鱗被形成遺伝子による閉花性イネの安定的利用技術の開発

鱗被形成遺伝子による閉花性イネの安定的利用技術の開発

課題番号2013024438
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所,(独)農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター,(独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究期間2013-2017
年度2013
中課題鱗被形成遺伝子による閉花性イネの安定的利用技術の開発
摘要spw1-cls1系統について、気温と開花率に関するデータを蓄積した。戻し交配によってspw1-cls2に関するNILの育成を進め、稔実率などの特性を評価した。TILLING法によって、SPW1んp新規アミノ酸置換変異を探索した。
予算区分委託プロ[次世代ゲノム基盤プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat