被災地における農産物加工技術の実証研究

被災地における農産物加工技術の実証研究

課題番号2013024639
研究機関名公立大学法人宮城大学,(公)宮城大学,(独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所,宮城県産業技術総合センター,(国)東北大学大学院農学研究科,積水化成品工業株式会社,株式会社はつらつ,有限会社築館クリーンセンター,有限会社みやぎ保健企画
研究期間2012-2017
年度2013
中課題被災地における農産物加工技術の実証研究
摘要被災地域の農産物を利用した高品質な農産加工品を生み出すために、規格外品や未利用部位の特徴を明らかにし、様々な一次処理技術(冷凍、加熱、乾燥)や流通技術(包装、情報付与)について、対象農産物への適用性を確認・絞り込み行い、民間企業と連携して、実用化に向けた条件最適化などの実証研究を行う。さらに、農業・食品産業を含めて対象地域の特徴を調査し、被災地ならではの地域産業の展開方向性を示すことを目指す。
予算区分食料生産地域再生のための先端技術展開事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214771
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat