放射性物質に被ばくした牛・豚における雌雄生殖器官と生殖細胞の保存および由来する産子に対する影響の解析

放射性物質に被ばくした牛・豚における雌雄生殖器官と生殖細胞の保存および由来する産子に対する影響の解析

課題番号2013025403
研究機関名新潟大学農学部
研究期間2012-2014
年度2013
中課題放射性物質に被ばくした牛・豚における雌雄生殖器官と生殖細胞の保存および由来する産子に対する影響の解析
摘要東北大学農学研究科で実施した被災牛の低線量領域における血液中のセシウム濃度と筋肉中のセシウム濃度の相関解析により得られた一次回帰式に基づき、低線量領域における推定精度を向上させた筋肉中のセシウム濃度推定プログラムを開発した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Effects of radioactive caesium on bull testes after the Fukushima nuclear plant accident.
(2)福島第一原子力発電所事故に伴う家畜における放射性セシウムの臓器分布
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214942
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat