植物潜在性ウイルスの機能を利用した生物系特定産業の新技術創出

植物潜在性ウイルスの機能を利用した生物系特定産業の新技術創出

課題番号2013025344
研究機関名岩手大学
研究期間2011-2015
年度2013
中課題植物潜在性ウイルスの機能を利用した生物系特定産業の新技術創出
摘要複数の遺伝子を同時に発現あるいは抑制することができる改良型ALSVベクター(3カ所の遺伝子導入部位を付加)の構築に成功した。これにより、花成ホルモン(FT)遺伝子の発現とFTを負に制御する遺伝子の抑制を同時に行い、リンゴの1世代を1年以内に短縮することを可能とした。また、ALSVワクチン株は対応する3つの属のウイルスに対して高い効果を示した。ALSVベクターの外被タンパク質領域に外来ペプチドを導入したところ、ウイルス粒子表面に外来ペプチド配列が提示されていた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Development of apple latent spherical virus-based vaccines against three tospoviruses
(2)Reduced generation time of apple seedlings to within a year by means of a plant virus vector: a new plant-breeding technique with no transmission of genetic modification to the next
(3)Preventive and curative effects of Apple latent spherical virus vectors harboring part of the target virus genome against potyvirus and cucumovirus infections
(4)Highly efficient virus-induced gene silencing in apple and soybean by Apple latent spherical virus vector and biolistic inoculation
(5)潜在性ウイルスを利用した難防除ウイルス病制御のためのワクチンウイルス開発
(6)非病原性植物RANウイルスを用いた新育種技術(NBT)の開発
(7)非病原性植物RANウイルスを利用したA Plant Breeding Technique(NBT)の開発と応用
(8)植物ウイルスベクターを利用したリンゴの世代促進技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214883
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat