露地野菜の高品質・安定供給に向けた品種・系統の育成

露地野菜の高品質・安定供給に向けた品種・系統の育成

課題番号2012020341
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題③業務需要に対応できる高度畑・野菜輪作農業システムの確立と先導的品種の育成
大課題露地野菜の高品質・安定供給に向けた品種・系統の育成
中課題露地野菜の高品質・安定供給に向けた品種・系統の育成
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要キャベツの根こぶ病抵抗性等に連鎖するDNAマーカーの開発に関しては、a)3つの抵抗性QTLについて抵抗性個体が確実にマーカー選抜できることを明らかにするとともに、3つの抵抗性QTLが集積するにつれて抵抗性程度が強くなる傾向を認めた。また、ハクサイの根こぶ病抵抗性遺伝子Crr1aを単離した。b)ダイコン加工品の黄変等品質劣化の原因となる含硫成分4MTB-GSL(グルコシノレートの一種)欠失性の選抜マーカーを開発するとともに、加工時に黄変しない加工用ダイコン品種を育成するため、4MTB-GSL欠失遺伝子を有する選抜系統への連続戻し交雑(BC4)とマーカー選抜を進めた。また、4MTB-GSL欠失性を有する試交F15系統の栽培・品質特性を評価し、有望であった2系統を選抜した。
加工歩留まりの高いタマネギ品種など加工・業務用野菜品種の育成に関しては、a)タマネギ「北交1号」は、剥きタマネギ加工歩留まり評価値が86%で青果用品種よりも7〜10%高く、剥きタマネギ収量も729kg/10aと18%の多収性を示し、加工適性があると評価されたことから、共同研究機関と品種登録出願に向けて協議を行うこととした。さらに、加工歩留まりと球高の間に高い相関があることを明らかにし、加工用タマネギ品種を選定する際に有用な指標を提示した。b)短節間性を有し、大果で果肉が厚く濃黄色の果肉を有する多収の加工・業務用カボチャ新品種候補「北渡交1号」を開発した。
春・夏どり短葉性ネギ品種等の育成に関しては、a)春夏季生産に適する短葉性ネギとして、4〜6月収穫の作型で晩抽性の「ネギ安濃交3号」及び「ネギ安濃交4号」を、7〜9月収穫の作型では多収であった「ネギ安濃交5号」と水田転換畑での適応性が高かった「ネギ安濃交6号」を選抜し、系統適応性検定を開始した。b)極早生結球ハクサイを極晩抽性化するための戻し交配とDNAマーカーによる選抜を開始した。北海道における試験採種の結果から、採種栽培のためには晩秋播きして越冬させる必要があると判断した。
研究分担松元哲
協力分担関係茨城農総セ園研
かずさDNA研究所
福岡農総研
山口大学
(株)サカタのタネ
渡辺農事(株)
東北大学大学院
横浜植木株式会社
カネコ種苗(株)
株式会社日本農林社
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[医食同源プロ] 委託プロ[リスク低減プロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)QTL analysis for pseudostem pungency in bunching onion (Allium fistulosum)
(2)Small variation of glucosinolate composition in Japanese cultivars of radish (Raphanus sativus L.) requires simple quantitative analysis for breeding of glucosinolate component
(3)MSK−TA−2
(4)ゆめわらべ
(5)Genetic relationship of Allium grayi as assessed by simple sequence repeat markers
(6)ユウガオ花粉を利用した種無しスイカの作出
(7)QTL mapping for bulb pigmentation in F2 populationbetween bulb onion and shallot
(8)Microstructure of a Brassica rapa genome segment homoeologous to the resistance gene cluster on Arabidopsis chromosome 4
(9)Identification and characterization of Crr1a, a gene for resistance to clubroot disease (Plasmodiophora brassicae Woronin) in Brassica rapa L.
(10)Interfamily transfer of dual NB-LRR genes confers resistance to multiple pathogens
(11)Modes of inheritance of two apomixis components, diplospory and parthenogenesis, in Chinese chive (Allium ramosum) revealed by analysis of the segregating population generated by back-crossing between amphimictic and apomictic diploids
(12)Identification of a clubroot resistance locus tightly linked to CRb in the Chinese cabbage cultivar ‘Akiriso’
(13)QTL Analysis Using SNP Markers Developed by Next-Generation Sequencing for Identification of Candidate Genes Controlling 4-Methylthio-3-Butenyl Glucosinolate Contents in Roots of Radish, Raphanus sativus L.
(14)Watermelon (Citrullus lanatus) Seed Formation by Pollination with Normal Pollen Following Pollination with Soft X-ray Irradiated Pollen
(15)TA−2
(16)エゾワサビ葉抽出物の抗大腸菌活性
(17)TAM−1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030215000
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat