高および低線量領域におけると畜前推定技術ソフトウェアの開発

高および低線量領域におけると畜前推定技術ソフトウェアの開発

課題番号2013025402
研究機関名株式会社日立ソリューションズ東日本
研究期間2012-2014
年度2013
中課題高および低線量領域におけると畜前推定技術ソフトウェアの開発
摘要イノブタ及び豚に対する放射線被曝の影響の組織病理学的解析では、放射線被曝群及び非被曝群に顕著な差は認められなかった。一方、DNAの二本鎖切断の発生を示す、リン酸化ヒストン2AX(γH2AX)はフォーサイの数及び面積が、被曝サンプルの精細管で多い傾向があったが、DNA断片化を検出するTUNEL(TdT-mediated dUTP nick and labeling)法による精巣上体精子のDNA切断の解析では、放射線被曝群及び非被曝群に顕著な差は認められなかったので、精子への影響は少ないと推察した。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214941
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat