分化全能性の分子機構の解明と実用作物への応用展開

分化全能性の分子機構の解明と実用作物への応用展開

課題番号2013025359
研究機関名理化学研究所
研究期間2011-2013
年度2013
中課題分化全能性の分子機構の解明と実用作物への応用展開
摘要選抜したWIND1の上流因子として熱ショック因子B2Bを同定し、熱処理(37℃)だけでWIND1-4の発現上昇・組織のカルス化を誘導できた。下流因子では、AP2/ERF ファミリーのENHANCED SHOTT REGENERATION1について、WIND1が直接プロモーターに結合して発現誘導した。ESR1の機能欠損体では傷誘導カルス形成効率が低下し、カルス形成に寄与することを証明した。有用作物では、ナタネおよびトマトでWIND1過剰発現体がカルス化することを確認した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Arabidopsis WIND1 induces callus formation in rapeseed, tomato, and tobacco
(2)Plant callus: mechanisms of induction and repression
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214898
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat