新規作出技術等に対応した検知手法の検討・開発

新規作出技術等に対応した検知手法の検討・開発

課題番号2013024433
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所,(株)ファスマック
研究期間2013-2017
年度2013
中課題新規作出技術等に対応した検知手法の検討・開発
摘要一塩基変異、メチル化に対する従来検知技術の適用性検証及び高速塩基配列解析技術などに関する情報収集を行った。
予算区分委託プロ[次世代ゲノム基盤プロ]
業績(1)食品・農産物の遺伝子検査に利用できるサンプルダイレクトDNA分析試薬(主要普及成果)
(2)Development and evaluation of a novel DNA extraction method suitable for processed foods
(3)Development of direct real-time PCR system applicable to a wide range of foods and agricultural products
(4)Availability and utility of crop composition data,
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214571
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat