稲・麦WCS等自給粗飼料多給型乳牛向け発酵TMRの調製給与技術の開発

稲・麦WCS等自給粗飼料多給型乳牛向け発酵TMRの調製給与技術の開発

課題番号2013023560
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構,群馬県畜産試験場
研究期間2010-2014
年度2013
中課題稲・麦WCS等自給粗飼料多給型乳牛向け発酵TMRの調製給与技術の開発
摘要自給飼料多給型(オオムギWCS+飼料用米+食品副産物により国産飼料原料乾物80%以上)発酵TMRの給与が、乳生産および第一胃発酵性に及ぼす影響について明らかにするため、流通チモシー乾草主体フレッシュTMR(対照区)および自給飼料多給型発酵TMR(自給飼料区)の2区を設定し、泌乳中後期牛を6頭供試し、1期21日間とするクロスオーバー法により飼養試験を実施した。その結果、日乳量は対照区で約38.5kg、自給飼料区で約35.2kg、乾物摂取量は対照区で24.7kg、自給飼料区で24.9kgであり、区間に差はみられなかった。また、各乳成分においても区間に差はみられなかった。以上のことから、泌乳中後期の乳用牛において、全飼料中に国産飼料原料を乾物80%以上混合した、自給飼料多給型発酵TMRの給与が可能であることが明らかになった。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213733
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat