土壌養水分管理技術の高度化による水田輪作生産技術マニュアルの作成

土壌養水分管理技術の高度化による水田輪作生産技術マニュアルの作成

課題番号2013024240
研究機関名農研機構・中央農研
研究期間2013-2013
年度2013
中課題土壌養水分管理技術の高度化による水田輪作生産技術マニュアルの作成
摘要農水省委託プロにおいて全国で実施されたFOEAS試験の成績をとりまとめ、地下灌漑可能な土壌条件、FOEAS利用時の水稲・大豆の用水量、および機能の維持管理法や、作物栽培では水稲乾田直播での苗立ち向上技術、麦類における排水機能の活用法、大豆では不耕起狭畦栽培との組み合わせによる増収技術、野菜作では出芽や苗活着を向上させる地下水位制御方法などをまとめた。2事例の経済性評価も行い、それぞれの導入条件を明らかにした。これらをまとめて、生産者、普及および試験研究関係者向けのマニュアル「水田輪作における地下水位制御システム活用マニュアル」を作成した。
予算区分委託プロ[革新的低コストプロ]
業績(1)多雪重粘土地帯の地下水位制御システム圃場における不耕起V溝直播水稲−冬作大麦−大豆2年3作体系下での水・窒素・リン・懸濁物質の流出
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214383
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat