果菜類の高品質化・生産性向上に資する品種・系統の育成

果菜類の高品質化・生産性向上に資する品種・系統の育成

課題番号2012020369
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題①日本型の高収益施設園芸生産システムの構築
大課題果菜類の高品質化・生産性向上に資する品種・系統の育成
中課題果菜類の高品質化・生産性向上に資する品種・系統の育成
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(4) 園芸作物の高収益安定生産システムの開発
摘要ナス科野菜の先導的品種・系統開発に関しては、a)トマトの養液栽培適性に優れた2つの試交系統を選定し、「トマト安濃交8号」及び「トマト安濃交9号」の地方系統番号を付して、育成系統評価試験に供試することとした。b)完全種なしナスの有望系統として、細胞質雄性不稔性(CMS)「試交09-03」及び「CMS試交10-03」を収量性の点から再選定したが、種間交雑に起因すると推察される葉枯れ症を発生しやすい欠点が、連続戻し交雑・選抜の過程でまだ排除できていないので、親系統の戻し交雑をさらに進めることとした。
ウリ科野菜に関しては、キュウリ黄化えそ病抵抗性F9、F10世代を選抜し、「キュウリ安濃4号」の地方系統番号を付与して、中間母本としての品種登録出願に向け、育成系統評価試験(特性検定試験のみ)に供試することとした。また、キュウリ黄化えそ病抵抗性の選抜マーカー候補を選定した。
イチゴの先導的品種・系統開発に関しては、a)養成したイチゴ実生選抜集団から優れた果実特性と増殖性を持つ四季成り性系統を4系統選抜した。開発した四季成り性DNA選抜マーカーは複数の系譜において98%以上の正答率で季性を判別できることを確認した。b)少量培地耕栽培条件下において年次間で安定した草勢を示すとともに、多収である品種群として「章姫」、「紅ほっぺ」、「さがほのか」、「かおり野」を選定した。c)暖地向き四季成り性系統「イチゴ久留米61号」は育成系統評価試験の結果、うどんこ病、炭疽病、萎黄病複合抵抗性を有し、夏期の連続出蕾性及び収量性が優れ、品種登録出願に適すると評価された。
このほか、a) 桃色花弁で果実にモモ様の香気を持つイチゴ種間雑種「PM10号」、同「PM11号」をそれぞれ品種登録出願した。
研究分担野口裕司
曾根一純
協力分担関係埼玉農林総研セ
岐阜農術セ
宮城農園総研
鹿児島大
名城大
(株)久留米原種育成会
(株)みかど協和種苗
アヲハタ(株)
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[医食同源プロ] 委託プロ[新農業展開ゲノムプロ] 委託プロ[気候変動対策プロ] 技会・その他 農水省・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)Mapping of a gene that confers short lateral branching (slb) in melon (Cucumis melo L.)
(2)24時間日長下における栽培イチゴの四季成り性の遺伝解析
(3)AnMP−5
(4)メロン果実の果形と糖度に及ぼす単性花性の影響
(5)PM10号
(6)PM11号
(7)豊雪姫
(8)光沢が優れる‘きゅうり中間母本農6号’の育成とその特性
(9)四季成り性イチゴ品種の連続開花性と第1花房着生節位との関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030215001
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat