(ウ)内水面の資源及び環境の保全と持続可能な利用技術の開発

(ウ)内水面の資源及び環境の保全と持続可能な利用技術の開発

課題番号2014025681
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(ウ)内水面の資源及び環境の保全と持続可能な利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ウ)天然魚と放流魚の包括的資源管理・増殖手法を開発するため、過去10 年間のイワナ個体数を生命表にまとめ、当歳魚減耗要因を加味した資源変動予測モデルを構築した。ヤマメは、強い警戒行動を示す個体ほど放流後に高い生残率を示した。ニホンウナギの絶滅確率を試算した結果、レッドリストの絶滅危惧IB 類には該当しないと判断された。ウナギの生息していた環境の履歴を詳細に解析して、保全すべき場を特定するため、水槽実験において塩分と耳石のSr/Ca 比(ストロンチウムとカルシウムの濃度比)との関連を解析した。ニホンウナギでは産卵回遊中の浅深移動は、日出・日没のタイミングに精確に支配されていた。河川におけるウナギの生息密度は、河口に近いほど、また、河岸の自然度が高いほど高かった。全国のシラスウナギの来遊盛期は2~4 月、銀ウナギの出現盛期は9~12月であった。相模川と台湾のウナギ集団間の遺伝的な差は小さかった。アユは、25cm 以上の浮き石が存在する水域で多かった。水温上昇に対応したワカサギの増殖手法として、飼育池への施肥後は手をかけずにワムシやミジンコ等の餌生物を供給できる、零細漁協でも導入可能な粗放的な種苗生産技術を開発した。外来魚駆除に取り組み、3 湖沼でオオクチバスの生息数を20個体以下に抑制した。ブラウントラウトがニジマスを競争排除し定着すること、その置換は流速が速い環境ほど生じやすいことを明らかにした。遊漁を介した生態系サービス改善手法について、アユの分散放流と集中放流が友釣りに及ぼす影響を解析した結果、費用対効果(漁期中釣獲数/放流コスト)は放流密度2.1 尾/㎡で最大となった。内水面漁業協同組合の運営事例を収集・解析し、アユ型より渓流魚型の事業形態をとる漁協の経営が良好であることを明らかにした。ウナギの資源生態に関する成果が、ウナギ資源管理の国際的枠組構築のための重要な情報として、東南アジア諸国連合地域集会やアジア太平洋経済協力円卓会議の席で活用された。本研究課題の成果は、内水面の資源及び環境の保全と持続可能な利用技術の開発、並びに内水面漁業の振興等に繋がると期待される。
研究分担鈴木俊哉
關野正志
岡本裕之
山本敏博
斉藤憲治
山口寿哉
矢田崇
坪井潤一
片野修
藤原篤志
山本祥一郎
箱山洋
中村智幸
宮本幸太
長谷川功
今泉均
予算区分水産庁・その他
業績(1)アユの生息環境における「大きな浮き石」の重要性
(2)Recent advance in ecological research for the Japanese eel Anguilla japonica.
(3)実証研究のためのモデル選択規準:自然の構造を理解する方法
(4)RAD-Seq法のニホンウナギ集団多型解析への利用
(5)日本南端域の沖縄県石垣島におけるシラスウナギの遡上調査
(6)平成26年度放流用種苗育成手法開発事業研究成果報告書
(7)水産庁事業による外来魚駆除マニュアルーオオクチバス,コクチバス,ブルーギルの最新駆除マニュアル
(8) 平成26年度水産庁委託「鰻供給安定化事業のうち遺伝情報を活用した鰻資源管理育種等技術開発事業伝情報」報告書
(9)養殖に適した形質を有するウナギ選別技術の開発
(10)「内水面資源生息環境改善手法開発事業」のうち「ウナギ試料の齢査定および生活環境等のとりまとめ」報告書
(11)平成26年度健全な内水面生態系復元等推進事業のうち「内水面資源生息環境改善手法開発事業」報告書
(12)Replacement of nonnative rainbow trout by nonnative brown trout in the Chitose river system, Hokkaido, northern Japan
(13)琵琶湖の生態系異変が漁業に及ぼす影響とその対策の検討
(14) 東京湾におけるクロアナゴとダイナンアナゴの食性
(15)A new drifting underwater camera system for observing spawning Japanese eels in the epipelagic zone along the West Mariana Ridge.
(16)河川分断化解消後に侵入を始めた外来種ブラウントラウトが在来種アメマスを駆逐した事例報告
(17)
(18)水温に左右されるサケ科魚類の生活~地球温暖化の影響を考えるために~
(19)29年間の禁漁期終了前後のサクラマスとブラウントラウトの生息個体数変化
(20)Detection of Japanese eel endothelial cells-infecting virus (JEECV) in the Japanese eel Anguilla japonica (Temminck & Schlegel), living in natural habitats.
(21)国内外来魚カワムツNipponocypris temminckiiの分布拡大
(22)Histological characteristics of the oocyte chorion in wild post-spawning and artificially matured Japanese eels Anguilla japonica.
(23)マアナゴ仔魚の回遊ルート ~外洋生活期の分布水深からの考察~
(24)
(25)渓流魚等における好適なカバーの構造解明に関する調査
(26)不妊化遺伝子搭載魚の増殖技術の基盤開発
(27)Do stocked hatchery-reared juveniles ecologically suppress wild juveniles in Salvelinus leucomaenis?
(28)Phylogeography of the salmonid fish, Dolly Varden (Salvelinus malma): multiple glacial refugia in the North Pacific rim
(29)Isolation and characterization of tri- and tetra-repeat microsatellite loci in the white-spotted charr Salvelinus leucomaenis (Salmonidae)
(30)The cormorant conflict is human problem; lessons from Japan
(31)遺伝子を用いた新たな外来魚の駆除手法の開発について
(32)ニホンウナギの日周鉛直行動に基づく位置推定
(33)
(34)
(35)RAD法によるSNP探索
(36) 内外からのシラスウナギのサンプリング
(37)ニホンウナギのゲノム情報整備
(38)遮光と給餌方法がヤマメの釣獲特性に与える影響
(39)来遊時期によるシラスウナギの生理学的差異
(40)
(41)
(42) 「生物多様性に配慮した漁業推進事業」 (2)希少海洋生物の実態調査 対象魚種:ウナギ年度報告
(43)東京湾の漁業と環境 第6号
(44)水産庁委託 鰻供給安定化事業のうち「鰻生息状況等緊急調査事業」平成25-26年度 報告書
(45) 異種ウナギ混入判別技術の開発
(46)遺伝子編集技術を用いた不妊化魚による外来魚の根絶を目的とした遺伝子制圧技術の基盤開発
(47)外来種である異種ウナギを国内の自然界に逸出させることを防止するための指針
(48)ヤマメ・アマゴの増殖には、稚魚放流、発眼卵放流、自然繁殖促進のどの方法が最も効果的か?
(49)サケ科魚類における外来魚問題~北海道と本州の比較~
(50)平成26年度活動報告と東京湾研究会の設立経緯・歴史(構成員の情報共有)
(51)フナ類の有性型・無性型集団の共存メカニズムの検証
(52)
(53)
(54)
(55)
(56)水産庁委託鰻供給安定化事業のうち「鰻生息状況等緊急調査事業」平成25-26年度 報告書日本におけるシラスウナギの来遊状況、ウナギの分布・生息状況、降りウナギの状況の把握
(57)Demographic survey of the yellow-phase Japanese eel Anguilla japonica in Japan.
(58)Eye structure and function in the giant freshwater prawn Macrobrachium rosenbergii
(59)Experimental analysis on the relationship between the population density of ayu Plecoglossus altivelis altivelis and fishery catch by ‘‘Tomozuri’’ angling
(60)Phylogeny and polyploidy: resolving the classification of cyprinine fishes (Teleostei: Cypriniformes)
(61)長野県の3湖沼におけるオオクチバス完全駆除の試み
(62)外来種の定着に対する外来種間の種間競争の影響-ニジマスとブラウントラウトの場合
(63)海洋におけるウナギの鉛直移動と照度との関係
(64)日本沿岸へ来遊するウナギ属シラスの簡易種査定とシラスウナギ(ニホンウナギ)の色素発育段階判定マニュアル
(65)誰でもできる外来魚駆除マニュアル
(66)「内水面資源生息環境改善手法開発事業」のうち「ウナギにおける行動追跡調査」報告書
(67)ニホンウナギの高密度遺伝連鎖地図を作製
(68)Prolactin and Upstream Migration of the Amphidromous Teleost, Ayu Plecoglossus altivelis
(69)Seasonal changes in gene expression of corticoid receptors in the two forms of Oncorhynchus mykiss.
(70)ニホンウナギ生息場としての中川河口域(利根川水系、東京)の河底地形分析
(71)内水面漁協における放流事業の収支評価方法の開発
(72)大型種苗の放流は被食リスクを低減できるか
(73)アユの生息にとって重要な河川環境とは?
(74)異種ウナギの逸出行動に影響する環境条件とよじ登り能力
(75)
(76)Report of the research on the larval migration of the Japanese eel Anguilla japonica in the Philippine Sea from the spawning area to the western boundary
(77)外来魚の繁殖抑制法の高度化と完全駆除技術の開発
(78)放流用種苗の性成熟状況
(79)不妊化遺伝子搭載魚の作出技術の基盤開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat