B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発

B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発

課題番号2014025663
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(1) 森林・林業の再生に向けた森林管理技術・作業体系と林業経営システムの開発
大課題(1) 森林・林業の再生に向けた森林管理技術・作業体系と林業経営システムの開発
中課題B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要架線系システムについて、急傾斜地における低コスト機械作業システムを提示して、立地・施業条件に合わせて林業採算性が最適になる条件を示すことを可能にした。また、地域の林業シナリオの実行可能性を評価できる手法を試作した。平成26年度に「路網整備と機械化等による素材生産の低コスト化技術の開発」の一環として、急傾斜地の低コスト機械作業システムを提示し、林業採算性が最適になる条件を示せるようにしたことや、「国産材の効率的な供給のための林業経営・流通システムの開発」の一環として、地域の林業シナリオの実行可能性を評価できる手法を試作した。研究の成果については、原著論文14編のほか、先進的タワーヤーダの中間サポートの手引書を作成して林業関係機関に配布し、開発したツールが「森林施業プランナー研修」の講義で利用され、開発した丸太材積・生産性の把握等の手法が林野庁「森林情報高度利活用技術開発事業」で一部採択されるなど、学会や国有林、民間の林業事業体に普及・広報された。
研究分担清野嘉之
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)フィンランド森林管理賦課金制度の生成・展開・終焉
(2)林内作業時の粉塵環境について-刈払いおよび作業道作設,地拵え作業時の粉塵濃度-
(3)緩傾斜地におけるCTL伐採システムの皆伐生産性
(4)山村集落におけるゼンマイ資源利用の集落間の違いをもたらした要因
(5)林業機械走行によるトドマツ根系損傷確率のモデル化
(6)施業シミュレーションシステムを用いた施業方法の多面的比較
(7)伐出コストモデルを用いた施業条件の違いによる作業経費・収益性の比較
(8)山元立木価格による林木・森林評価と森林計画
(9)協同組合と市場:フィンランドの経験からの洞察
(10)全国自治体の間伐傾向にみる直接支払制度の影響
(11)公共建築物の木造化
(12)わが国木材産業における近年の設備投資動向
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)木材供給における国有林の課題
(24)丸太価格暴落時の林業関連事業体の動態について
(25)Water and Sediment behavior on rolled grade roads.(波形縦断勾配をもつ森林路網における路面水と土砂の動態)
(26)農林業センサス個票を用いた家族林業経営体の類型化の試み
(27)現代中国における森林資源管理の思想的基盤:梁希(初代林業部部長)を中心に
(28)スギ・ヒノキ林の収穫材積に占める材質劣化被害割合の予測
(29)四国地方の高齢級スギ・ヒノキ人工林における林分および個体レベルの成長特性
(30)ハンガリーにおける造林投資会社によるエネルギー造林
(31)企業の育林経営ビジネス参入に関する研究-社有林を基軸とした新展開
(32)
(33)
(34)
(35)
(36)
(37)
(38)
(39)
(40)
(41)
(42)
(43)
(44)
(45)
(46)
(47)
(48)
(49)伐出コストモデルを用いた自伐型伐出作業の最適条件の検討
(50)石神調査再考:土屋喬雄の調査ノートを中心として
(51)チェーンソー用防護服の使用と管理の実態
(52)伐木技術の変遷と課題
(53)森林からの供給・文化サービスの評価-山菜・キノコ採りを例に
(54)民間素材生産事業者による森林経営計画の作成-兵庫県宍粟市の事例-
(55)チェーンソー用防護服普及の現状と着用への課題
(56)日本近代林政の把え方断章
(57)Comparison of thinning productivities for conventional systems and a new system with a small wheel-mounted harvester and forwarder(小型ホイール式ハーベスタとフォワーダを用いた新しい作業システムと従来型作業システムとの間伐生産性比較)
(58)Operational efficiency of the containerized seedlings planting machine (コンテナ苗自動植付機の作業功程)
(59)秋田県の素材需給に関する計量経済モデルの構築-短期需給見通し作成に向けた試み-
(60)アメリカにおける所有形態別林業経営動向
(61)
(62)
(63)
(64)
(65)
(66)
(67)
(68)
(69)
(70)
(71)ハーベスタ・フォワーダシステムによる間伐跡地からの濁水発生-生田原国有林の事例-
(72)人の反復跳躍による森林土壌硬度の簡易評価
(73)スマートコミュニティ構想と山林価値-木質バイオマスエネルギー供給の担い手とその意味-
(74)施業方法の違いによる人工林における土砂流出量の変化-地表有機物量・植生被度と3年間の土砂流出量計測の結果から-
(75)ドイツ、バーデン・ヴュルテンベルク州の森林行政とカルテル問題
(76)スイングヤーダのホールバックラインドラム動力回生の可能性
(77)育林経営を阻む諸要因に関する研究-林研グループへの質問紙調査を中心として-
(78)ハンガリーの農廃地造林
(79)
(80)
(81)
(82)
(83)
(84)
(85)
(86)
(87)
(88)
(89)
(90)
(91)
(92)The relationship between the velocity of road-surface flow and coarse sediment discharge on forest roads(林道路面における路面流の流速と大粒径の土砂流出量との関係)
(93)欧州製中距離対応型タワーヤーダによる間伐作業システムの開発-上げ荷横取り集材作業の生産性-
(94)施業方法の違いによる人工林における土砂流出量の変化
(95)中国の森林をめぐる重層的権利関係の意義と課題:資源利用の効率性・公平性・持続性からの考察
(96)木造住宅の構造部材に生じる各種応力の許容応力度に対する割合(第5報) 一般地域に建設された住宅の梁に強度等級E55-F200の構造用集成材を使用した場合
(97)公共建物物の木造化への取り組み
(98)林道排水施設配置の実態について
(99)機械作業による森林環境への影響
(100)都市近郊林と動的利用:ウォーキング・マウンテンバイクを中心に
(101)日本における地域資源としてのフットパス
(102)路網整備と車両系伐採システムのあり方
(103)木材需要に影響する社会経済因子の分析
(104)伐採跡地におけるクラッシャ地拵の作業能率
(105)アーム接地式スイングヤーダの安定性-支柱アームに作用する力の分析-
(106)林道路面排水施設の配置実態について
(107)New trends in Public Opinion on Forestry in Japan: With a Focus on”Young Advocates”for Wood Production
(108)広葉樹材利用の現状
(109)タイ国消費者におけるチーク材家具の選好度
(110)
(111)
(112)
(113)林分密度の異なるヒノキ林における細根生産量
(114)森林作業道における濁水流出防止対策の検討-沈砂池の効果-
(115)グラップルローダを用いた丸太積み込み作業における熟練オペレータによる機械作業の特徴
(116)過疎地域の地域づくりを支える人的ネットワーク -岩手県葛巻町の事例-
(117)風倒木の切断処理における跳ね返り危険度の評価
(118)地域おこし協力隊による山村資源管理へのアプローチ ~高知県の事例より~
(119)森林作業での使用を想定した、各種結束材料の屋外曝露試験
(120)丸太価格暴落時の林業関連事業体の動態について
(121)造林作業の機械化について
(122)北海道における機械作業システムと林地残材率を考慮した林地残材集荷可能量の推定
(123)
(124)
(125)
(126)
(127)
(128)
(129)
(130)
(131)
(132)
(133)
(134)
(135)Reconsideration of Aruga Kizaemon's Research on Ishigami Village: Based on Tsuchiya Takao's Field Notes
(136)山菜・キノコ資源利用と部外者入山ルール:福島県会津地方の集落間比較から
(137)スイスにおける林業助成の改革
(138)現代中国の森林資源管理における専門家層の成立背景:梁希8初代林業部部長)の思想と業績を中心に
(139)コモンズ問題の現代的変容:社会的ジレンマ問題をこえて
(140)作業姿勢を指標とした植栽作業の労働負荷の評価
(141)割竹にしたモウソウチク(Phyllostachys heterocycla f. pubescens)のつくば市における屋外曝露試験
(142)New trends in public opinion on forestry in Japan (日本における森林・林業に対する世論の新たな動向)
(143)製紙資本の多角化水準に関する国際比較―売上高世界トップ100社における製紙関連売上高比率の推移に注目して
(144)
(145)
(146)
(147)
(148)
(149)
(150)
(151)
(152)
(153)
(154)
(155)
(156)タイ国消費者におけるチーク材家具購入に対する意識
(157)生分解性防草シートを施工したカラマツ大苗無下刈試験地の3年目の状況
(158)Socioeconomic Development and Wood Consumption (社会経済発展と木材消費)
(159)ヒノキ人工林における間伐方法がノウサギの利用頻度に及ぼす影響
(160)繊維ロープのアイ加工の違いによる強度評価
(161)チェーンソー用防護服による災害コスト削減効果の試算
(162)合成繊維素材を使用した集材架線架設手法の検討
(163)森林・林業に対する国民意識 -世論調査データからみえること-
(164)Supply-demand of domestic wood and role of civil engineering sector (国産材需給と土木分野の役割)
(165)Applicability of Low Graded Glued Laminated Timber to Japanese Conventional House
(166)
(167)
(168)
(169)
(170)
(171)
(172)
(173)
(174)
(175)
(176)
(177)
(178)
(179)
(180)作業車用ヘッド及び作業車
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217015
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat