北陸地域におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発

北陸地域におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発

課題番号2013025416
研究機関名独立行政法人農業環境技術研究所,富山県農林水産総合技術センター
研究期間2013-2014
年度2013
中課題北陸地域におけるカドミウム低吸収品種を用いたヒ素・カドミウムの同時低減を可能にする栽培管理技術の開発
摘要 富山県の中粗粒グライ土壌において、ヒ素とカドミウムを同時に低減できる最適な栽培管理技術を開発するために、今年度は、異なる水管理(節水管理、間断灌漑、湛水管理)で、カドミウム低吸収品種とコシヒカリを栽培し、ヒ素とカドミウムの吸収について検討した。
その結果、出穂期稲体の総ヒ素濃度は、水管理の影響を強く受け、節水区<間断灌漑区<湛水区の順で低くなり、品種間では違いが認められなかった。カドミウム濃度は品種間差が大きくカドミウム低吸収品種で水管理にかかわらず低くなったが、コシヒカリでは総ヒ素濃度と逆の傾向を示した。成熟期の玄米の総ヒ素濃度とカドミウム濃度は出穂期稲体と同様の傾向で、カドミウム低吸収品種を節水管理で栽培することにより、総ヒ素濃度とカドミウム濃度がいずれも最低となることを明らかにした。
予算区分委託プロ[食の安全・動物衛生プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030215020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat