農畜産物の品質評価・保持・向上技術の開発

農畜産物の品質評価・保持・向上技術の開発

課題番号2012020433
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2012
研究問題(3) 農産物・食品の高度な加工・流通プロセスの開発
大課題農畜産物の品質評価・保持・向上技術の開発
中課題農畜産物の品質評価・保持・向上技術の開発
大項目新需要創出のための研究開発
中項目(3) 農産物・食品の高度な加工・流通プロセスの開発
摘要野菜・果樹・花の品質劣化機構の解明と品質保持技術の開発に関しては、a)ブロッコリーの貯蔵中の遺伝子発現変動について、鮮度低下に伴って発現が増加する候補遺伝子として、ペルオキシダーゼ、システインプロテアーゼ、ACCオキシダーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼ等の遺伝子を特定した。b)野菜の硝酸イオン定量等の品質評価技術について、開発したUPLC法による硝酸イオン定量法の再現性等が良好であることを示した。さらに、市販の電極よりも短い測定時間で定量可能な新たな硝酸イオン電極を試作した。c)タマネギにおいて、内部障害が発生した鱗茎の8割程度を正確に検出できる近赤外光を用いた非破壊計測法を開発した。d)植物ホルモン生成阻害剤等を処理したモモ等の鮮度保持について、オーキシンの内生量の変動等の結果から、モモの成熟制御にオーキシンが関与することを発見した。e)モモにおいて、低温とエチレン作用阻害剤(1-MCP)の組み合わせ処理が果肉硬度の維持に有効であることを明らかにした。f)LC/MS/MSによる果肉成分の網羅的解析の結果、ウンシュウミカンの加熱臭原因物質(S-メチルメチオニン)の含有量を低減するためには、樹上で植物ホルモン剤を散布し、収穫後5〜10℃で保持することが有効であることを明らかにした。g)糖質、抗菌剤、植物ホルモン剤等を用いた切り花の日持ち性向上技術を開発し、当該技術を用いて日持ち保証販売(例:高温では17品目で5日間の日持ち保証)を行うためのマニュアルを作成・公表した。h)黄色ユリの鑑賞価値を鮮度評価値として評価したところ、鮮度評価値は開花後4日目から低下することを明らかにした。i)花弁の彩度とカロテノイド含量は鮮度評価値と似た推移を示し、カロテノイド含量の減少に伴う花弁彩度の低下は観賞価値を下げる主因の1つであることを明らかにした。j)花を見ることによるストレス軽減効果について、不快写真の提示によって血圧が高くなった被験者に、「花」の写真を提示すると、他の写真を提示された場合に比べて、血圧が低い状態に保たれることを示した。k)脳活動について、「花」の写真の提示は、ストレス反応に対して重要な脳領域である扁桃体と自律神経系を制御する視床下部の活動を低下させ、左側の中前頭回を活性化することを明らかにした。
畜産物の品質関連因子の解明と品質評価技術の開発に関しては、a)畜草研の生産乳を周年的(2週間に1回)にサンプリングし、凝固性を評価したところ、生産乳の凝固性は調査日に関わらずほぼ一定値を示し、低凝固乳は検出されなかった。b)食肉の品質関連因子について、次世代DNAシーケンサーを用いたmiRNAの網羅的発現解析法を確立し、計20のウシmiRNA新規候補配列を明らかにしたほか、半腱様筋と咬筋の部位間では、計23種のmiRNAの発現に有意差があり、そのうちの3種の発現は半腱様筋で特異的であることを解明した。c)一般消費者及び調理師を対象としたアンケートにより、食肉の官能特性を特徴付ける候補用語として、味、香り、食感についてそれぞれ17、24、50語を選択した。d)食肉脂肪の硬さに関連する脂肪の結晶度及び結晶多形の種類と含量を、可搬型ラマン分光装置を用いて非破壊で簡便に評価できることを明らかにした。
加工適性の解明と加工技術の開発に関しては、a)果実の剥皮加工条件の最適化について、界面活性剤処理後加熱処理を行うことで亀裂を発生させ、酵素剥皮する技術を特許化し、さらに、カキについて、剥皮の難易度に応じて界面活性剤処理法と加熱処理法を最適化した。b)乳酸菌等の有用形質評価について、カロテノイド生産性乳酸菌Enterococcus gilvus CR1株を生乳から単離し、カロテノイド生合成遺伝子クラスターを得た。さらに、この遺伝子クラスターをLactococcus lactisに導入し、カロテノイドのdiaponeurosporeneを生成することを確認した。c)血栓素となるフィブリノーゲン等の溶解作用に関連するプラスミノーゲン活性化能を乳酸菌に見出し、高活性のLc. lactis C59株を得た。当該活性はpHや熱に対して高い安定性を有した。
研究分担生駒吉識
中山真義
野村将
協力分担関係北海道総研機構
山形県置賜産地研究室
福島農総センター
千葉県農総研センター暖地園研
新潟農総園研センター
長野野菜花き試
静岡農技研
愛媛農水研
フラワーオークションジャパン
日本原子力研究開発機構
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[国産飼料プロ] 委託プロ[家畜ゲノム] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 文科省・その他 環境省・その他 その他
業績(1)Identification of the glutathione S-transferase gene responsible for flower color intensity in carnation
(2)Effects of vase solution and air temperatures and isothizolinonic germicides on the vase life of cut rose flowers
(3)ブタ皮下脂肪前駆細胞株の分化に対するオクタン酸の濃度及び添加時期の影響
(4)Programmed cell death begins earlier in the mesophyll cells of tulip petals than in the epidermal cells
(5)Radiocesium Distribution in the Tissues of Japanese Black Beef Heifers Fed Fallout-Contaminated Roughage Due to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
(6)Tandemly arranged chalcone synthase A genes contribute to the spatially regulated expression of siRNA and the natural bicolor floral phenotype in Petunia hybrida
(7)遺伝子発現解析を利用した野菜の鮮度評価
(8)Pigment accumulation and transcription of LhMYB12 and anthocyanin biosynthesis genes during flower development in the Asiatic hybrid lily (Lilium spp.)
(9)Profiling of differentially expressed microRNAs and the bioinformatic target gene analyses in bovine fast- and slow-type muscles by massively parallel sequencing.
(10)可視・近赤外分光法を用いるブラッドオレンジ果肉における紫色の着色程度の非破壊計測の可能性
(11)An active CACTA-family transposable element is responsible for flower variegation in wild soybean Glycine soja
(12)成人男女に対するユリの香りの嗜好調査
(13)Ethanol reduces sensitivity to ethylene and delays petal senescence in cut Tweedia caerulea flowers
(14)Changes in cell Number, osmotic potential and concentrations of carbohydrates and inorganic ions in Tweedia caerulea during flower opening
(15)Increased levels of IAA are required for system 2 ethylene synthesis causing fruit softening in peach (Prunus persica (L). Batsch)
(16) Effect of electrostatic atomization on ascorbate metabolism in postharvest broccoli
(17)Expression and functional analysis of two lycopene beta-cyclases from citrus fruits
(18)日持ち保証に対応した切り花の品質管理技術の開発とマニュアルの策定
(19)ミントの葉における発散香気成分の解析と分類
(20)切り花の水揚げに関する生花店へのアンケート調査および水切りが主要切り花の吸水と品質保持に及ぼす効果
(21)In situ Raman spectrometric analysis of crystallinity and crystal polymorphism of fat in porcine adipose tissue
(22)Plasminogen activation by lactic acid bacteria
(23)Comprehensive analyses of anthocyanin and related compounds to understand flower color change in ion-beam mutants of cyclamen (Cyclamen spp.) and carnation (Dianthus caryophyllus)
(24)Comparative analysis of semaphorin 3A in soleus and EDL muscle satellite cells in vitro toward understanding its role in modulating myogenin expression
(25)ODS系カラムによるビタミンCの高速液体クロマトグラフィー分析
(26)Increased intramuscular fat improves both ‘chewiness’ and ‘hardness’ as defined in ISO5492:1992 of beef Longissimus muscle of Holstein × Japanese Black F1 steers
(27)Petal saturation affects visible flower senescence in cut lilies

(28)Effect of Different Postharvest Temperatures on the Accumulation of Sugars, Organic Acids, and Amino Acids in the Juice Sacs of Satsuma Mandarin (Citrus unshiu Marc.) Fruit
(29)Potential of non-destructive evaluation of internal disorder, browning of outer scale in onions using near infrared (NIR) spectroscopy.
(30)Expression of novel carotenoid biosynthesis genes from Enterococcus gilvus improves the multi-stress tolerance of Lactococcus lactis
(31)ブタ肉中のイノシン酸含量におよぼす筋肉型の影響
(32)Slantingly cross loading sample system enables simultaneous performance of separation and mixture to detect molecular interactions on thin-layer chromatography
(33)Precocious metamorphosis in the juvenile hormone-deficient mutant of the silkworm, Bombyx mori
(34)Preliminary study of fat crystal properties of pig carcass using Raman spectroscopy
(35)Changes in gene expression in a porcine preadipocyte cell line during differentiation
(36)Pollination induces autophagy in petunia petals via ethylene
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030215007
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat