東北地方におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発

東北地方におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発

課題番号2013025414
研究機関名独立行政法人農業環境技術研究所,秋田県農業試験場
研究期間2013-2014
年度2013
中課題東北地方におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発
摘要低カドミウム吸収品種のコシヒカリ環1号と通常コシヒカリを現地試験ほ場に移植し、中干し以降の水管理方法を変えた試験区を設定、ヒ素およびカドミウム吸収を調査したところ、カドミウム濃度は低カドミウム吸収品種が低く品種間差があった。ヒ素濃度は同じだった。またほ場排水性が不良であったため、7月下旬〜9月上旬に雨が多かった気象経過により、土壌水分等に違いが無く、水管理区別では両品種とも差は無かった
予算区分委託プロ[食の安全・動物衛生プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030215018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat