(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

課題番号2014025690
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(イ)漁場探索から漁獲、水揚げに至る各段階において、安全性確保、省エネ、省コスト、省人、省力及び軽労化を図るとともに、資源への影響や環境負荷を低減できる漁業生産システムを改良・開発するため、以下の研究を行った。漁船の復原性(横揺)を計算により推定する手法を開発し、漁船がどの程度の波浪によりどの程度横揺れするかを推定することを可能にした。この手法により、まき網漁船、底びき網漁船等の主要漁船の安全性向上技術を体系的に整理できることを示した。航行時及びひき網時の燃料消費状態を分析することにより、底びき網漁業操業支援ツールとしての燃料消費見える化装置の有効性を確認した。また、船体動揺と燃料消費見える化装置を組み合わせ、省エネ運航・操業を支援するシステムを試作した。かつお一本釣漁船について、運用面の各種パラメータ(排水量、船体姿勢、速力等)を用いて、省エネ型の漁船の基本設計を行うための手法を構築した。小型底びき網模型を用いた水槽ひき網試験から、減速等の諸要素が漁具形状・抵抗・燃油消費量削減にもたらす変化を定量的に把握した。底びき網漁業における労働を分析・類型化し、漁獲物の選別作業の負担が大きく、改善が必要であることを示した。音響調査について、広帯域音響手法を改善し、カツオとまぐろ類幼魚の魚種識別技術を高度化するとともに、マアジ等の体長推定法を構築した。水槽を用いてスルメイカの行動実験を行い、光によってイカの行動を制御できることを検証した。LED 灯の船上配置を実測と照明シミュレーションに基づいて変更し、漁獲効率が従来灯(メタルハライドランプ)と同等となるまで改善した。また、民間漁船との比較から、光量も重要であることを明らかにした。まき網操業を改良シミュレーションモデルで可視化する技術を改良して操業中の網の形状変化を3 次元的に再現し、流れ等に対する網の挙動を検討して操業方法の改善点を整理した。漁船の安全性向上に関する成果は、国際海事機関における安全基準の策定に貢献し、燃料消費可視化装置がかつお一本釣り漁船に導入された。本研究課題の成果は、安全な漁船の設計及び運行、小型底びき網漁業の省エネと軽労化、魚群探知機による魚種識別など、直接漁業現場に導入・活用されることが期待される。
研究分担上野康弘
松田秋彦
寺田大介
溝口弘泰
長谷川勝男
升也利一
藤田薫
髙橋秀行
澤田浩一
木村拓人
山下秀幸
赤松友成
多賀悠子
山﨑慎太郎
上野康弘
東照雄
髙山剛
高橋晃介
予算区分その他
業績(1)航行中の漁船の相互位置の適正化による省エネ化の検討
(2)  Numerical Analysis of Failed Forecasts of Waves under Low Pressures from Viewpoint of Ship Operation
(3)ミズクラゲ給餌によるマダイ人工孵化稚魚の横臥傾向の改善
(4)Acoustically invisible feeding blue whales in Northern Icelandic waters
(5)Acoustic discrimination between harbor porpoises and delphinids by using a simple two-band comparison
(6)九十九里地区の二艘まき網漁業の省エネルギー方策
(7)Characteristics of small Japanese trawlers as workplace environments
(8)養殖コンブ乾燥施設の省エネに向けた運用実態の調査研究
(9)喫水線上の船型の影響を考慮した向い波中抵抗増加の簡易推定法-第6報:挿間法-
(10)Characteristics of Japanese small trawl fishing boats as the environments of workplaces
(11)沖合中層で操業する待ち網漁法成立の可能性
(12)岡山県瀬戸内市におけるかき養殖業の収穫期の作業について
(13)Acoustic survey for saving energy and sustainable fisheries - An approach of zooplankton monitoring for the decision of salmon, Oncorhynchus keta , release timing -
(14)
(15)
(16)To See or Not to See: Investigating Detectability of Ganges River Dolphins Using a Combined Visual- Acoustic Survey
(17)ブリティッシュ・コロンビア大学によるトローラー系統模型試験データの再解析による船体主要寸法の検討
(18)グランドロープの部位別入網率とその採集効率に及ぼす影響
(19)Measurement of vessel noise by system with a small underwater recorder
(20)イルカのソーナー能力の魚群探知機への利用
(21)マルチビーム計量魚探機への期待
(22)ニベ科魚類鳴音の自動抽出条件~遠隔的音響資源探査を目指して~
(23)
(24)
(25)島根県の沖合底びき網漁業における漁具抵抗の削減技術開発研究委託事業報告書
(26) 平成25年度海洋水産資源開発事業報告書(いか釣〈日本周辺海域〉)
(27)Sound variation and function in captive Commerson’s dolphins(Cephalorhynchus commersonii)
(28)国際漁場における資源管理を目的とした事例
(29)人工浮き魚礁(FADs)操業における広帯域計量魚群探知機を用いたカツオとマグロ類の弁別
(30)板びき網漁業の省エネ操業に向けた取り組み:ハンドロープ変更に伴う燃油消費量の変化
(31)Improvement of the hull form above water-line for energy saving
(32)
(33)
(34)
(35)
(36)
(37)広帯域スプリットビームを用いたサポートベクターマシンによる魚種識別
(38) 運動性能推定の分野におけるデータ同化の応用とその可能性
(39)漁船船団の航行時最適配置について-第2報:粒子群最適化による最適配置の計算-
(40)かつお釣漁業の漁獲物陸揚げ作業における軽労化支援スーツの効果について-1. 漁業用軽労化支援スーツの試作
(41)かつお釣漁業の漁獲物陸揚げ作業における軽労化支援スーツの効果について-2. 漁業用軽労化支援スーツの評価試験
(42)Fish sound monitoring at offshore windmill farm
(43)シミュレーションから得られたLED漁灯の配置による実装と放射照度分布の評価
(44)計量魚群探知機で測定したスルメイカの集群密度と釣獲量の関係:LEDとメタルハライド船上灯使用時の比較
(45)
(46)
(47)
(48)
(49)
(50)
(51)船上で計測される横揺れを用いた漁船の実時間安全性評価
(52)The Diel Rhythms of Biosonar Behavior in the Yangtze Finless Porpoise (Neophocaena asiaeorientalis asiaeorientalis) in the Port of the Yangtze River: The Correlation between Prey Availability and Boat Traffic
(53)漁船漁業の省エネには、”エコ運航”がおすすめです!!
(54)油球を持つカイアシ類のターゲットストレングス推定に必要な油の音速比と密度比測定
(55)二艘旋網漁船の波浪中船体動揺の計算-第1報:ラディエーション問題-
(56)漁船配置の適正化による船団全体の造波抵抗低減について-第2報:波紋と最適漁船配置の関係-
(57)Feature analysis and automatic detection of fish sounds in the ocean
(58)Acoustic remote senjsing of marine organisms
(59)Energy-saving by the hull improvement for fishing vessels
(60)たか丸計量魚群探知機の定期的較正によるメンテナンス効果・経年変化に関する考察
(61)大型鯨類に装着するための高出力ピンガーの性能試験
(62)
(63)
(64)
(65)
(66)
(67)水産科学の分野で活躍する女性たち 29 新しい分野への一歩を踏み出して
(68)ケーブルネットワークを利用した西太平洋でのナガスクジラ鳴音の長期観測
(69)小型水中録音機を用いた簡易的な船舶航走雑音の測定
(70)漁業労軽労化支援スーツの紹介
(71)Fishing vessel design method based on object oriented analysis and design
(72)Constructing an Efficient Operation System Adapting to the Changing Socio-Economic Situation in the Japanese Coastal Squid Jigging Fishery Industry
(73)
(74)Fishing vessel design method based on object oriented analysis and design
(75) Constructing an Efficient Operation System Adapting to the Changing Socie-Economic Situation in the Japanese Coastal Squid Jigging Fishery Industry
(76)Parameter identification of a mathematical model on maneuverability
(77)漁船の燃料油消費量の見える化による省エネルギー気運の醸成
(78)パラメトリック横揺れ予測数学モデルのパラメータ同定法
(79)ベトナム漁船の総トン数計測と考察
(80)鹿島沿岸域に生息するニベ科魚類の発声行動の定量的評価
(81)照明シミュレーションを応用したLED漁灯の配置設計
(82)いま取り組むべき漁具・漁法研究とは
(83)小型水槽を用いた受動音響装置の簡易校正手法
(84)照明シミュレーションによるLED漁灯の効果予測
(85)
(86)Tracking Individual Fish in a Dense School with a Broad band Split-beam System
(87)波浪中を航行する二艘旋網漁船に働く流体力と船体動揺の計算 第1報:二艘旋網漁船に働くラディエーション流体力
(88)ここまでわかったイカ釣りのしくみ、これからどうするLED漁灯
(89)Acoustic capture-recapture method for towed acoustic surveys of echolocating porpoises
(90)A new low frequency calibration method of underwater recording devices using a small tank
(91)
(92)
(93)
(94)
(95)
(96)
(97)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217042
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat