気候変動影響の実験的メカニズムの解明と適応方策の提示

気候変動影響の実験的メカニズムの解明と適応方策の提示

課題番号2013023848
研究機関名農業環境技術研究所,農業・食品産業技術総合研究機構,岐阜大学,京都大学
研究期間2013-2017
年度2013
中課題気候変動影響の実験的メカニズムの解明と適応方策の提示
摘要温暖化・高二酸化炭素環境に対する水田の生態系の応答メカニズム及び適応のための形質の解明等
予算区分委託プロ[気候変動プロ]
業績(1)Soil and water warming accelerates phenology and down-regulation of leaf
photosynthesis of the rice plants grown under free-air CO2 enrichment (FACE).

(2) Do the rich always become
richer? Characterizing the leaf physiological response of the high-yielding rice cultivar Takanari to
free-air CO2 enrichment.

(3) The effects of free-air CO2 enrichment (FACE) on carbon and nitrogen
accumulation in grains of rice (Oryza sativa L.).

(4) FACE 実験による水田生態系
の気候変動応答研究

(5) Responses of eighteen rice (Oryza sativa L.) cultivars to temperature tested using two types of growth chambers.
(6) つくばみらいFACE 実験によるイネの高CO2 応答の検証 光合成研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214001
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat