柑橘類果皮と有効成分ノビレチンの抗認知症作用発現機構評価系の開発及び前臨床薬効評価系の確立

柑橘類果皮と有効成分ノビレチンの抗認知症作用発現機構評価系の開発及び前臨床薬効評価系の確立

課題番号2013023718
研究機関名静岡県立大学
研究期間2011-2013
年度2013
中課題柑橘類果皮と有効成分ノビレチンの抗認知症作用発現機構評価系の開発及び前臨床薬効評価系の確立
摘要アミロイドβ1-42ペプチド濃度依存的な細胞生存率低下をノビレチンが改善し、かつアミロイドβ1-42ペプチドにより減少したNMDA受容体サブユニットNR1遺伝子の発現をノビレチンが回復させることがわかった。
予算区分委託プロ[新需要創出プロ]
業績(1)6-Demethoxynobiletin, a Nobiletin-Analog Citrus Flavonoid, Enhances Extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in PC12D Cells
(2)Upregulation of N-methyl-D-aspartate receptor subunits and c-Fos expressing genes in PC12D cells by nobiletin
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030213887
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat