米粉等加工用・業務用水稲品種の育成及び米の未利用成分利用技術の開発

米粉等加工用・業務用水稲品種の育成及び米の未利用成分利用技術の開発

課題番号2012020330
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題②土地利用型耕種農業を支える先導的品種育成と基盤的技術の開発
大課題米粉等加工用・業務用水稲品種の育成及び米の未利用成分利用技術の開発
中課題米粉等加工用・業務用水稲品種の育成及び米の未利用成分利用技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要米粉パンなどの新規需要用品種の育成に関しては、アミロースエクステンダー変異系統「北陸粉243号」と高アミロース系統「北陸254号」、グルテリンとグロブリンの割合が少ない「奥羽405号」と「西海269号」、多収糯系統「北陸糯216号」のそれぞれについて品種登録出願を行った。
耐病性、収量性、直播適性、高温耐性及び二毛作適性を備えた業務用品種の育成に関しては、a)「コシヒカリ」等との作期分散が図れる晩生の良質、良食味品種「みずほの輝き」(平成23年3月品種登録)を農林認定に申請することとした。b)DNAマーカーを利用して穂いもち抵抗性遺伝子Pb1及び縞葉枯病抵抗性遺伝子Stvb-iを「にこまる」に導入した「西海IL4号」等を開発した。c)直播適性に優れ、良質、良食味、いもち耐病性、耐冷性の「奥羽407号」と高温耐性を備え良食味で多収の系統「中国201号」の品種登録出願を行った。d)二毛作に向いた業務用品種として、良質、良食味、多収、縞葉枯病抵抗性の「関東244号」と米粒が固めの良食味系統「中国200号」の品種登録出願を行った。e)リゾット向けの「北陸253号」と、主食用と加工用米向けの「西海270号」の品種登録出願を行った。
100%米粉や玄米全粒粉等の米粉パン等への利用技術を開発に関しては、a)麹醗酵を用いた100%米粉パンが膨らむ機構を明らかにし、プロテアーゼの添加で100%米粉パンが容易に製造できることを明らかにした。b)湿式気流粉砕による米粉特性の品種間差を評価し、タンパク質変異米では粒径が小さくなるとともに、損傷でん粉量が少なくなることを明らかにした。
米ぬか等の未利用機能を活用した加工利用技術の開発に関しては、トコトリエノールの登熟中における蓄積様式を明らかにした。酸性糖化合物の定量法を開発し、糠の水抽出物中の酸性糖化合物の定量が可能となった。
研究分担春原嘉弘
清水博之
太田久稔
山口誠之
石井卓朗
坂井真
協力分担関係農業生物資源研究所
国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点
理化学研究所
高知県中央東農業振興センター
富山県農林水産総合技術センター
広島県立総合技術研究所
兵庫県農林水産技術総合センター
愛知県農業総合試験場
宮崎大学
韓国農村振興庁 国立食糧科学院
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[国産飼料プロ] 委託プロ[水田プロ] 委託プロ[新農業展開ゲノムプロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 委託プロ[ゲノム情報データベース] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Screening of New Check Rice Varieties for Evaluating High Cold Tolerance and Development of Breeding Lines with High Cold Tolerance in Tohoku Region of Japan
(2)Characterisation and utilisation of spontaneous deficiency in starch branching enzyme I of rice (Oryza sativa L.)
(3)Population structure in Japanese rice population
(4)Properties of endosperm starches and physical properties of cooked rice from Japanese upland rice cultivars containing M-type amylopectin
(5)The Amylose Content and Amylopectin Structure Affect The Shape and Hardness of Rice Bread
(6)How can we communicate sensory characteristics of food in different languages and cultures? The case study of cooked rice
(7)亀の蔵
(8)Characterization of near-isogenic lines carrying QTL for high spikelet number with the genetic background of an indica rice variety IR64 (Oryza sativa L.).
(9)イネ染色体断片置換系統群の作成とその育種利用に関する研究
(10)Close linkage of a blast resistance gene, Pias(t), with a bacterial leaf blight resistance gene, Xa1-as(t), in a rice cultivar 'Asominori'
(11)Variation in heading date conceals quantitative trait loci for other traits of importance in breeding selection of rice
(12)精米時に胚盤が残りやすく栽培特性が優れる良食味水稲品種「きんのめぐみ」の育成
(13)The Effect of High-Temperature Stress Applied to the Root on Grain Quality of Rice
(14)Temperature during grain ripening affects the ratio of type-II/type-I protein body and starch pasting properties of rice (Oryza sativa L.)
(15)日本水稲品種のSSRマーカー多型に基づく分類および近縁係数と遺伝的距離との関係
(16)みやびもち
(17)夢の舞
(18)A novel blast resistance locus in a rice (Oryza sativa L.) cultivar, Chumroo, of Bhutan
(19)複数の栽培環境におけるイネいもち病圃場抵抗性遺伝子pi21の収量性に対する影響
(20)Discrimination among rice varieties based on rapid detection of single nucleotide polymorphisms by a newly developed method, mass spectrometric cleaved amplified
polymorphic sequence (MS-CAPS) analysis

(21)ミルキークイーンの出穂性を改変した水稲品種「ミルキーサマー」の育成
(22)Investigation of tocotrienol biosynthesis in rice (Oryza sativa L.)
(23)北海道向け高アミロース米新品種「北海315号」の育成とその米粉食品適性
(24)Improvements in the qualities of gluten-free bread after using a protease obtained from Aspergillus oryzae.
(25)東北地域主要水稲品種の玄米胴割れ耐性の評価と耐性系統の選抜
(26)苗立ち性の優れる低アミロース巨大胚水稲品種「はいごころ」の育成
(27)Determination of amylopectin structure and physicochemical properties in rice endosperm starch of mutant lines derived from Malaysian rice cultivar MR219
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030214998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat