(ウ)病害の防除技術の開発

(ウ)病害の防除技術の開発

課題番号2014025687
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ウ. 持続的な養殖業の発展に向けた生産性向上技術と環境対策技術の開発
中課題(ウ)病害の防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ウ)国際獣疫事務局(OIE)総会や国内の魚病関係会議等に出席し、国内外の魚病発生状況を把握した。不明病等の依頼診断により、我が国で初めてザリガニのアファノマイセス症の発生を確認し、OIE へ通報した。エドワジエラ症に関して、養殖サイズのヒラメへの病原細菌の侵入口は吻端の外傷部であることを明らかにした。キンギョ造血器壊死症では、親子間の垂直感染は起こらないことを確認した。ハタ類のウイルス性神経壊死症では、種苗生産現場で垂直感染を防止する配偶子洗浄法の効果を実証した。食中毒の原因となるヒラメのクドア症では、対策として用水処理が有効であることを実証した。魚類免疫の各種解析ツールを作製し、マダイ、カワハギ及びイシダイの魚種間で感染防御抗原等の異同を明らかにした。赤血球封入体症候群では、ウイルスの構造タンパク質が感染防御抗原及び診断用抗原となることを明らかにした。コイヘルペスウイルス病では、ウロコの培養により宿主域を特定する簡易検査法を開発した。都道府県等の魚病担当者を対象に、診断技術認定テスト及び講習会を開催した。キセノハリオチス等重要疾病の確定診断を実施するとともに、OIE リファレンスラボとして、国内外へ試薬配布等を行った。防疫モニタリングでは、さけ・ます類親魚774 尾を検査し、一部からサケ科魚類ヘルペスウイルスが検出された。海産魚介類の親魚及び放流種苗等、合計約2,200 個体について、重要疾病の検査を実施し事業等に貢献した。サケアルファウイルスについては、ニジマス計930 個体を検査し陰性を確認した。コイ春ウイルス血症では、感染魚からのウイルス排出量を測定し半数致死量を求めた。種苗生産現場でウイルス性神経壊死症の垂直感染を防止する配偶子洗浄法の効果を実証するなど、成果を防除対策構築へ繋げた。また、ヒラメのクドア症の防除法に関する成果等は、行政部局によるガイドライン作成等に利用されることが期待される。
研究分担森広一郎
浜野かおる
三輪理
松山知正
高野倫一
坂井貴光
栗田潤
湯浅啓
佐藤純
森広一郎
河東康彦
川名守彦
嶋原佳子
稲田真理
伊東尚史
西岡豊弘
桐生郁也
米加田徹
佐藤純
尾崎照遵
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 水産庁・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他
業績(1)Detection and application of circular (concatemeric) DNA as an indicator of koi herpesvirus infection
(2)コイヘルペスウイルス(KHV)のコンカテマーゲノムを特異的に検出するPCR法の開発
(3)Virulence determinant of viral hemorrhagic septicemia virus genotype III isolate for rainbow trout Oncorhynchus mykiss
(4)Comparative genomic analysis of Candidatus Xenohaliotis californiensis detected in abalone species Haliotis spp. in Japan
(5)魚病細菌Edwardsiella tardaマダイ由来非定型株のゲノム解析
(6)
(7) ヒラメ等における疾病防除対策の現状と課題
(8)平成26年度実施細目「キンギョ造血器壊死症ウイルス(GFHNV)の効率的な防除法の開発」報告書
(9)感染状態のコイヘルペスウイルスを特異的に検出するPCR法の開発
(10)アユ冷水病原因菌Flavobacterium psychrophilumに対するワクチン開発のための全ゲノム解析
(11)魚類インターフェロンの機能解明による魚類疾病予防法の開発
(12)Role of CD4+ and CD8a T cells in protective immunity against Edwardsiella tarda infection of ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii
(13)Differences between domesticated Eurasian and Japanese indigenous strains of the common carp (Cyprinus carpio) in cortisol release following acute stressor
(14)Recombinant VP28 produced by cell-free technique confers protection in Kuruma shrimp (Marsupenaeus japonicus) against white spot syndrome virus
(15)Effects of experimentally induced infections of goldfish Carassius auratus with cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2) at various water temperatures
(16)Susceptibility of Amago trout, Oncorhynchus masou macrostomus (Günther) to an isolate of infectious salmon anaemia virus (ISAV)
(17)New Validated Rapid Screening Methods for Identifying Kudoa septempunctata in Olive Flounder (Paralichthys olivaceus) 
(18)魚病細菌のゲノム解析
(19)実験感染させたキセノハリオチス症原因菌の動態に及ぼす水温の影響
(20)CyHV-3による急性の死亡原因は低浸透圧ショックである。
(21)繁殖・種苗生産の学術トピックス〜魚病対策
(22)Cytokine Homologue Genes, VEGF, MIF and Astakine, in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus: Simulation of 3D structure, Gene Expression Analysis during WSSV Infection and Gene Knockdown
(23)アユ冷水病菌に特徴的な病原因子
(24)ジュズモ類との混合養殖に関わるウシエビ腸内細菌叢の解明
(25) 平成26年度サケ親魚病原体モニタリング結果
(26)農食研究推進事業「ウイルスフリー・クルマエビ家系の作出に関する技術開発およびその普及」
(27)日本のクルマエビ養殖と疾病防除の取り組みについて
(28) サケ科魚類の膵臓病(SAV)の国内浸潤調査
(29)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定 2.2) 免疫学的手法による抗原認識機構の解析 
(30)Fins are an applicable organ for PCR-based diagnosis of koi herpesvirus disease in clinical fish
(31)The sea squirt Styela clava is a potential carriear of the kinetoplastid Azumiobodo hoyamushi, the causative agent of soft tunic syndrome in the edible ascidian Halocynthia roretzi.
(32)Molecular Cloning and Expression Analyses of Multifunctional Cytokine, TGF-β Family, in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus
(33) 平成26年度水産増養殖関係研究開発推進会議「魚病部会」議事概要
(34) 感染したヒラメ排除のための効率的な検査法等の開発(中課題報告書)  
(35) カキヘルペスウイルスに対するリスク評価
(36) 水産用医薬品調査会への協力
(37) OIEリスト疾病のPCR陽性対照等の作成・配付
(38)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定 2.4) 魚種間における免疫関連遺伝子の発現動態の解析
(39)Protective efficacies and immune responses induced by recombinant HCD, atpD and gdhA against bacterial cold-water disease in ayu (Plecoglossus altivelis)
(40)Effect of booster shot and investigation of vaccination efficacy period against herpesviral haematopoietic necrosis (HVHN) in goldfish Carassius auratus
(41)Novel Cytokine Homologue Gene, VEGF: vascular endothelial growth factor, in Kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus: Gene Expression Analysis during Infection of Pathogen and Simulation of Dimer Formation Using Computational Methods
(42)クルマエビの精莢移植による人工交配:雌の脱皮周期と孵化率との関係
(43)ヒラメ筋肉に寄生する粘液胞子虫 Kudoa septempunctataの感染防除法に関する検討
(44)Detection of concatemeric DNA as an indicator of koi herpesvirus infection
(45) ヒラメ以外の魚種におけるクドアの感染状況調査(中課題報告書)
(46) コイヘルペスウイルス病技術認定テスト及び技術指導
(47) マダイのエドワジエラ・タルダ症ワクチン開発のための基礎的な知見の収集
(48) ヒラメのウイルス性出血性敗血症(VHS)について、簡易迅速罹病検査技術の有用性の検証
(49)平成26年度実施課題「大量死亡の原因(病原体、栄養障害、不適環境等)の究明および診断法、防除法等の対策設計」報告書
(50)キンギョヘルペスウイルス病のワクチン開発に成功
(51)膜透過性ペプチド(CPP)を用いた細胞内へのワクチン輸送に関する研究
(52)Abalone withering syndrome: distribution, impacts, current diagnostic methods and new findings
(53)Differences in the susceptibility of Japanese indigenous and domesticated Eurasian common carp (Cyprinus carpio),identified by mitochondrial DNA typing, to cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3)
(54)Pathogenesis of acute and chronic diseases caused by cyprinid herpesvirus-3
(55)Dopamine Receptor Genes and Evolutionary Differentiation in the Domestication of Fighting Cocks and Long-Crowing Chickens.
(56)Waterborne and cannibalism-mediated transmission of the Yellow head virus in Penaeus monodon
(57)鹿児島県内における養殖カンパチの眼球炎の発生傾向について
(58)Characterization of Cytokine Homologue Gene, IL-17, in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus: Gene Expression and Genomic Analysis
(59)Cytokine Homologue Genes in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus: VEGF, MIF , Astakine
(60)マダイイリドウイルスに対する抗体応答の魚種間比較
(61)レッドマウス病原因菌の感染性評価
(62) 特定疾病の検査・試験材料を作成・保存・配付
(63)ネコギギ卵のミズカビ対策
(64)比較メタゲノム解析とマイクロアレイを活用したアコヤガイ赤変病の病原体究明
(65)Rapid and simple detection method of “Candidatus Xenohaliotis californiensis” using fecal PCR in abalone Haliotis discus discus and H. gigantea
(66)Effects of daily temperature fluctuation on the survival of carp infected with Cyprinid herpesvirus 3
(67)Occurrence, molecular characterization, and antimicrobial susceptibility of Aeromonas spp. in marine species of shrimps cultured at inland low salinity ponds
(68)High tolerance of Chaetomorpha sp. to salinity and water temperature enables survival and growth in stagnant waters of central Thailand
(69)DNA vaccine-mediated innate immune response triggered by PRRs in teleosts
(70)Development of qPCR of Nocardia seriolae and its application to environmental samples
(71)An in-vitro assay to determine susceptible host species to cyprinid herpesvirus 3 (KHV) using tissue culture of the scales
(72)養殖場におけるNocardia seriolaeの分布に関する研究
(73)メタゲノム解析によるアコヤガイ赤変病病原体の推定
(74)  ヒラメの種苗生産・養殖施設等でのクドアの感染防除策の開発(中課題報告書)
(75) プロファイルシートの作成
(76) 国内外の疾病の発生状況調査
(77) 国内アワビ類のキセノハリオチス感染症の病原性評価
(78) カンパチ眼球炎の疫学調査
(79)免疫応答を利用したワクチン適用可能魚種の同定 2.1) 免疫魚における病原体排除能の解析
(80)The IL-6 receptor family; Domeless and JAK homolog; Hopscotch from JAK/STAT Signaling Pathway of Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus
(81)イシダイ、カワハギ、ヒラメおよびマダイに対する次世代シーケンサーを使用した免疫関連遺伝子の網羅的探索
(82)イムノクロマトによるヒラメ血漿中の補体C7の検出
(83)人工交配によるクルマエビの育種技術開発の試み
(84)
(85)感染防御を司る魚類の造血機能
(86) 海外で発生している重要疾病の現地調査
(87) コイヘルペスウイルス病の昇温処理実施上の留意点の提示
(88)平成26年度実施細目「水産防疫技術対策事業3CA親課題(死亡原因究明」報告書
(89)平成26年度実施細目「感染の早期検出技術の開発」報告書
(90)N-terminal region is responsible for chemotaxis-inducing activityof flounder IL-8
(91)Development of simple, rapid and sensitive detection assay for grouper nervous necrosis virus using real-time loop-mediated isothermal amplification.
(92)Protective efficacy of active compounds from Phyllanthus amarus against white spot syndrome virus in freshwater crab (Paratelphusa hydrodomous)
(93)Identification and Expression Analysis of vascular endothelial growth factor genes, MjVEGFs, in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus
(94)マダイイリドウイルス(RSIV)不活化ワクチンを接種したマダイ、ブリ及びヒラメにおけるRSIVの消長
(95)クルマエビ (Marsupenaeus japonicus) 血球における各種サイトカインおよびサイトカイン受容体の発現
(96)近年発生したアユのPseudomonas anguilliseptica感染症
(97)Production of monoclonal antibody against Kudoa septempunctata
(98)魚種間における遺伝子発現比較のためのオーソロガス遺伝子の抽出
(99) 感染したヒラメ排除のための効率的な検査法等の開発(中課題報告書)
(100)ヒラメの種苗生産・養殖施設等でのクドアの感染防除策の開発(中課題報告書)
(101) 特定疾病,OIEリスト疾病,不明病等診断及び緊急対策
(102)平成26年度実施細目「Cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2)の日本株と欧州株との特性比較」報告書
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217039
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat