(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発

(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発

課題番号2014025679
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(ア)沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ア)トラフグ、ヒラメ等の資源変動要因の解明と最適な漁業管理方策の開発のため、まず、瀬戸内海のトラフグでは160 万尾の放流により資源の減少を回避でき、加えて0、1 歳魚の漁獲圧削減により資源の回復が見込めると試算した。さらに、経営が成り立つ漁業管理として、各年齢の漁獲圧をまんべんなく削減することが望ましいことを明らかにした。相模湾のアワビでは、ふ化後1 年間で著しく減耗することを解明するとともに、幼生の移動・加入を反映する流動モデル、藻場の種組成や繁茂状態等を反映する空間モデル、及び個体群動態を反映する時系列モデルを改良した。これらの連携により、アワビの移動、定着、成長等の生活史を全て包括して表現する数値シミュレーションが可能となった。サンゴ礁域のナミハタでは、設定した禁漁期間(10 日間)にほとんどの産卵個体が産卵場へ来遊することを漁業関係者に周知し、産卵親魚の自主的な禁漁・保護への取り組みに繋げた。瀬戸内海のサワラでは、漁獲尾数とコホート解析により求めた資源尾数の将来予測式に基づき、実現可能な放流尾数(20 万尾)では資源回復に貢献できず、漁獲努力量の削減等と組み合わせた資源管理が必要であることを示した。ヒラメ及びアカアマダイの種苗生産過程では、ワムシ餌料のDHA 含量の制限により形態異常が軽減し、放流効果が期待できる健全な種苗の比率が増し、種苗生産の省力化に大きく貢献した。瀬戸内海のキジハタでは、貝殻を数ヶ月間海中に放置し、甲殻類等の餌が増殖した段階で放流すると稚魚の生残率が向上した。また、同じ場所に続けて放流すると2 年目以降の成長、生残が悪化することから、毎年放流場所を変えることにより生態系への影響も低減できることが明らかになった。ヒラメの環境収容力は、日本海が太平洋より小さいことを明らかにした。平成23 ~25 年度に実施したタチウオひき縄調査の結果に基づき、タチウオ資源状態とタチウオひき縄漁家経営をシミュレートするモデルを開発し、漁獲から販売・流通までを含めた漁業経営改善手法の最適化を、主に持続性と収益性の面から検討した。その成果を水産海洋学会研究発表大会サテライトシンポジウムにおいて提示するとともに、残された課題について検討した。漁業者や行政機関を対象とした魚種別の資源検討会議、漁業者協議会、漁業調整委員会等で、サワラ・トラフグ等の研究成果を情報提供し、資源管理施策の立案や合意形成に貢献した。本研究課題の成果は、沿岸域における資源の造成と合理的な利用技術の開発、並びに地域水産業界の収益の最大化等に繋がると期待される。
研究分担堀井豊充
小河道生
栗田豊
太田健吾
山下洋
鈴木豪
山田秀秋
桑原久実
村上直人
竹内宏行
名波敦
清本節夫
關野正志
堀正和
鈴木重則
黒木洋明
片町太輔
山田達哉
石田実
玉置泰司
協力分担関係香川大学
東京大学大気海洋研究所
京都大学
香川県水産試験場
香川県漁業振興基金
香川県栽培漁業協会
香川大学
大分県農林水産研究センター水産試験場
沖縄県水産海洋技術センター
予算区分水産庁・その他 文科省・その他
業績(1)Eyestalk ablation affects larval morphogenesis in the swimming crab Portunus trituberculatus during metamorphosis into megalopae
(2)Food habits of juvenile tuskfishes (Choerodon schoenleinii and C. anchorago) in relation to food availability in the shallow waters of Ishigaki Island, Southwestern Japan
(3)Survival, development and growth of larvae of the coconut crab, Birgus latro, cultured under different photoperiod conditions
(4)クエ資源の持続的利用に向けての総合的な研究
(5)エゾアワビの資源管理と評価
(6)仙台湾におけるセイシュの特性および発生機構に関する研究
(7)操業効率化に向けた新技術の開発
(8)新技術を使用した操業戦略
(9)繁殖集団をつくる生物の保全生態学的研究 ー サンゴ礁魚類のナミハタを例として ー
(10)三浦半島長井における大型アワビ類とトコブシの稚貝生長・生残の比較
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)操業効率化に向けた新技術
(16)日本海北区におけるヒラメ資源の現状
(17)ヒラメ放流種苗の初期生残向上を目指して-アミ類等発生予測技術の開発-
(18)平成26年度東北ブロック水産業関係研究開発推進会議沿岸漁業資源部会 ヒラメ分科会・ホシガレイ分科会・マコガレイ分科会 合同分科会 報告書
(19)長崎県小値賀町地先における藻場の消長と暖流系アワビ類3種の漁獲量の変遷
(20)豊後水道・伊予灘周辺海域におけるタチウオの資源解析
(21)Genetic structure and cryptic speciation in the threatened reef-building coral Heliopora coerulea along Kuroshio current.
(22)Use of a gyroscope/accelerometer data logger to identify alternative feeding behaviours in fish.
(23)Evaluation of the effects of probiotics in controlling bacterial necrosis symptoms in larvae of the mud crab Scylla serrata during mass seed production
(24)Genetic connectivity of the coral-eating sea star Acanthaster planci during the severe outbreak of 2006-2009 in the society islands,  French Polynesia. 
(25) 東京湾におけるクロアナゴとダイナンアナゴの食性
(26)Plasma insulin levels are regulated by release, rather than transcription or translation, in barfin flounder, Verasper moseri
(27)Geographic variation in long-term trajectories of change in coral recruitment: a global-to-local perspective
(28)小型海藻藻場の重要性と磯焼け域におけるその回復の試み
(29)サンゴ礁無脊椎動物における集団遺伝解析による種分化および幼生分散の推定 Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(30)Population genetics of a “cosmopolitan” coral species Acropora hyacinthus in the Kuroshio region (Taiwan to Japan)
(31)トラフグ人工種苗における倍数性変異現象について-4 -倍数性変異体の生物特性-
(32)豊後水道・伊予灘周辺海域におけるタチウオの資源解析
(33)水産業の安定化を目指した種苗放流と資源管理の事例解析
(34)タチウオひきなわ漁業の特性-大分臼杵の特長-
(35)サンゴと褐虫藻の初期共生 ~感染した褐虫藻によって変化する事しない事~
(36)効率的生産技術の開発
(37)沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-6. 厚岸海域の複合生態系におけるニシンの初期生残
(38)耳石標識技術の再検討1:試薬ALCの溶解方法
(39)
(40)
(41)
(42)
(43)親子判別のためのmtDNAのSNPsマーカーおよびMSマーカーの開発
(44)出口に向けた水産総合研究-豊後水道域のタチウオひきなわ漁業を例として-
(45)絶滅のおそれのある海洋生物の選定・評価(クエ)
(46)平成26(2014)年度ヒラメ日本海北・中部系群の資源評価
(47) 平成26年度種苗放流による資源造成支援委託事業年度報告書
(48)  脱落しにくい魚類用装着型外部標識の探索とサンゴ礁域における脱落率の推定
(49) Changes in Abalone and Sea Urchin Populations in Rocky Reef Ecosystems on the Sanriku Coast Damaged by the Massive Tsunami and Other Environmental Changes Associated with the Great East Japan Earthquake in 2011
(50)クエの鱗および耳石の輪紋を用いた年齢査定方法の検討
(51)トラフグ伊勢・三河湾系群の再生産成功率変動に関わる海洋環境変動
(52)Habitat change in early life stages of Pacific herring Clupea pallasii
(53)国内外の漁獲動向と曳き縄漁業の位置づけについて
(54)The Trends of Seafood Consumption in Japan and Practices to Boost the Consumption
(55)石西礁湖における光合成有効放射 (PAR) の鉛直消散係数
(56)マアナゴ仔魚の回遊ルート ~外洋生活期の分布水深からの考察~
(57)沿岸域における漁船漁業ビジネスモデルとは
(58)クエ天然魚の鱗と耳石による年齢査定
(59)石垣島浦底湾における水柱chl. a濃度の季節変動
(60)
(61)
(62)
(63)
(64)日本海北区広域連携ヒラメ調査報告書(平成26年度)
(65) 平成26年度沖縄沿岸域の総合的利活用推進事業に関する委託事業 沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明 細目1:漁場環境と魚類相の関係の解明
(66) 流動モデルと空間モデルの統合解析による生活史の解明
(67)The impact of distribution change on fisheries in Southeast Asia: a case study in the Batan Estuary, Aklan, Central Philippines
(68)震災後のエゾアワビ資源回復に向けた取り組みについて
(69)トラフグ伊勢・三河湾系群の資源変動に及ぼす初期生活史の影響の考察:人工ふ化仔魚の生物特性からの検討
(70)DYNAMICS OF TWO JAPANESE FLOUNDER (PARALICHTHYS OLIVACEUS) STOCKS IN NORTHERN JAPAN
(71)アワビ資源管理・保全におけるDNAマーカーの活用
(72)三陸サケ回帰率回復に向けた食料生産地域再生のための先端技術展開事業での取組
(73)宮城県沿岸のアラメ群落における東日本大震災後の変動
(74)オホーツク海の流氷分布の年変動が沿岸域の海洋環境に及ぼす影響
(75)仔魚期における24時間連続照明がオニオコゼの生残・成長に与える影響
(76)
(77)
(78)
(79)
(80) 平成26年度中央ブロック水産業関係研究開発推進会議 第4回太平洋中海域トラフグ研究会 報告書
(81)魚類の放射性物質濃度と生態の関係
(82)放流魚の身分証明書「標識」の開発と応用技術【連載第1回】~外部標識のメリットとデメリット~
(83)仙台湾におけるセイシュの特性および発生機構に関する研究
(84) 岩手県沿岸におけるエゾアワビの稚貝密度と親貝密度との関係
(85)Possible involvement of Tachylectin-2-like lectin from Acropora tenuis in the process of Symbiodinium acquisition
(86)2013年春季の日本海北中部におけるマイワシの産卵状況
(87)Integrated 2-way fisheries information feedback system for squid jigging operations
(88)オホーツク海の深海底魚漁場において海中ロボット観察調査可能な底魚資源
(89)サンゴ礁におけるヒフキアイゴのペア形成•行動圏•空間分布
(90)沿岸域における漁船漁業のビジネスモデルと研究会
(91)気候変動下のサンゴ礁 ~なぜサンゴは白化するのか?~
(92)石垣島沿岸域におけるオニヒトデ産卵期の植物プランクトン環境
(93)Demersal fish stocks observed by underwater robot on the deep-sea fishing ground in the southwestern Okhotsk Sea
(94)ノトイスズミの摂餌活動の日周性に関する水槽実験
(95)エゾ・クロアワビの境界域個体群の遺伝的特徴
(96)ヒラメ当歳魚における複数の生息場所利用と食性比較
(97)瀬戸内海沿岸部におけるトラフグ着底稚魚の出現と消化管内容物
(98)タイランド・ラヨン県における漁業構造
(99)
(100)
(101)
(102)
(103)
(104)ニシン班の研究成果と次年度計画
(105) サンゴ礁域沿岸漁業資源の資源・生態特性の解明
(106) 平成26年度沖縄沿岸域の総合的利活用推進事業に関する委託事業 沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明 細目2:藻食魚類がもつサンゴ着生促進の可能性の解明
(107) 平成26年度沖縄沿岸域の総合的利活用推進事業に関する委託事業 沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明 細目4:成育場をもつ魚類の幼魚期の生態の解明
(108)クエの系群構造と資源動向の把握
(109)生息地モデルの海洋生物への応用可能性の検討と冷水性サンゴ類への適用
(110)Vertical distributions of large ontogenetically migrating copepods in the Oyashio region during their growing season
(111) Genetic isolation among populations of the landlocked freshwater shrimp Macrobrachium yui in the Mekong River basin
(112)Moderate Thermal Stress Causes Active and Immediate Expulsion of Photosynthetically Damaged Zooxanthellae (Symbiodinium) from Corals
(113) Identification of spawning sites for the tiger puffer Takifugu rubripes in Nanao Bay, Japan, using DNA analysis.
(114)Heterogeneous Preference of Japanese Consumers for Ecolabeled Seafood: Latant Class Model with Panel Data
(115)サンゴからの褐虫藻放出パターンとサンゴ内褐虫藻の細胞分裂周期
(116)内湾における環境変動と仔稚魚の動態
(117)有機物の有効利用
(118)水産総合研究としての出口
(119)流通実態と流通戦略
(120)低温飼育で空ウニを良いウニに変える-II 7.5℃での飽食および絶食飼育
(121)
(122)マガレイ稚魚調査結果のまとめおよび年級豊度の検討
(123)みずほ丸によるヒラメ・マダイ等幼稚魚加入量調査結果
(124)流通実態と流通戦略
(125) あまだい漁獲資料解析の試み2 卓越年級群発生の謎解明に向けて(宮崎編)
(126) 平成26年度沖縄沿岸域の総合的利活用推進事業に関する委託事業 沿岸性魚類の行動生態と生態的機能の解明 細目3:主要沿岸魚類の新たな成育場の探索
(127)長崎県五島市福江島のハタ類フィ-ルドガイド
(128)再生藻場の水産涵養効果について(イセエビ・アワビ類②) Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(129)海洋生物レッドリスト掲載候補種の調査・検証報告書
(130) 生態系ネットワーク修復のよる持続的な沿岸漁業生産技術の開発、暖流系アワビ類生息域における漁場修復による資源再生技術の開発、藻場造成に関わる適地選定と低コスト・低労力化に向けた技術開発  
(131)オニオコゼの背鰭の棘を毛抜きで抜いて標識を施す技術
(132) 水産業の安定化を目指した種苗放流と資源管理の事例解析
(133)Expulsion of zooxanthellae (Symbiodinium) from several species of scleractinian corals: comparison under non-stress conditions and thermal stress conditions
(134)Establishment of Coral–Algal Symbiosis Requires Attraction and Selection
(135)The effect of spine postures on the hydrodynamic drag in Epinephelus ongus larvae: the behavioural ability of grouper larvae may allow control over dispersal.
(136)Molecular and functional characterization of opsins in barfin flounder (Verasper moseri)
(137)Lateral and temporal variations in Fukushima Dai-ichi NPP-derived 134Cs and 137Cs in marine sediments in/around the Sado Basin, Sea of Japan
(138)Larval growth, development and duration in terrestrial hermit crabs
(139)ミトコンドリアDNA解析で明らかになった日本産オハグロガキ属の多様性ー西表島を中心にー
(140)道東厚岸海域におけるアサリ幼生量と稚貝量の関係
(141)マツカワにおける非破壊的性判別法開発を目的とした血液および粘液中ビテロジェニンの周年変化の解明
(142)酸素安定同位体比によるエゾアワビ貝殻表面障害輪の形成時期の解明
(143)相模湾長井地先におけるガンガゼ類の分布密度と種組成の変動
(144)Status of abalone resources before and after the Great East Japan Earthquake along the coast of northeastern Japan
(145)資源解析
(146)異なる環境下におけるミドリイシ属サンゴの着生後生残比較
(147)仙台湾におけるセイシュの特性について
(148)資源評価における放流魚の添加効率の算出方法について
(149)Influences of temporal change of sea-ice distribution on oceanographic environments in the coastal region around Mombetsu, the southwestern Okhotsk Sea
(150)石垣島石西礁湖の水柱に出現する褐虫藻
(151)市場に水揚げされた海面漁獲サケからの採卵の試み
(152)耳石標識技術の再検討2:ALCがニシンに及ぼす影響
(153)沖縄県八重山市場におけるブダイ科魚類のセリ値変動要因
(154)
(155)
(156)
(157)
(158)深所個体群の有効利用技術の開発
(159)イスズミ類の行動特性について Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(160)仙台湾における食物網構造の時空間的変化
(161) 生態系ネットワーク修復による持続的な沿岸漁業生産技術の開発、エゾアワビおよび藻場の再生産ネットワーク構造の解明と再生による資源造成技術の開発、藻場回復の適地選定手法の開発とその実証  
(162)Tandem repeat arrays in the mitochondrial genome as a tool for detecting genetic differences among the ark shell Scapharca broughtonii.
(163)宮古湾で再捕されたニシンの年齢と産卵回帰
(164) Estimation of spawning migration distance of the white-streaked grouper (Epinephelus ongus) in an Okinawan coral reef system using conventional tag-and-release
(165)Age, growth, and reproductive biology of blacktail snapper, Lutjanus fulvus, around the Yaeyama Islands, Okinawa, Japan
(166) 岩手県沿岸に生息するエゾアワビの貝殻内唇断面に形成される障害輪の年齢形質としての有効性
(167)Larval development of the land hermit crab Coenobita violascens Heller, 1862 (Decapoda, Anomura, Coenobitidae) described from laboratory-reared material
(168) Life history characteristics of the fluvial shrimp Macrobrachium yui (Holthuis,1950) (Decapoda, Palaemonidae) spawning in the cave streams in northern Laos
(169)トラフグ・マーケティング戦略構築のための消費者分析-消費地及び天然トラフグ産地東海地方における消費特徴の解明-
(170)トラフグ伊勢•三河湾系群の生活史及び資源変動の特徴
(171)砂礫泥底に広がる「サンゴの森」の維持・再生に向けて―有性生殖を利用した持続的増殖の試み―
(172)高成長家系魚
(173)トラフグの資源量と海洋環境の関係についてⅢ
(174)新潟県北部沿岸域におけるアカムツの分布特性
(175)安定同位体比を用いた食物網解析
(176)沿岸複合生態系の構造と生物生産機能-8 エゾアワビの成長に伴う生息場の変化とその要因
(177)
(178)
(179)
(180)
(181)
(182)
(183)
(184)Report of the research on the larval migration of the Japanese eel Anguilla japonica in the Philippine Sea from the spawning area to the western boundary
(185)ナガコンブ資源と海洋環境~ナガコンブの不良要因を考える~(講演)
(186) 着底初期の漁場環境がもたらすボトルネックの特定とその解消技術の開発
(187)カニュレ-ションによる生殖腺産物の採取方法
(188)(公社)日本水産学会漁業懇話会報No.65 沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究
(189)暖流系アワビに対するタイプ別藻場の機能と適正な空間配置の推定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat