(ウ)水産業の生産基盤の整備、維持、管理並びに防災技術の開発

(ウ)水産業の生産基盤の整備、維持、管理並びに防災技術の開発

課題番号2014025691
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(ウ)水産業の生産基盤の整備、維持、管理並びに防災技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ウ)平成25 年度までに開発した波力及び地震力の算定にかかる防波堤及び係留施設の設計手法の現地適応性を検証し、設計の合理性を図った。防波堤では、波力算定式を種々の条件下(消波ブロックの有無、波向の変化)に適用できるように水理模型実験に基づき改良し、被災防波堤への適用、各条件下での現行設計法との比較を行い、その妥当性を検証した。係留施設では、漁港特有の小規模岸壁を対象として、地震動特性(スペクトル)、施設の耐震性能(設計震度)、構造物変形量の関係を数式に整理し、妥当性を複数事例にて検証した。津波に対する構造安定についても実験的に検討した。平成25 年度までの結果を踏まえ、表面P波(衝撃弾性波)による漁港施設等の老朽化診断手法について、現地調査、室内試験を実施し、コンクリート構造施設の圧縮強度と表面P 波速度の関係から同速度の基準値(これ以下であれば劣化深刻)を定めた。ひび割れ診断を含め、コンクリート構造施設の簡易機能診断手法を開発し、維持管理手法に組み込むとともに同手法の改良を行った。漁港での衛生管理における課題を整理し、生菌数を推定する定量的な衛生管理モデルを現地調査結果等に基づき開発した。同モデルを銚子漁港での底びき網漁業に適用し、改善策を提案した。流動環境下において、粒子マーカーを卵や稚魚にみたてて追跡できる数値モデルを改良し、播磨灘におけるマダイの卵や稚仔魚の空間分布推定を行った。さらに、鹿島灘のチョウセンハマグリ幼生に同モデルを適用し、環境動態モデル(餌料環境)、波浪(稚貝の不安定性)、浮遊幼生分散シミュレーションを組み合わせ、幼生の分散・着底の視点から漁場環境を評価した。アサリ及びマダイの生息空間を制限する要因を抽出し、地理情報システム上でその緩和技術を検討して漁場の創出を支援するモデルを構築した。本モデルを播磨灘のマダイ及び伊勢湾のアサリに適用し、播磨灘では魚礁設置や藻場造成、伊勢湾ではアサリを定位させる砕石覆砂の有効性を提示した。漁港構造物にかかる波力、津波外力、地震力の算定精度を実験・数値計算等から高度化した成果、施設の耐震性能評価方法、簡易な老朽化診断法に関する成果が、平成27 年に水産庁が公表予定の設計指針「漁港・漁場の施設の設計参考図書(仮称)」や「水産基盤施設ストックマネジメントのためのガイドライン(案)」改訂に貢献した。本研究課題の成果は、漁港漁場施設の合理的設計、津波に対する防災強化、漁港施設の老朽化判定や維持管理手法、漁港での水産物の衛生管理及び漁場整備(水産環境整備事業)への活用が期待される。
研究分担中山哲嚴
桑原久実
佐伯公康
吉村拓
大村智宏
八木宏
金田拓也
中山哲嚴
川俣茂
田丸修
南部亮元
協力分担関係財団法人漁港漁場漁村技術研究所 
株式会社エコー
予算区分水産庁・その他
業績(1)アサリ垂下養殖における基質の検討
(2) Mass mortality event of the blood cockle, Anadara granosa, in aquaculture ground along Selangor coast, Peninsular Malaysia
(3)(4)魚の食害対策に係わる技術と課題
(4)鹿島灘〜九十九里砂浜沿岸における夏期の海底堆積物有機物含有量
(5)鹿島灘~九十九里におけるチョウセンハマグリ浮遊幼生等の広域モニタリングについて~2012年および2013年の調査結果の概要~
(6)
(7)
(8)桟橋に作用する津波波力検討委託事業報告書
(9)衝撃弾性波法による漁港構造物の簡易機能診断手法の提案
(10)漁港における漁獲物運搬時の腰部椎間板圧迫力の推定
(11)小型海藻藻場の重要性と磯焼け域におけるその回復の試み
(12)(2)藻場や磯焼け域の把握に関わる新たな装置や技術、・間欠撮影カメラ,廉価版サイドスキャンソナー,ラジコンヘリの利用
(13)ANALYSIS OF DAMAGE IN FISHING PORTS CAUSED BY THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE
(14)漁港のコンクリート構造物に対する簡易機能診断手法の提案
(15)イセエビによるツマジロナガウニの捕食に関する水槽実験
(16)
(17)
(18)処理した木材の実海域及び試験場における暴露試験
(19)瀬戸内海西部の屋代島,平郡島における海藻藻場の特性 一特にホンダワラ類とクロメの垂直分布について一
(20)A new practical method for estimating the mass of quarried stones by analysis of orthogonal images
(21) 長崎県壱岐市郷ノ浦町地先における食害を受けたクロメの葉状部の再生について
(22)伊勢湾アサリ資源回復モデルを用いた対策効果の評価
(23)漁港における衛生管理上の生物リスクの定量的評価の試み
(24)6.浅海域の波浪環境がアサリの生息に与える影響とその対策
(25)
(26)
(27)
(28)漁港の防波堤に作用する波力算定法に関する検討
(29)鵡川沿岸の基礎生産に及ぼす光環境の影響に関する研究
(30)長期モニタリングに基づく内湾河口域における地形変化特性の把握 土木学会論文集B2(海岸工学)
(31)Shift from bottom-up to top-down control of the algal community due to climate change: impacts on the Japanese spiny lobster in southwestern Japan
(32)高層魚礁の流体力算定法の妥当性に関する水理模型実験による検討
(33)割石の安定質量に関する現地実験とその算定方法修正のための一考察
(34)漁港・漁船の衛生管理の課題について
(35)植食性魚類ノトイスズミの胃内容物組成の季節変化
(36)定量評価に向けた統計解析の利用と調査設計方法の提案~干潟浅海域における研究を事例として~ 
(37)漁港施設の維持管理における簡易的な老朽化診断手法の適用に関する研究
(38)アサリの非対称殻模様出現頻度における地域差
(39)胸壁に作用する非越流時の津波波力に関する実験的研究
(40) 濁度計・現場型レーザー粒度計・音響計測機器に基づく常磐沿岸域底層の懸濁物動態計測
(41) 常磐沿岸域における流動構造と季節変動要因
(42) (6)人工基質による藻場造成技術と課題  
(43)Why do young Japanese spiny lobsters aggregate in sea anemone colonies?
(44)定量評価にむけた統計解析の利用と調査設計方法の提案~干潟浅海域における研究を事例として~
(45)藻場形成における栄養カスケードの重要性:我が国初の事例研究
(46)
(47)
(48)平成26年度水産庁水産基盤整備調査委託事業「漁港漁場施設の性能規定化等技術検討」(既存施設の機能維持のための設計手法)調査報告書
(49) 共同研究「沿岸域総合管理に向けた物理・環境評価に関する数値計算手法の開発・高度化」報告書
(50)魚類養殖用水槽における水流シミュレーションモデルの構築
(51)生分解性素材を用いた磯焼け海域での海藻育成と藻食性動物への給餌手法の開発
(52) 藻場や磯焼け域の把握に関わる新たな装置や技術~廉価版サイドスキャンソナー,ラジコンヘリ,間欠撮影カメラの利用~
(53)山口県周防大島町和田地先の2つの増殖礁群における漁場景観と魚類涵養機能
(54)ANALYSIS OF DAMAGE TO FISHING PORTS CAUSED BY THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE
(55)福島県沿岸域における内部潮汐の発生機構
(56)
(57)平成26年度水産庁水産基盤整備調査委託事業「漁港漁場施設の性能規定化等技術検討」(漁場施設の設計手法)調査報告書
(58)再生藻場の水産涵養効果について(イセエビ・アワビ類②) Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(59)  水産庁委託事業報告書「水産生物の生活史に対応した漁場環境形成推進委託事業のうち各生活史段階に応じた漁場機能を強化する技術の開発・実証
(60)On the fourth Diadema species (Diadema-sp) from Japan.
(61)波動流中における高層化した魚礁の作用流体力の算定法について
(62)VARIATION IN MANILA CLAM (RUDITAPES PHILIPPINARUM) FECUNDITY IN EASTERN HOKKAIDO, JAPAN
(63)漁港における漁獲物取り扱い作業の労働安全に関する評価
(64)Proposed method for simple deterioration diagnosis of existing fishing port  facilities using impact-echo
(65)A novel paramyxean parasite, Marteilia granula sp. nov. (Cercozoa), from the digestive gland of Manila clam Ruditapes philippinarum in Japan.
(66)  (4)魚の食害対策に係わる技術と課題  
(67)カーテン式防波堤の波浪制御特性に関する数値的検討
(68)常磐沿岸域における流動場の季節変動要因(Ⅱ)
(69)福島いわき沖底層における濁質水平輸送フラックスの変動特性
(70)アオスジガンガゼと間違われてきたガンガゼの一種
(71)
(72)イスズミ類の行動特性について Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE
(73)浅い水深の重力式係船岸に対する周波数特性を考慮した照査用震度算定法の構築
(74) 2013年に発生した長崎県壱岐市郷ノ浦町地先におけるアラメ・カジメ場の衰退過程について -夏季の高水温による発生と秋季の食害による拡大-
(75) Spawning season and larval occurrence of blood cockle (Anadara granosa) off the Selangor coast, Peninsular Malaysia
(76)二枚貝浮遊幼生から環境履歴を復元する
(77)
(78)水産庁水産基盤整備調査委託事業「漁港漁場施設の性能規定化等技術検討」(岸壁の設計手法)調査報告書
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217043
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat