(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発

(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発

課題番号2014025689
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ア)メチル水銀の解毒機構をバイオアッセイ法により解析し、脳や神経の細胞において、分泌顆粒によってメチル水銀が細胞外に排出される分子機序を明らかにした。バイオアッセイ法により、セレノネインによる生体抗酸化作用の向上効果を測定する手法を開発した。ノリ由来グリセロールガラクトシドのバイオアッセイ法による安全性評価等の実用化技術開発を進め、免疫賦活活性を見出した。らん藻由来新規アミノ酸の抗酸化能・紫外線防御能を明らかにした。原産地判別のため、ロシア産ヤマトシジミ貝殻の微量元素分析法及びDNA 分析法(PCR-RFLP 法)を開発するとともに、中国及び韓国産のワカメ並びにヒジキ加工品の微量元素分析の有用性を確認した。また、ツツイカ類及びコウイカ類の種判別法の分析マニュアルを作成した。貝毒検査法の機器分析移行に向け、製造した下痢性貝毒標準品試供品を都道府県の検査機関に配布した。麻痺性貝毒の液体クロマトグラフィー質量分析法を開発した。既存の麻痺性貝毒分析法(蛍光HPLC 法)を改良し、分析時間の短縮を実現した。シガテラ中毒の原因藻類から新規ポリエーテル化合物を発見し、化学構造を決定した。有毒藻類ディノフィシス・フォルティをホタテガイに給餌し、下痢性・脂溶性貝毒の部位別蓄積率等の詳細を明らかにした。オバトキシン原因藻類である渦鞭毛藻の日本国内における分布を明らかにした。ヒスタミン生成菌及びチラミン生成菌の水産食品中での消長を調べ、シメサバ加工では、シメサバ調味液の酢酸濃度、品温、pH の制御により本菌群が調味液に混入していても増殖できない条件を明らかにした。また、魚醤油において、ヒスタミンの蓄積を抑制する条件を明らかにした。水産物の臭いの原因となるトリメチルアミンが味覚に及ぼす影響を明らかにした。塩化ナトリウム濃度がバリンの呈味に及ぼす影響を明らかにした。マガキむき身の核酸関連化合物の経時変化を明らかにした。品質評価法開発のため、近赤外分光によるマグロ肉還元型ミオグロビン由来の吸収ピークとメト化(酸化)との関係を検討した。また、マイワシを原料に水分量、脂肪量を調整してモデルすり身を作製し、それらの近赤外スペクトルデータを測定して水分及び粗脂肪量の検量線を作成するなど、品質評価技術の迅速・簡便化を検討した。未利用魚のウニ餌料としての効果を検討し、生殖巣の発達には魚肉の筋原線維タンパク質を餌料としてウニに与えることが重要であることを明らかにした。高品質な練り製品に加工するため、低・未利用海藻類のプロテアーゼ阻害活性を探索した。近海はえ縄船が漁獲するヨシキリザメは、臭気要因であるアンモニア含量が低いことを明らかにした。貝毒の認証標準品製造技術及び麻痺性貝毒の機器分析技術を開発し、厚生労働省、消費・安全局などからの行政ニーズに対応した。本研究課題の成果は、新たな水産物のリスク評価法や健康性機能評価手法としての活用、機能性成分を生かした食品・素材としての利用、原料・原産地等のJAS 法の監視業務等での活用、二枚貝漁業における貝毒監視や水産食品製造工程における衛生管理手法としての活用、漁船・魚市場等の現場での非破壊分析による水産物の品質管理手法等への活用が期待される。
研究分担金庭正樹
山下倫明
今村伸太朗
石原賢司
鈴木敏之
里見正隆
長井敏
大村裕治
村田裕子
石田典子
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[食の安全・動物衛生プロ] 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 厚労省競争的資金
業績(1)シメサバ調味液から分離されたヒスタミン生成乳酸菌の分類と増殖特性
(2)Identifying the origin of Corbicula clams using trace element analysis
(3)Stress-induced ceramide generation and apoptosis via the phosphorylation and activation of nSMase1 by JNK signaling
(4)Comparison of Cytotoxicity among Pectenotoxin-2 and other oxidized Pectenotoxins in a Rat Myoblast Cell Line (L6) and a Human Rhabdomyosarcoma Cell Line (RD)
(5)エキソソームを介するメチル水銀排出機構
(6)Preparation of Japanese Certified Reference Materials of Diarrhetic Shellfish Toxins (DSTs) and Paralytic Shellfish Toxins (PSTs) by Large Algal Culture and Chemical Conversions
(7)ムラサキイガイとカキにおけるペクテノトキシン(PTX)の代謝
(8) 平成26年度革新的技術緊急展開事業
(9)Long term (36-year) observations on the dynamics of the fish-killing rahpidophyte Chattonella in Harima-Nada, eastern Seto Inland Sea, Japan
(10)Analysis of plasmids encoding the tyrosine decarboxylase gene in Tetragenococcus halophilus isolated from fish sauce
(11)A New Lyngbyatoxin from the Hawaiian Cyanobacterium Moorea producens
(12) 魚介類の「名称」及び「原産地」表示の検証のためのDNA分析技術
(13) 無機ヒ素を除去した乾燥ヒジキ加工品の製造法
(14)イカ乾燥珍味加工業の再編構造-函館地区を中心とする実態調査から-
(15)Differential inimical effects of Alexandrium spp. and Karenia spp. on cleavage, hatching, and two larval stages of Japanese pearl oyster Pinctada fucata martensii
(16)Pseudo-nitzschia fukuyoi (Bacillariophyceae), a domoic acid-producing species from Nha Phu Bay, Khanh Hoa Province, Vietnam
(17)Effect of NaCl on taste preferences for L-Arginine (Arg) in C57BL/6 mice
(18)Se-containing antioxidant "selenoneine" and its roles in selenium redox metabolism and methylmercury detoxification
(19)Kinetic of PTXs and DTXs in Japanese scallops Patinopecten yessoensis fed by toxic dinoflagellate Dinophysis fortii
(20)Introduction and Situation in shellfish toxin monitoring in Japan
(21)下痢性貝毒検査の改正に向けた国内外の動向
(22)
(23)下痢性貝毒オカダ酸群の機器分析
(24)Emerging toxins in Japan: Discovery of novel ovatoxin isomers in Ostreopsis strains and investigation on blue humphead parrotfish Scarus ovifrons causing human poisoning in Japan
(25)エキソソームを介するメチル水銀の排出機構
(26)Ultra-performance liquid chromatography/post-column oxidation/fluorescent detection for determination of paralytic shellfish toxins in shellfish
(27)シメサバ調味液から分離されたヒスタミン生成乳酸菌のヒスチジン脱炭酸酵素
(28)
(29)分泌膜小胞(エキソソーム)を介するメチル水銀排出経路に関する研究
(30) De novo SOX11 mutations cause Coffin-Siris syndrome.
(31)蓄養・保管条件がヤマトシジミの呈味性に及ぼす影響
(32)貝毒モニタリングのガイドラインについて
(33)海苔の機能性成分組成と養殖現場の栄養塩濃度との関係
(34)
(35)
(36)平成 26 年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業(マウス試験法と機器分析法の比較による相関データの収集(麻痺性貝毒)「マウス毒性試験、AOAC法、国内法の比較結果報告書」
(37)Two New Lyngbyatoxin Derivatives from the Cyanobacterium, Moorea producens
(38)Development of ten microsatellite markers for Alexandrium ostenfeldii, a bloom forming dinoflagellate producing diverse phycotoxins
(39)魚醤油発酵時のヒスタミン蓄積に関わる原因菌の同定および乳酸菌発酵スターター接種によるヒスタミン蓄積抑制効果について
(40)遠洋まぐろはえ縄で漁獲されたまぐろ類の品質評価
(41)海洋生物毒研究において質量分析が果たしてきた役割と今後の展望
(42)ゼブラフィッシュ胚におけるセレノネインの生合成
(43)マウスにおける食餌セレノネインのセレン蛋白質遺伝子発現に対する作用
(44)Biological function od selenium containing imidazole compound, selenoneine, in selenium redox metabolism
(45)北日本沿岸における Vibrio vulnificus の分布と細菌学的特性
(46)Mass cultivation of harmful algae for production of shellfish toxin standard
(47)分泌エキソソームによるメチル水銀排出の分子機構
(48)
(49)平成26年度レギュラトリーサイエンス新技術開発事業研究実績報告書
(50)仕込み時に砂糖と好塩性乳酸菌Tetragenococcus halophilusを添加した魚醤油の品質
(51)Behavior of skipjack tuna (Katsuwonus pelamis) associated with a drifting FAD monitored with ultrasonic transmitters in the equatorial central Pacific Ocean
(52)シメサバ調味液から分離されたヒスタミン生成乳酸菌の分類と増殖特性
(53)Prevalence and intensity of pathologies induced by the toxic dinoflagellate, Heterocapsa circularisquama, in the Mediterranean mussel, Mytilus galloprovincialis Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(54)凍結条件がマガキのエキス成分に及ぼす影響
(55)Methylmercury detoxification mechanism by the exosomal secretory pathway in zebrafish embryos
(56)Production of standard materials of paralytic shellfish toxins by batch cultures of Alexandrium tamrense and Gymnodinium catenatum
(57)
(58)
(59)ロイン凍結マグロの割れ発生と凍結温度との関係
(60)麻痺性貝毒原因プランクトンの大量培養技術の開発
(61)東日本大震災後の宮城県気仙沼湾におけるAlexandrium属の栄養細胞とシストの分布パターンおよび二枚貝類の毒化
(62)トリメチルアミン(TMA)がマウスの味覚嗜好性に及ぼす影響
(63)近赤外分光法による種々の魚肉すり身の水分評価
(64)新たな貝毒監視体制の導入に向けた行政や研究の動向
(65)近赤外分光法による種々の魚肉すり身の成分評価
(66)下痢性貝毒オカダ酸群の認証標準物質調製のための予備検討
(67)
(68)Indirect quantitation of saxitoxin by HPLC with post-column oxidation and fluorometric detection
(69)Accumulation and transformation of paralytic shellfish toxin by the pen shell Atrina pectinata
(70)トリメチルアミン(TMA)がマウスの味覚嗜好性に及ぼす影響
(71)メタゲノミクスによるプランクトンモニタリングの実践(植物プランクトンを中心に)
(72)グラム陰性ヒスタミン生成菌のヒスタミン生成能におよぼす各種培養条件の影響について
(73)Marine Toxin Detection Methods and Preparation of Diarrhetic Shellfish Toxins (DSTs) and Paralytic Shellfish Toxins (PSTs) by Large Algal Culture and Chemical Conversions.
(74)Exosome-mediated methylmercury detoxification accelerated by novel selenium compound, selenoneine in zebrafish models
(75)味覚センサを用いたスルメイカ、アカイカ、トビイカ熱水抽出エキスの味の計測
(76)
(77) セレンーレドックス経路の栄養生理学的意義
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat