茶樹における放射性セシウムの吸収・動態の解明

茶樹における放射性セシウムの吸収・動態の解明

課題番号2013024496
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所,静岡大学
研究期間2012-2014
年度2013
中課題茶樹における放射性セシウムの吸収・動態の解明
摘要イメージングプレートによる137Csの物理的な挙動の観察結果から、茶樹にフォールアウトしたCsは葉のみならず枝からも吸収され、新芽生育に伴い新芽に、また、一部は根に転流することが示唆された。また、水耕栽培試験による樹体内の安定Cs含量を測定したところ、Cs吸収量はカリウムの共存下で大幅に減少することが明らかとなった。チャのCsCNGCおよびCsHAK5相同遺伝子について、Semi-qRT-PCR用のPrimerを設計し、各遺伝子特異的な増幅産物が得られることを確認した。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214632
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat