また、刈り遅れのコムギWCSを粗飼料の主体とした発酵TMRの給与は適期収穫したコムギWCSを用いたTMR給与に比べ飼料効率が低下する懸念があることが伺えた。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat