(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発

(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発

課題番号2014025684
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(カ)生態系における有害化学物質等の動態解明と影響評価手法の高度化及び除去技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(カ)実海域における調査で検出された有害性が懸念される主要な多環芳香族化合物(PAHs)のうち、分子量の大きい4 環のピレン及びクリセンを配合飼料に各々単独添加し、マコガレイへ経口投与して濃縮係数を求めた結果、マコガレイ中ピレン及びクリセン濃度は、配合飼料中濃度以上には濃縮されなかった。また、ピレン及びクリセンの濃縮係数は、2 環のナフタレンや3 環のフェナントレンに比べて小さかった。広島湾におけるPAHs 濃度の季節変動を観測し、変動要因を多重比較法により解析することによって予測環境中濃度の算出法を開発した。総PAHs 濃度は、主に懸濁物濃度と水温に影響されることが明らかとなった。瀬戸内海沿岸等の底質に含まれる化学物質を抽出し、海産生物を用いた毒性試験を実施した結果、抽出物は藻類や甲殻類に影響するが、魚類には毒性影響が認められなかった。抽出物の網羅的成分分析により検出された化学物質の毒性データから、抽出物の毒性値を推定し、実際の毒性試験で得られた毒性値と比較した結果、その比の平均は0.66であり、網羅的分析によって概ね半分程度の毒性を評価できると推定された。既往知見を整理・解析し、重油の水溶性画分に対する珪藻と鞭毛藻の感受性には大きな差異があり、珪藻がより強い影響を受けることを明らかにした。防汚物質ポリカーバメートに対する海産生物の感受性の種間差について、海産微細藻類ヘテロシグマ・アカシオ及びキートセロスには顕著な差は認められず、マダイはホシガレイより感受性が約10 倍高く、クロアワビはサザエ、イシダタミとほぼ同等でイボニシよりも高かった。海産ミミズを異なる温度で汚染底質に曝露し、遺伝子発現量の変化を調べた結果、薬物代謝に重要な酵素は、曝露温度が高いほど発現量が上昇した。25℃で飼育した場合、海産ミミズの成長も良く、底質浄化は夏季に効率よく進むことが示唆された。本研究課題の成果は、現場データ及び有害化学物質の影響評価知見等の集積に基づいた国等による化学物質の環境基準策定への貢献、汚染された環境の修復策の提言等に繋がることが期待される。
研究分担桑原隆治
伊藤克敏
持田和彦
河野久美子
隠塚俊満
田中博之
羽野健志
伊藤真奈
予算区分その他
業績(1)マダイ鰓の培養細胞を用いた赤潮プランクトンの毒性評価法の開発②:評価法の安定化、省力化の検討
(2)Regional variations in ecosystem responses to anthropogenic activities and natural stressors in the Seto Inland Sea
(3)防汚物質としても使用されている農薬2種の海産生物に及ぼす影響
(4)希少海産巻貝に及ぼす有害化学物質の影響評価
(5)広島湾表層海水における多環芳香族炭化水素類の季節変動
(6)瀬戸内海における化学物質の生態リスクを考える
(7)海産ミミズ添加による汚染底質中の多環芳香族炭化水素類の減衰と微生物群集の変化
(8)
(9)船底塗料用防汚物質 Irgarol 1051 の海産大型草類アマモに対する毒性
(10)マダイへのタウリン投与がカドミウムの蓄積・排泄に及ぼす効果
(11)防汚物質イルガロール1051のアマモに対する毒性影響
(12)Ecosystem responses to anthropogenic activities and natural stressors among inland, shelf and oceanic waters in the western North Pacific
(13)海産微細藻類に及ぼす有害化学物質の影響評価
(14)環形動物による有害物質分解機構の解明
(15)Distributions of polycyclic aromatic hydrocarbons and alkylated polycyclic aromatic hydrocarbons in Osaka Bay, Japan.
(16)Reproductive toxicity of 1-nitronaphthalene and 1-nitropyrene exposure in the mummichog, Fundulus heteroclitus
(17)マコガレイ飼育試験におけるナフタレンおよびフェナントレンの蓄積特性
(18)
(19)有害化学物質の予測環境中濃度の算出
(20)体内代謝物の網羅解析による有害化学物質の海産魚に対する影響評価
(21)大阪湾圏域の底質環境修復に向けた海産ミミズが有する有害化学物質削減能力の解明(その2)
(22)魚類肝臓メタボローム解析によるタウリンのカドミウム毒性軽減作用の解明
(23)毒性影響評価への肝臓メタボローム解析の適用~感受性の種間差の検証~
(24)防汚物質ポリカーバメートの巻貝類に対する毒性影響
(25)水生ミミズの季節変動と飼育条件に関する研究 -生物を用いた底泥浄化法の構築に向けて-
(26)健全底質の移設による底質浄化法の 現場適応に向けた検討
(27)海産ミミズの汚染物質分解に関わる 酵素遺伝子の発現量解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217036
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat