(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発

課題番号2014025680
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(イ)沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(イ)藻場で食害軽減手法を、干潟で魚類産卵適地を、砂浜で海岸構造物や養浜工等の問題点をそれぞれ検証・評価するため、藻場では、ガンガゼ摂餌量とカジメ生産量の関係を解析して、カジメ藻場復元にはガンガゼ密度を10 尾/㎡未満とすることが妥当であると試算された。このガンガゼ密度を基準とすることによって、より効率的な駆除が可能となった。藻場の機能については、大型海藻の衰退とともにイセエビの稚エビ密度が低下することを実証した。干潟については、燧灘の漁場におけるアサリの保護、育成に適した被せ網等の効果の実証試験を実施するとともに、大阪湾で幼生の移動様式(生活史ネットワーク分断)がアサリ資源の減少要因の一つであると推定した。砂浜について、海浜変形モデルの精度向上及び海岸構造物や養浜工等の問題点を解明するため、鹿島灘及び房総沿岸域を対象としたチョウセンハマグリ浮遊幼生の時空間変動特性等の把握を進め、産卵量と幼生・稚貝の移動等を考慮した潜在的な加入量(理論値)の両者が実際の加入状況を決定することを明らかにした。餌料生物の分布と環境との関連を解析し、小型甲殻類は砂浜沖の傾斜が緩やかで浅海域の広い水域で豊富であることを明らかにした。また、東部瀬戸内海を対象とした低次生態系モデルを開発し、栄養塩濃度等の季節変動を再現するとともに、気象や漁場環境がベントスを含む低次生態系に及ぼす影響を解析したアサリに関する成果を基に、瀬戸内海の干潟等で、被せ網等によるアサリ保護・育成技術の実証試験を漁業協同組合が実践した。本研究課題の成果は、沿岸域の漁場環境の保全及び修復技術の開発、並びに資源回復による地域水産業の振興等に繋がると期待される。
研究分担小畑泰弘
岡村和麿
堀正和
内田基晴
石原賢司
伊藤篤
高見秀輝
桑原久実
阿保勝之
丹羽健太郎
浜口昌巳
菅谷琢磨
村田裕子
高田宜武
山田勝雅
松山幸彦
樽谷賢治
坂西芳彦
辻野睦
吉田吾郎
協力分担関係北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
港湾航空技術研究所 沿岸環境研究チーム
独立行政法人国立環境研究所
予算区分水産庁・その他 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1) Mass mortality event of the blood cockle, Anadara granosa, in aquaculture ground along Selangor coast, Peninsular Malaysia
(2)五島列島北部小値賀町におけるマダカアワビ漁獲量推定の試み
(3)日本沿岸におけるホンダワラ類の現存量に関する文献調査
(4)魚類によるアサリ食害について −特にクロダイによるアサリ食害とその影響および食害防除−
(5)鹿島灘〜九十九里砂浜沿岸における夏期の海底堆積物有機物含有量
(6)瀬戸内海における栄養塩管理に関する研究
(7)アンサンブルシミュレーションを用いた仙台湾におけるアカガイ幼生の着底成功率の推定
(8)藻場の分布変化予測-日本海沿岸の藻場に及ぼす温暖化の影響評価-
(9)東部瀬戸内海における栄養塩の動態とノリ養殖等のための栄養塩管理
(10)三浦半島長井における大型アワビ類とトコブシの稚貝生長・生残の比較
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)モデル海域におけるネットワ-ク分断箇所の特定
(17)生活史ステージ間の移動分散を考慮したカレイ類の空間資源解析技術の開発
(18)砂質浅海域における環境および生物多様性調査PartⅡ
(19) 平成26年度環境省請負業務結果報告書 有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝類の減少要因解明等調査)
(20)平成26年度瀬戸内海ブロック浅海定線観測等担当者会議議事録
(21) メイオベントスの多様性評価
(22)Genetic diversity and population structure of pronghorn spiny lobster Panulirus penicillatus in the Pacific region.
(23)Trophic magnification of polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in an estuarine food web of the Ariake Sea, Japan
(24)Distribution of Donax semigranosus and other bivalves in sandy shore swash zones along the Japan Sea coast of Honshu
(25)Assessing depth-integrated phytoplankton biomass in the East China Sea using a unique empirical protocol to estimate euphotic depth
(26)小型海藻藻場の重要性と磯焼け域におけるその回復の試み
(27)有明海奥部海域の浮泥について―二枚貝類に影響を及ぼす浮泥の層厚測定と化学特性の把握―
(28)大分県南部に生息する遺伝的、形態的に特異なタイラギ集団
(29)中海本庄工区における大型海藻の堆積がアサリの個体群サイズに与える影響
(30)日本海沿岸における褐藻コンブ目の分布変化予測
(31)
(32)
(33)2-(2)マクロベントスの多様性評価
(34)細菌類の多様性評価
(35)瀬戸内海における適正な栄養塩供給による漁場改善実証試験
(36)平成26年度海洋調査実施経過報告
(37)Annual report of western Seto Inland Sea (Core Site)
(38)モニタリングサイト1000沿岸域調査:アマモ場調査
(39)水温に左右されるサケ科魚類の生活~地球温暖化の影響を考えるために~
(40)海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:カレイ科1,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省 
(41)石西礁湖周辺海域における陸源負荷の影響評価 メタゲノミクスによる推定
(42)Vertical zonation and aggregated distribution of the Manila clam on subtidal sand flats in a coastal brackish lagoon along the Sea of Japan
(43)日本国内6地点におけるアサリの生殖周期
(44)アマモ場の‘見えざる’機能と沿岸漁業
(45) 長崎県壱岐市郷ノ浦町地先におけるクロメ群落の現存量および生産量の季節変化
(46)褐藻コンブ目ネコアシコンブArthrothamnus bifidus (Gmelin) Ruprecht胞子体の生長速度
(47)Effects of environmental factors on the density of three species of peracarid crustaceans in micro-tidal sandy shores in Japan
(48)瀬戸内海西部の屋代島,平郡島における海藻藻場の特性 一特にホンダワラ類とクロメの垂直分布について一
(49)Temperature requirements for growth and maturation of the warm temperate kelp Eckloniopsis radicosa (Laminariales, Phaeophyta)
(50)Characteristic of Si:P:N ratio in bottom water in central Suo-Nada, western Seto Inland Sea
(51) 長崎県壱岐市郷ノ浦町地先における食害を受けたクロメの葉状部の再生について
(52)伊勢湾アサリ資源回復モデルを用いた対策効果の評価
(53)NPP衛星の利用について
(54)東部瀬戸内海における底泥からの栄養塩の溶出フラックス
(55)カジメ藻場に対するガンガゼの採食圧の検討
(56)ノリ養殖場における香川方式ノリスカートを用いた施肥-2.降雨の影響
(57)Biologプレートを用いたアサリ漁場の特性評価
(58)6.浅海域の波浪環境がアサリの生息に与える影響とその対策
(59)2013年夏期(6~9月)有明海における二枚貝浮遊幼生の出現調査
(60)瀬戸内海における環境施策の評価と今後の栄養塩管理
(61)貝類の海洋酸性化影響評価実験
(62)個体数x種数による干潟マクロベントスの多様性評価
(63)寄生-宿主間の栄養関係に関する研究のこれまでとこれから:アサリ-カイヤドリウミグモを事例に
(64)実験池内におけるアサリ成貝の長期飼育方法の検討
(65)
(66)
(67)
(68)
(69)
(70)水産基盤整備調査委託事業「干潟餌生物環境の物理条件解明」
(71)海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:トラギス科1,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省 
(72) 2-(3) 安定同位体比による漁場環境及び生物多様性の評価 2-(3)-1 干潟域における環境及び生物多様性調査
(73)本州日本海側の砂浜汀線域における二枚貝類の分布と砂浜立地環境の関係
(74)平成26年度宍道湖におけるヤマトシジミの再生産機構に関する調査研究報告書
(75) 2-(3) 安定同位体比による漁場環境及び生物多様性の評価 2-(3)-2 岩礁藻場における環境及び生物多様性調査
(76)国内アサリ漁場における生産性と生物多様性の比較
(77)平成26年度海面養殖業振興対策事業のうち 新たなノリ色落ち対策技術開発のうち 「沿岸海域の栄養塩管理技術の開発委託事業」成果報告書
(78)平成26年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業「漁場生産力向上のための漁場改善実証試験」報告書
(79) 水産基盤整備調査委託事業年度報告書(アサリ資源回復モデルの開発と実証)
(80)Effects of ocean acidification on the early developmental stages of the horned turban, Turbo cornutus
(81)飼育したケガニ幼生の走行性,鉛直分布,体密度と外部形態の発育に伴う変化
(82)Dissolution of silica accompanied by oxygen consumption in the bottom layer of Japan's central Seto Inland Sea in summer
(83)Partial revision of Japanese Pectinariidae (Annelida: Polychaeta),including redescriptions of poorly known species
(84)Mortality of juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus caused by scavenging amphipods and ostracods in trap experiments
(85)硝酸塩センサーを用いたノリ漁場栄養塩テレメトリーシステムの開発
(86)Shift from bottom-up to top-down control of the algal community due to climate change: impacts on the Japanese spiny lobster in southwestern Japan
(87)瀬戸内海の動物プランクトン-現存量,群集構造の現状
(88)アサリが取れていた時代の瀬戸内海は豊かな海であったのか?
(89)1.2.有明海における主要二枚貝資源の現状と想定される変動要因
(90)Biologプレートを用いたアサリ漁場の特性評価の検討
(91)周防大島・厨子ヶ鼻のヒジキの群落生態 〜上手に刈れば収穫増える?
(92)伊勢湾内のアサリの成熟と産卵状況
(93)デジカメでみた各地の干潟
(94)周防灘における栄養塩の挙動
(95)3)魚介類の資源需要と適切な保育場規模の推定
(96)宮城県沿岸のアラメ群落における東日本大震災後の変動
(97)広島湾のグリーンタイドにおけるアオサ属2型の季節的遷移と成長特性
(98)植食性魚類ノトイスズミの胃内容物組成の季節変化
(99)
(100)
(101)海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:ハゼ科4,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省
(102)マレーシアにおけるハイガイ養殖の生産阻害要因
(103)定量評価に向けた統計解析の利用と調査設計方法の提案~干潟浅海域における研究を事例として~ 
(104)砂質浅海域における環境及び生物多様性調査 Part I
(105)微小生物および魚類の多様性評価 総合解析
(106)【情報提供】生態系ネットワークの再生によるアサリ資源回復・生態系修復技術の開発
(107)海洋生物レッドリスト掲載候補種の調査・検証 イセエビ
(108)瀬戸内海ブロック海域における海況の経過
(109)シミュレーションによる栄養塩動態の把握とノリ養殖のための栄養塩管理
(110)生態系ネットワークの修復と景観の再生によるカレイ類の資源回復・生態系修復技術の開発
(111)海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:キス科1,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省 
(112)春藻場等が魚類群集に及ぼす影響の評価
(113)本州日本海側の砂浜汀線域における二枚貝類の分布と砂浜立地環境の関係
(114) 二枚貝生息に浮泥が及ぼす影響の解明調査
(115)アサリの非対称殻模様出現頻度における地域差
(116)砂浜海岸汀線域における簡便な漂砂挙動判別法によるナミノリソコエビHaustorioides japonicus分布沖側下限の推定
(117)Ecosystem responses to anthropogenic activities and natural stressors among inland, shelf and oceanic waters in the western North Pacific
(118)Why do young Japanese spiny lobsters aggregate in sea anemone colonies?
(119)2013年台風26号により更新された中津干潟土砂のコンパクション
(120)アサリの生産量が異なる5漁場の比較―アサリの生産量と貧(富)栄養化指標及び安定同位体比との相関
(121)カイヤドリウミグモの寄生強度と宿主アサリの生残率と活力の関係:ウミグモ寄生がアサリ資源を減少させたのか?
(122)Spatial non-variability in stable carbon isotope ratio of juvenile stone flounder (Kareius bicoloratus) in Seto Inland Sea
(123)礫浜汀線域の土砂環境把握のための基礎的実験的研究
(124)定量評価にむけた統計解析の利用と調査設計方法の提案~干潟浅海域における研究を事例として~
(125)伊勢湾内を浮遊するアサリ
(126)閉鎖性海域における栄養塩と生物生産との関係
(127)ノトイスズミの摂餌活動の日周性に関する水槽実験
(128)瀬戸内海の小型底曳き網漁業CPUEの変化
(129)
(130)
(131)東京湾の漁業と環境 第6号
(132)東部瀬戸内海における窒素・リンの動態解明と栄養塩管理技術の開発
(133) 共同研究「沿岸域総合管理に向けた物理・環境評価に関する数値計算手法の開発・高度化」報告書
(134)貧栄養化した漁場でアサリの生産性が低いことを特定
(135)ノトイスズミの春季における行動特性を把握
(136)農林水産技術会議委託プロジェクト研究「生態系ネットワーク修復による持続的な沿岸漁業生産技術の開発」平成26年度研究報告
(137)Isolation and characterisation of 23 microsatellite markers for marbled sole, Pleuronectes yokohamae
(138)Occurrences of the Indo-West pacific rock oyster Saccostrea cucullata in mainland Japan
(139)瀬戸内海東部海域の栄養塩低下とその低次生物生産過程への影響
(140)Environmental and spatial controls of macroinvertebrate functional assemblages in seagrass ecosystems along the Pacific coast of northern Japan
(141)Genetic diversity of regenerated eelgrass population at Nojima Coast in Tokyo Bay
(142)長崎市沿岸の藻場における海水特性と五島灘東部の塩分フロント
(143)山口県周防大島町和田地先の2つの増殖礁群における漁場景観と魚類涵養機能
(144)Distribution of ammonia-oxidizing archaea and bacteria in coastal sediments of the Sendai Bay in Japan
(145)中津干潟の小型巻貝類に付着するカキ類の生態調査
(146)有明海奥部西部海域における酸素消費過程
(147)デジカメによるアサリ漁場の観察-干潟を訪れる魚の撮影
(148)Millenary blue carbon extracted from temperate seagrass-bed sediments using DNA markers
(149)Insights into the host-parasite relationships between the Manila clam and sea spider revealed by stable isotope analyses
(150)日本沿岸の藻場とその保全
(151)干潟よりよく育つ垂下養殖アサリ
(152)デジカメ等による干潟撮影観察手法の紹介
(153)有明海奥部における酸素消費過程~有機物の分解時の酸素消費は重要なのか?~
(154)平成26年度活動報告と東京湾研究会の設立経緯・歴史(構成員の情報共有)
(155)アマモ場における移入種増加が生態系機能にもたらす変化について
(156)イセエビフィロソーマの無換水飼育における数種微細藻の添加効果
(157)次世代シークエンサーを用いたアサリのミトコンドリアDNA解析
(158)相模湾長井地先の人工礁と天然礁における底生生物群集の変化
(159)有明海におけるタイラギ資源の長期変遷 ‐過去30年の記録からみる個体群特性の変遷と資源量減少の関係‐
(160) 海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:ハゼ科3,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省
(161)再生藻場の水産涵養効果について(イセエビ・アワビ類②) Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(162)瀬戸内海におけるノリ養殖等のための栄養塩管理に向けて
(163)瀬戸内海における海況の長期変動特性
(164)On the fourth Diadema species (Diadema-sp) from Japan.
(165) Organic matter production response to CO2 increase in open subarctic plankton communities: Comparison of six microcosm experiments under iron-limited and -enriched bloom conditions
(166) 瀬戸内海周防灘中津干潟における絶滅危惧種アオギスSillago parvisquamis(キス科)の最新の生息状況(2011-2013年)
(167)A novel paramyxean parasite, Marteilia granula sp. nov. (Cercozoa), from the digestive gland of Manila clam Ruditapes philippinarum in Japan.
(168)相模湾長井地先におけるガンガゼ類の分布密度と種組成の変動
(169)冬季の東部瀬戸内海における栄養塩環境
(170)アサリの生産量の低減は海域の貧栄養化と強く関連―アサリ漁場の全国比較から
(171)陸起源粒状有機物の特性と動態ー大型河川が有明海に与える影響とは?
(172)アオスジガンガゼと間違われてきたガンガゼの一種
(173)
(174)
(175)生態系ネットワークの再生によるアサリ資源回復・生態系修復技術の開発
(176)松永湾におけるアサリの資源増大に向けた取り組み
(177) 1-(2) 岩礁海域における環境及び生物多様性調査
(178)イスズミ類の行動特性について Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(179)長崎県小値賀町地先における藻場の消長と暖流系アワビ類3種の漁獲量の変遷
(180) 有明海奥部における貧酸素水塊モニタリングの高度化
(181) 有明海奥部における物質循環過程の解明と二枚貝類による漁場修復効果の評価
(182)海洋の生物多様性と生態系サービス:沿岸域における生態系サービスの持続的利用と生物多様性の保全との調和に向けて
(183)ノリ養殖海域としての東京湾の海域評価―複数機関のデータを活用した海域の類型化と水環境特性の検討―
(184) ミャンマーから日本に輸入された小型エビ類の現地商品名との対応
(185)The potential biodiversity of Ayu, as evidenced by differences in its early development and growth between Vietnam and Japa
(186)Ruditapes philippinarum mortality and growth under netting treatments in a population-collapsed habitat
(187) 2013年に発生した長崎県壱岐市郷ノ浦町地先におけるアラメ・カジメ場の衰退過程について -夏季の高水温による発生と秋季の食害による拡大-
(188) Spawning season and larval occurrence of blood cockle (Anadara granosa) off the Selangor coast, Peninsular Malaysia
(189)伊勢湾松阪海域における天然アサリ稚貝放流後の生残成長の条件
(190)タイラギ3型の形態的種判別基準の検討:表現型か,遺伝子型か?
(191)画像からの測定と実測によるアサリ殻長測定結果の比較
(192)有明海奥部のカキ礁と周辺泥干潟の底生生物群集の比較
(193)沿岸域のブルーカーボン評価:藻場のCO2吸収量・固定プロセスの解明
(194)内湾域における微小動物プランクトン ー小さいからだで大きな役割ー
(195)日本の海藻事情
(196)本州日本海側の砂浜汀線域に分布する二枚貝類と砂浜環境
(197)瀬戸内海周防灘底層水中のケイ酸塩、リン酸塩、溶存無機態窒素比について
(198)正か?負か?:大型海藻の堆積がベントスに与える直接・間接効果の検証
(199)CTDによる塩分計測値に及ぼす懸濁物質の影響
(200)アサリ漁場干潟に生息する海産自由生活性線虫類
(201)
(202)
(203)
(204)遺伝子を用いたカレイ類のネットワ-ク構造評価技術の開発
(205) 海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕:ハゼ科2,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省
(206)ナガコンブ資源と海洋環境~ナガコンブの不良要因を考える~(講演)
(207) 二枚貝類生息に浮泥が及ぼす影響の解明調査
(208) 平成26年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業赤潮・貧酸素水塊対策推進事業九州海域での有害赤潮・貧酸素水塊発生機構解明と予察・被害防止等技術開発報告書2.有明海における貧酸素水塊による漁業被害防止対策
(209)瀬戸内海地区アサリ情勢報告
(210)仙台湾におけるセイシュの特性について
(211)三次元GISによる地形情報に基づくカレイ類の好適な生息景観構造と生息地間結合度の評価技術の開発
(212)海洋生物のレッドリスト チェックシート〔魚類〕: アイナメ科1,日本の絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト〔海洋生物:魚類〕.環境省 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217032
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat