H 高速育種等による林木の新品種の開発

H 高速育種等による林木の新品種の開発

課題番号2014025669
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究 
大課題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究 
中課題H 高速育種等による林木の新品種の開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要林業の再生に資する品種として、初期成長に優れたスギ23品種、材質優良トドマツ(心材含水率が低いトドマツ)5品種、また国土・環境保全に資する品種として、幹重量の大きいヒノキ13品種、マツノザイセンチュウ抵抗性マツ11品種を開発した。これらにより、55品種の目標を概ね達成する52品種を開発した。エリートツリーの開発では、67箇所の検定林データを収集し、437系統の候補木の選抜を行い、スギで22系統、ヒノキで126系統、カラマツで60系統を開発するとともに、第3世代の選抜母集団を育成するための人工交配を行い、交配種子を採種した。また、「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」で定められた「特定母樹」については、スギでは38系統のエリートツリーを含む50系統、ヒノキではエリートツリーの16系統、カラマツではエリートツリーの15系統の計81系統が指定された。加えて、林木育種開発品種説明会等において、行政担当者から苗木の利用者に至る幅広い層に品種に係る情報提供・PRを行い普及に努めた。
林木育種の高速化等に向けた技術開発では、スギの器官別、時期別に発現している遺伝子情報の網羅的な収集・統合によりDNAマーカー開発を進めるとともに、人工交配家系について連鎖地図を構築し、収得した形質データを用いて有用形質と連鎖したDNAマーカーの解析を進めた。
また、スギの生育環境への適応性を解明するため、広域産地試験を行うとともに、次代検定林の調査データと気象庁が公開している気候データとを統合的に解析することで、スギ精英樹が元々の生育地と異なる地域で生育した場合に、樹高成長に受ける影響を明らかにした。さらに、温暖化に伴う気候変動への適応策に資する品種開発に向け、テリハボクのフィジーでの産地試験地の設定やケニアとの共同研究によるメリアのDNAマーカー開発を行った。
研究分担星比呂志
予算区分委託・その他プロ
業績(1)Proteomic analysis of responsive proteins induced in japanese birch plantlet treated with salicylic acid(サリチル酸処理したシラカンバにおいて誘導される応答タンパク質のプロテオーム解析)
(2)Diversities of decay resistance and n-hexane-extractive contents in seven half-sib families from plus trees in todomatsu (Abies sachalinensis)(トドマツ(Abies sachalinensis)精英樹7家系における耐朽性およびn-ヘキサン抽出物量の変異)
(3)グイマツにおける着花促進処理のスクリーニング
(4)Family-specific responses in survivorship and phenotypic traits to different light environments in a seedling population of Fagus crenata in a cool-temperate forest (冷温帯林ブナの生存率と形態形質における光環境に対する応答の家系間差)
(5)DNAマーカーにより同一遺伝子型を示す精英樹群内の形質評価値のバラツキ
(6)Genetic diversity of teak population in native regions and plantations in Myanmar detected by microsatellite markers.(マイクロサテライトマーカーで明らかにされた自生地域におけるチーク天然集団とミャンマーにおける人工林の遺伝的多様性)
(7)テリハボクの枝性における家系間変異
(8)スギのコンテナ苗育成における用土および施肥の影響
(9)優良な形質を導入した雄性不稔スギリソースの整備
(10)スギの樹高成長および直径成長フェノロジーの遺伝性
(11)スギ地域差検定林の若齢期枯損データに基づく育種区分の検討
(12)カラマツ人工交配家系を用いた容積密度の幼老相関
(13)九州地域のマツノザイセンチュウ抵抗性育種事業における選抜母集団,品種,採種園産種苗の遺伝的改良
(14)抵抗性アカマツ3品種へのマツノマダラカミキリ非選好性試験
(15)カラマツ心材成分の堆積に関する組織化学的研究
(16)スギ連鎖地図作成と材質形質に関するQTLマッピング
(17)スギ人工交配家系を用いた密度の遺伝性
(18)
(19)
(20)
(21)Genetic relationship between wood properties and growth traits in Larix kaempferi obtained from a diallel mating test(フルダイアレル交配試験より推定されたカラマツの木材性質と成長形質との遺伝的関係)
(22)テリハボクの枝性における家系間変異
(23)Current genetic structure of teak (Tectona grandis) in Myanmar based on newly developed chloroplast single nucleotide polymorphism and nuclear single sequence repeat markers.(葉緑体DNAマーカー及び核SSRマーカーをもとにしたミャンマーにおけるチークの遺伝的多様性評価)
(24)佐賀県内におけるスギ精英樹F1の成長について
(25)スギ精英樹の植栽後1~2年の成長と30年時樹高の相関
(26)スギの環境に対する応答
(27)落葉散布プロセスを考慮した落葉分解速度のホーム・フィールド・アドバンテージの定量
(28)The evaluation of environmental adaptability of Cryptomeria japonica by an across breeding regional clonal tests analysis(育種基本区間にまたがるクローン試験解析によるスギの環境適応性の評価)
(29)長野県のブナ孤立小集団において検出された長距離花粉散布
(30)複数年次・複数試験地のデータを同時に用いた系統評価法の検討
(31)Morphological changes and disappearance of nuclei in ray parenchyma cells during heartwood formation in Cryptomeria japonica(スギの心材形成における放射柔細胞の核の形態変化と消失)
(32)スギ木部放射柔細胞を用いた二次代謝を伴う細胞死誘導系における細胞内容物の経時変化
(33)実生交配家系を用いたスギカミキリ抵抗性に関する遺伝性の検討
(34)
(35)
(36)
(37)
(38)
(39)
(40)
(41)
(42)
(43)次世代育種における育種集団サイズと近交弱勢の影響
(44)Changes in cellular contents of ray parenchyma cells during heartwood formation in Cryptomeria japonica(スギの心材形成における放射柔細胞の細胞内容物の変化)
(45)トウヒ属精英樹家系における木材性質の変異
(46)西表産希少樹種の着果および種子の特性評価
(47)形成層活動期における材関連遺伝子の発現パターンのクローン間差
(48)DNAマーカーにより同一遺伝子型を示す精英樹群内の形質評価値のバラツキ
(49)スギ精英樹の植栽後1~2年の成長と30年時樹高の相関
(50)スギ人工交配家系を用いた容積密度の早期選抜の検討
(51)樹齢300年前後の天然秋田スギの肥大成長特性:個体特性とサイズ、競争および環境効果の統合的モデリング
(52)カラマツ採種園における列状間伐による着花促進効果
(53)36年生カラマツ精英樹人工交配家系における諸形質の遺伝性
(54)DNAマーカーに基づいた次世代優良少花粉ス ギの効率的スクリーニング
(55)
(56)
(57)
(58)
(59)Relationship between distribution of erect shoots in two root-climbing lianas Schizophragma hydrangeoides and Hydrangea petiolaris (Saxifragaceae) and light environment on the forest floor(林床におけるイワガラミとツルアジサイの直立茎形成場所と光環境)
(60)Seed pretreatment methods for improving germination of Acacia tortilis.(Acacia tortilisの発芽促進手法)
(61)Spatiotemporal Variability in the Reproductive Success of the Continually Flowering Shrub Dillenia suffruticosa in Borneo(ボルネオにおける連続的な開花を示す低木 Dillenia suffruticosaの繁殖成功の時空間変動)
(62)Wood properties and their among-family variations in 10 open-pollinated families of Picea jezoensis(エゾマツ自然交配10家系における木材性質と家系間変異)
(63)Reaction wood anatomy in a vessel-less angiosperrm Sarcandra glabra(無道管広葉樹であるセンリョウ(Sarcandra glabra)におけるあて材の組織学的研究)
(64)Ozone oxidation pretreatment for enzymatic saccharification of spent culture media after Lentinula edodes cultivation(シイタケ廃菌床の酵素糖化のためのオゾン酸化前処理)
(65)Differences in female reproductive success between female and hermaphrodite individuals in the subdioecious shrub Eurya japonica (Theaceae)(不完全雌雄異株低木ヒサカキにおける雌個体と両性個体の雌性繁殖成功の差異)
(66)Inter-specific and sexual differences in architectural traits of two dioecious Lindera species (Lauraceae)(Lindera属二種における地上部構造の種間差および性差)
(67)低台仕立ての採穂木を利用したマツのさし木におけるさし穂の切り口形状が根系等の形状に与える影響
(68)成長速度に優れたオビスギの壮齢期以降の成長パターンと材質
(69)林木育種における地上型レーザスキャナの応用
(70)アカエゾマツの曲げ性能に及ぼす密度とミクロフィブリル傾角の影響
(71)スギ精英樹クローンの苗畑における初期成長の評価
(72)
(73)
(74)
(75)
(76)
(77)
(78)
(79)
(80)
(81)
(82)The effects of localized heating and disbudding on cambial reactivation and formation of earlywood vessels in seedlings of the deciduous ring-porous hardwood,Quercus serrata.(落葉性環孔材広葉樹コナラの実生苗において局所加温と摘芽が形成層再活動と早材道管の形成に及ぼす影響)
(83)Anatomical characteristics and wood properties of Melaleuca leucadendron naturally growing in secondary forest in Indonesia(インドネシアの二次林において天然更新したMelaleuca leucadendronの組織学的特徴および木材性質)
(84)スギエリートツリーの性能評価試験-育苗6か月後の成長-
(85)ヒノキのジベレリン処理-ペーストと粉末処理による着花状況の比較試験-
(86)西表希少樹種トゲミノイヌチシャの着果状況調査及び種子の特性評価
(87)マツノザイセンチュウ抵抗性育種における事業・研究材料の共有化の取り組み
(88)関西育種基本区選抜ヒノキ精英樹のさし木発根性および苗形態特性の評価
(89)スギ第2世代精英樹候補木の選抜-滋賀県内の国有林に設定された育種集団林の事例-
(90)Estimation of growth performance of Cryptomeria japonica clones in various environments based on the physiological process model(生理プロセスモデルに基づくスギクローンの多様な環境における成長能力の予測)
(91)マツノザイセンチュウの増殖と病原性の関係
(92)関西育種基本区における第2世代精英樹選抜に向けたスギ人工交配家系成長データの解析
(93)抵抗性アカマツのハーフダイアレル交配家系における抵抗性の組み合わせ能力
(94)Basic density in Melia volkensii (Melia volkensiiの容積密度)
(95)カラマツ精英樹実生後代における密度と強度の遺伝性
(96)
(97)
(98)
(99)
(100)
(101)
(102)
(103)
(104)千葉県に植栽されたサンブスギの木材の性質
(105)静岡県に植栽されたブナ個体の遺伝的系統と遺伝的多様性
(106)人工交配家系を用いたスギカミキリ抵抗性に関する遺伝性の検討
(107)9年生スギクローンの応力波伝播速度によるヤング率の評価
(108)三重不稔(関西)1号と「爽春」の保有する雄性不稔遺伝子の相同性の確認
(109)西表島におけるアカシア・ハイブリッド(Acacia mangium × Acacia auriculiformis)家系の初期成長の家系間変異
(110)マツ材線虫病の発病に至らなかった個体における病原体検出試験 -潜在感染化するのか?-
(111)室内種子生産技術の最適化に向けた諸条件の検討
(112)Mechanical property of keyaki (Zelkova serrata) trees from eight half-sib families.(ケヤキ(Zelkova serrata)8家系における機械的性質)
(113)北海道白糠町に設定したヤナギ類さし木試験地における3年次成長量のクローン間変異
(114)気象環境条件に基づくスギの樹高成長予測
(115)スギの材質・成長形質に関する QTL 解析
(116)環境シグナルに対するスギ木部形成遺伝子群の発現応答
(117)環境の異なる植栽地におけるスギの成長と遺伝子発現(Seasonal and regional differences in gene expression and growth pattern in Japanese cedar)
(118)環境因子を考慮したスギさし木クローンの成長解析
(119)
(120)
(121)
(122)
(123)
(124)
(125)Inheritance of basic density and microfibril angle and their variations amoung full-sib families and their parental clones in Picea glehnii(アカエゾマツにおける容積密度とミクロフィブリル傾角の遺伝性と全家系間および両親クローン間の遺伝変異)
(126)スギ精英樹の植栽後1~2年の成長と30年時樹高の相関
(127)光強度の違いが抵抗性クロマツの材線虫病抵抗性に及ぼす影響
(128)テリハボクの事例からみた島嶼樹木集団の遺伝的多様性の脆弱性
(129)Clonal variations in the root traits of Japanese cedar and isolation of EST related to root development(スギ根系形質のクローン間変異と根系発達に関連するESTの単離)
(130)ジベレリン生合成阻害剤とオーキシンの併用によるスギさし木発根性向上の可能性
(131)海岸防災林再生現場への抵抗性クロマツ供給体制の確立
(132)西表島古見におけるイジュの開花期間
(133)QRコード現地発行システム(ラベルふえる君)を用いた増殖配布業務における材料管理
(134)雌雄異株性低木種ヒメアオキの性特異的遺伝マーカーの開発
(135)クロマツ多様性評価に基づく抵抗性品種の再評価
(136)室内種子生産技術の実用化に向けた諸条件の検討
(137)スギのさし木発根性の季節変動とその要因
(138)スギにおける幼老相関関係に基づいた苗畑段階における成長形質の選抜の可能性
(139)針葉樹生立木樹幹含水率の連続モニタリング
(140)アスナロ属(ヒバ、アスナロ)天然林を対象と した EST-SSR マーカーによる遺伝構造解析
(141)大規模に集積されたスギ遺伝子のインフォマティクス解析
(142)共通系統を用いたスギ初期成長の産地間差の解析
(143)Developing the evaluation method for wood stiffness of sugi (Japanese cedar,Cryptomeria japonica D. Don) at nursery stage.(若齢時でのスギのヤング率評価法の開発)
(144)
(145)
(146)
(147)
(148)
(149)
(150)Species-specific sprouting pattern in two dioecious Lindera shrubs: the role of physiological integration(Lindera属二種の低木における種特異的な萌芽パターン: 生理的統合の役割)
(151)Heritability estimates for wood stiffness and its related near-infrared spectral bands in sugi (Cryptomeria japonica) clones(スギ精英樹クローンにおける木材強度と関連する近赤外スペクトルバンドの遺伝率の推定)
(152)異なる年輪数で構成されたスギ柱材の実大曲げ性能と木材性質の関係
(153)Clock genes and diurnal transcriptome dynamics in summer and winter in the gymnosperm Japanese cedar (Cryptomeria japonica (L.f.) D.Don)(スギの時計遺伝子と夏と冬のトランスクリプトームの日周性)
(154)Isolation and characterization of 22 EST-SSR makers for the genus Thujopsis (CUPRESSACEAE)(アスナロ属におけるEST-SSRマーカーの開発)
(155)イジュの開花習性
(156)Variation of wood density in the plus tree clones of Melia volkensii selected from drylands of Kenya(ケニア国の乾燥地帯において選抜されたMelia volkensiiプラスツリークローンにおける木材密度の変異)
(157)東アフリカ半乾燥地域に分布するMelia volkensiiの遺伝構造とその成立要因
(158)組織観察および遺伝子発現解析によるスギ雄花発達過程のステージング
(159)自然条件下におけるスギの遺伝子発現の年周性と植栽環境による違い(Seasonal transcriptome dynamics and its regional difference in Japanese cedar)
(160)Validation of the Cryptomeria japonica seed and seedling transfer system by progeny tests analyisis in conjunction with environmental factors.(環境条件を考慮した次代検定林データ解析によるスギ種苗配布制度の検証)
(161)
(162)
(163)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat