動物モデル、ヒト臨床検体を用いた機能性食品の機能評価

動物モデル、ヒト臨床検体を用いた機能性食品の機能評価

課題番号2013023688
研究機関名神戸大学
研究期間2011-2013
年度2013
中課題動物モデル、ヒト臨床検体を用いた機能性食品の機能評価
摘要ヒト臨床試験において、血中中性脂質異常高値を示す患者の方が、コンブを28日間継続摂取することで、血中中性脂質値を低下させることができた。さらに、血中中性脂質異常高値を示す患者は、LPCの血中濃度も高値を示し、コンブ摂取により血中中性脂質が低下した患者の方は、LPCの血中濃度も同様に低下していた。また、高脂肪食誘発性肥満マウスにおいて、コンブ摂取がLPCの血中濃度を低下させる傾向が明らかとなった。シイタケに関しては、アトピー性皮膚炎の患者にシイタケを28日間継続摂取させることで、その症状が緩和でき、さらに、その軽減作用は、レンチナン低含有シイタケと比較して、レンチナン高含有シイタケの方が強いという傾向が示された。
予算区分委託プロ[新需要創出プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat