N2O 除去微生物を利用したN2O 発生削減技術の実証と実用化

N2O 除去微生物を利用したN2O 発生削減技術の実証と実用化

課題番号2013025396
研究機関名(独)農業環境技術研究所
研究期間2012-2014
年度2013
中課題N2O 除去微生物を利用したN2O 発生削減技術の実証と実用化
摘要シーズ研究で開発した方法を実用化に向けて3つの技術要素に区分して検討し、そのすべてにおいて当初の目標を達成した。さらに1年前倒しして、N2Oのアイソトポマー分析法を確立し、より高度で精緻化したモニタリング法を開発した。①発芽率と接種率の向上:発芽率100%、接種効率の60%を達成した。②圃場のモニタリングデータのバラツキの削減:CV%=30%以下を達成した。③接種菌の生残性検定:根粒崩壊時に腐敗根粒、根粒残渣に接種菌が存在することを実証した。④アイソトポマー分析法:分析法を確立しダイズ収穫後のN2Oは主に脱窒由来であることを示した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Mitigation of nitrous oxide emissions from soils by Brandyrhizobium japonicum inoculation
(2)Nitrification, ammonia oxidizing communities, N2O and CH4 fluxes in an imperfectly drained agricultural field fertilized with coated urea with and without dicyandiamide
(3)Contribution of nitrifigation and denitrification to nitrous oxide emissions in Andsol and from Flucisol after coated urea application
(4)Mitigation of postharvest nitrous oxide emissions from soybean ecosystems: a review.
(5)土壌から発生する温室効果ガス メタンと一酸化二窒素
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat