森林土壌の放射性セシウム動態の解明

森林土壌の放射性セシウム動態の解明

課題番号2013024532
研究機関名(独)農業環境技術研究所,(独)森林総合研究所,福島県林業研究センター
研究期間2013-2014
年度2013
中課題森林土壌の放射性セシウム動態の解明
摘要スギ常緑針葉樹林(スギ・ヒノキ人工林)と落葉広葉樹林において、林内雨とリター層通過水の放射性セシウム及び共存成分濃度を測定した。その結果、林内雨とリター層通過水の全Cs-137濃度は夏季に懸濁物質が増加すると上昇すること、溶存態Cs-137濃度はアンモニウムイオン、硝酸イオン、硫酸イオンとの間に比較的明瞭な正の相関、それほど明瞭ではないが溶存有機物濃度との間にも正の相関を持つことを明らかにした。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214668
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat