(エ)太平洋クロマグロを中心としたかつお・まぐろ類の資源管理技術の開発

(エ)太平洋クロマグロを中心としたかつお・まぐろ類の資源管理技術の開発

課題番号2014025678
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ア.我が国周辺及び国際水産資源の持続可能な利用のための管理技術の開発
中課題(エ)太平洋クロマグロを中心としたかつお・まぐろ類の資源管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(エ)大西洋まぐろ類保存国際委員会、中西部太平洋まぐろ類委員会、全米熱帯まぐろ類委員会、みなみまぐろ保存委員会、北太平洋まぐろ類国際科学委員会等の活動に対応し、太平洋クロマグロ、大西洋クロマグロ、ミナミマグロ等を対象に収集したデータに最適になるように改良したモデルを資源解析・評価へ本格的に適用し、その結果を検証した。太平洋クロマグロ及び大西洋クロマグロ東西系群の資源評価作業に参画し、漁獲可能量の改訂に寄与した。資源評価モデルの成長式に、耳石日輪、年輪データ及び標識放流採捕データを導入して改良した。太平洋クロマグロの仔稚魚調査で得られた仔魚の日齢査定結果及び海況予測モデルを用いた粒子実験から、南西諸島周辺及び日本海の主産卵場の位置を推定するとともに、系時的推移を解明した。カツオの移動来遊過程把握のため、低水温への遊泳嗜好性に加え、基礎生産量の高い海域への遊泳嗜好性を考慮した移動モデルを開発した。耳石輪紋解析により、日本周辺に来遊するカツオの群の3 割が亜熱帯、7 割が熱帯起源であることが示唆された。西日本沿岸域への来遊は、水温で多くの説明が可能であり、東北沖等への来遊には基礎生産の影響が大きいことが明らかになった。漁場探索技術開発のため、遠洋まぐろはえ縄漁業の過去の漁海況をデータベース化し、好適生息域モデルによる漁場予測を行った。かつお一本釣り漁業では、海鳥情報と衛星情報等を活用した漁場探索技術開発を進め、南下期のカツオ漁場で利用できる可能性を示した。漁具漁法等の改善に関し、遠洋まぐろはえ縄ではタヒチ南東水域で超深縄の方が通常深縄よりメバチの単位努力量当たりの漁獲量が多いという結果を得た。遠洋かつお一本釣り漁業において、フィッシュポンプによる活餌積込時の溶存酸素濃度の低下を防ぐため、予め酸素ナノバブルで酸素濃度を高める対処方法を示した。海外まき網漁業では、小型まぐろ類混獲削減に大目網が有効であること、イルカ型ソナーで魚種判別できる可能性があることを示した。省エネのための凍結技術や燃油節減に関して、自然冷媒で対応可能な温度帯で凍結し、品質維持と割れ防止が可能であることが示唆された。近海かつお一本釣り漁業で、船体の小型化により、燃油消費量を約3 割削減できる可能性を示した。太平洋クロマグロを中心としたかつお・まぐろ類の資源管理技術の開発について、科学調査や実証試験を継続するとともに、多数の国際会議に対応し、行政ニーズに大きく貢献した。また、大西洋まぐろ類保存国際委員会では大西洋クロマグロ資源の回復を確認させ、漁獲可能量の増枠につなげるなど、本研究課題の成果は、国際社会や漁業現場にも大きく貢献した。
研究分担小倉未基
上原崇敬
大島達樹
小河道生
横田耕介
竹内幸夫
岡本浩明
大下誠二
佐藤圭介
阿部寧
森永健司
魚崎浩司
清藤秀理
伊藤智幸
松本隆之
鈴木伸明
甲斐幹彦
森岡泰三
境磨
余川浩太郎
予算区分水産庁・その他
業績(1)カツオ電子標識放流調査から明らかになったカツオの回遊経路
(2)国際漁業資源の現況 中西部太平洋カツオ 詳細・要約版
(3)Data conflict caused by model mis-specification of selectivity in an integrated stock assessment model and its potential effects on stock status estimation
(4)Movement patterns of juvenile Pacific bluefin tuna arriving in the south coastal areas of Japan
(5)仔魚分布と海洋環境-南西諸島と日本海の比較-
(6)餌料用養成・養殖カタクチイワシ実証調査で確認された技術的課題
(7)日本南方海域から三陸沖におけるカツオ雌の繁殖特性の海域間比較
(8)
(9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16) 海況の経過と見通し
(17)国際資源の現況中西部太平洋メバチ
(18)太平洋クロマグロの中心点的な産卵期、産卵場の特定(2011-13年)
(19)Schooling behaviour of Pacific bluefin tuna in a sea net cage
(20)Preliminary comparisons between spatiotemporal fluctuations in larval distributions and environmental conditions from 2011 to 2013 in waters of spawning grounds of Pacific bluefin tuna
(21)日本海におけるアーカイバルタグ調査
(22)クロマグロ仔魚分布と海洋環境 -衛星データを用いた分布環境の把握-
(23)近年のカツオ標識放流結果
(24)ミナミマグロを例とした資源管理,漁業管理の過去・現在・未来
(25)対馬海峡域での低塩分水による栄養塩変動
(26)近海かつお釣り漁業における短期操業の効果検証-Ⅰ
(27)SHALLOW TSUSHIMA STRAIT INDUCES BASIN-WIDE SUBSURFACE NUTRIENT INVERSION LAYER IN THE TSUSHIMA WARM CURRENT DURING SUMMER
(28)
(29)
(30)
(31)
(32)
(33)
(34)
(35)
(36)研究成果の概要-海洋環境SU
(37)ネズミザメ・ニシネズミザメ
(38)海面水温変動から推定される東北沖漁場のカツオ来遊資源豊度
(39)粒子モデルを用いた亜熱帯海域から日本沿岸へのカツオ幼魚の来遊
(40) The effect of tidal current on the movement of hatchery-reared Red Sea Bream near fish aggregating devices
(41)Population genetic structure and demographic history of Pacific blue sharks (Prionace glauca) inferred from mitochondrial DNA analysis
(42)カタクチイワシの分布・回遊の把握に向けた炭素・窒素安定同位体比の有効性
(43)遠洋まぐろ延縄における漁具浸漬時間と漁獲の関係
(44)マグロの目でカタクチイワシの資源評価・管理を見てみると
(45)東シナ海・日本海における表層生態系の構造解析:プランクトンからサメまで
(46)WCPFC科学委員会におけるカツオ資源評価結果
(47)中西部太平洋カツオ資源評価結果
(48)人工浮き魚礁(FADs)操業における広帯域計量魚群探知機を用いたカツオとマグロ類の弁別
(49)八重山諸島周辺海域産卵場でのクロマグロの出現様式における雌雄差
(50)耳石放射性炭素同位体によるクロマグロ推定年齢の検証
(51)耳石安定同位体比からみた北西太平洋におけるキハダ Thunnus albacares の移動生態
(52)北西太平洋におけるキハダ、メバチの成長減耗
(53)
(54)
(55)
(56)
(57)
(58)
(59)
(60)
(61)
(62)
(63)
(64)伊豆諸島~三陸沖におけるカツオの成熟状態と肥満度の推移
(65) 平成25年度海洋水産資源開発事業(海外まき網)報告
(66) Crossing the line: migratory and homing behaviors of Atlantic bluefin tuna
(67) 海洋生物の地理分布把握を目的とした粒子追跡モデリング
(68)Growth and spatiotemporal distribution of juvenile shortfin mako, Isurus oxyrinchus, in the western and central North Pacific.
(69)津軽海峡にて漁獲されたアブラツノザメの資源量指数と体長組成の推定
(70)ミナミマグロの日本国内における流通特性の把握
(71)夏季に土佐湾に来遊したクロマグロ0歳魚の摂餌状況とその年変動
(72)夏季に土佐湾に来遊したクロマグロ0歳魚の回遊生態
(73)
(74)
(75)
(76)
(77)
(78)
(79)
(80)
(81)
(82)
(83)沿岸カツオ漁業によるカツオ水揚量
(84)平成26年(2014年)の日本近海におけるカツオ漁の特徴
(85)Estimation of the intrinsic growth rates of blue shark and shortrin mako under the different biological parameters based on matrix model
(86) 所内プロジェクト研究 秋季ワークショップ「限られたデータに基づく水産資源や生態系の評価と漁業の管理」の開催報告
(87)ジンベエザメ
(88)Report of Japanese scinetific observer activities for southern bluefin tuna fishery in 2012 and 2013
(89)Overview of researches on ecologically related species in Japanese SBT longline fishery, 2013
(90)国際資源の現況東部太平洋キハダ
(91)静止気象衛星ひまわり8号による観測データの利用可能性
(92)平成25年度海洋水産資源開発事業報告書(遠洋まぐろはえなわ(太平洋中・東部海域))報告書番号No.1
(93) まぐろ・かつお類の漁業と資源調査(総説)
(94)ヨシキリザメ 全大洋
(95)2011~2013年の日本海クロマグロ産卵場における仔魚の生物環境
(96)Tori-lines with weighted branch lines reduce seabird bycatch in eastern South Pacific longline fishery
(97) Individual variations in fatty acid composition and concentration as indicators of the nutritional condition of wild pointhead flounder larvae
(98)Evolution of altruism in spatial prisoner's dilemma:Intra- and inter-cellular interactions
(99) Spatiotemporal catch distribution of age-0 Pacific bluefin tunaThunnus orientalis caught by the Japanese troll fishery in relationto surface sea temperature and seasonal migration
(100)Reproductive condition, batch fecundity, and spawning fraction of large Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis landed atIshigaki Island, Okinawa, Japan
(101)遠洋まぐろはえ縄で漁獲されたまぐろ類の品質評価
(102)気仙沼地区近海まぐろはえ縄漁船の収益性向上に関する代替魚種研究
(103)クロマグロの資源を調べる
(104)夏季日本海対馬暖流域で広範囲に出現する亜表層栄養塩極大・極小
(105)九州西方海域におけるクロマグロ稚魚の分布と海洋環境
(106)屋外生け簀でのクロマグロ0歳魚の群れ行動について
(107)Burn methodを用いた北太平洋に生息するヨシキリザメの年齢査定方法の開発
(108)太平洋におけるアオザメの遺伝的多様性と集団構造
(109)
(110)
(111)
(112)
(113)
(114)
(115)
(116)
(117)
(118)
(119)
(120)
(121)
(122)
(123)
(124)
(125)平成26年度カツオ長期来遊資源動向(6~12月)の総括
(126)統計資料からみた曳き縄漁業の歴史的推移
(127)貝類養殖業の安定化、省コスト化・効率化のための実証研究 新たな養殖生産カキが市場へ及ぼす影響の評価
(128)はえ縄操業と科学オブザーバー事業
(129)2014年の海況概要
(130)ウバザメ
(131)アオザメ
(132)さめ類(総説)
(133)Review of Japanese catch, effort and size data of porbeagle (Lamna nasus) in the southern hemisphere
(134)分布域と海況の検証
(135)Genetic stock structure of shortfin mako (Isurus oxyrhinchus) In the Pacific Ocean
(136)平成26年度日本周辺国際魚類資源調査委託事業 結果報告(クロマグロ)
(137)南大西洋メカジキ
(138) Lattice and Lattice gas model for Commensalism:Two shellfishes in intertidal zone
(139)Behavior of skipjack tuna (Katsuwonus pelamis) associated with a drifting FAD monitored with ultrasonic transmitters in the equatorial central Pacific Ocean
(140) Ontogeny of swim bladder inflation and caudal fin aspect ratio with reference to vertical distribution in Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis larvae
(141) Sex-structured population dynamics of blue marlin Makaira nigricans in the Pacific Ocean
(142)Bioenergetics of captive Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis)
(143) Population dynamics for two-male one-female species
(144)Movement and distribution of bigeye tuna in the Pacific Ocean based on Japanese tagging project
(145)資源評価に用いられる管理基準値のレビュー
(146)高度回遊性魚類の資源動態解明に必要な魚群研究
(147)常磐・三陸沖において観察されたカツオの産卵個体
(148)日本海におけるクロマグロ仔魚の生物環境
(149)平成26年度遠洋かつお釣調査概要
(150)
(151)
(152)
(153)
(154)
(155)
(156)
(157)
(158)
(159)
(160)平成26年度地方公庁船調査概要
(161)ホオジロザメ
(162)ニシマカジキ
(163)アブラツノザメ日本周辺
(164)Testing Stock Assessment Methods: A Preliminary Example based on Bluefin VPA
(165)Use of Geostatistical modelling for CPUE of Japanese shallow-set longline for shortfin mako shark
(166)国際漁業資源の現況 東部太平洋カツオ 詳細・要約版 
(167)Gonadal maturation and spawning migration of stocked female barfin flounder Verasper moseri off the Pacific coast of northern Japan
(168)Linear relationship between carbon and nitrogen isotope ratios along food chains in marine environments
(169)ロイン凍結マグロの割れ発生と凍結温度との関係
(170)クロマグロ仔魚分布と数値シミュレーションを用いた産卵場推定
(171)北太平洋におけるアブラツノザメの分布の推定
(172)クロマグロ耳石外部形態による若齢個体の年齢推定
(173)北部太平洋の外洋域におけるヒラマサの分布と生態学的特徴
(174)
(175)
(176)
(177)
(178)
(179)
(180)
(181)
(182)
(183)
(184) 国際水研のシビコ調査
(185)サメ類の最近の話題
(186)CPUE and catch of shortfin mako caught by Japanese shallow-set longliner in the western North Pacific
(187)国際漁業資源の現況 南太平洋ビンナガ 詳細・要約版
(188) 日本海におけるクロマグロ・コシナガ・マルソウダの稚魚に対する線形判別分析を用いた種判別の試み
(189)Estimates of growth from direct ageing and mark-recapture data for Pacific bluefin tuna
(190)九州西方海域におけるマグロ属稚魚の分布環境 Ⅱ
(191)リモートセンシングによるクロマグロ産卵場の環境モニタリング
(192)WCPFC科学委員会におけるカツオ資源評価
(193)資源評価・管理の先行事例とウナギ資源研究への示唆
(194)
(195)
(196)
(197)
(198)
(199)
(200)
(201)
(202)
(203)
(204)漁業資源の変動と資源評価について
(205)Size and standardized CPUE of two pelagic sharks in the North Pacific Ocean based on salmon gillnet surveys
(206)国際資源の現況中西部太平洋キハダ
(207)平成25年度海洋水産資源開発事業(遠洋かつお釣)報告
(208)カツオ (大西洋)
(209)カツオ(大西洋)
(210)ビンナガ(北大西洋)
(211)ビンナガ(南大西洋)
(212)北大西洋メカジキ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217030
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat