(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

課題番号2014025694
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(ウ)養殖業や食品産業に有用な水産生物の遺伝資源の収集・評価・保存に取り組み、ホームページの更新やワムシ研修会の実施等の広報・普及活動を行った結果、平成26 年度の有償配布実績が第2期中期目標期間の総配布実績(148 点)にせまる114 点となった。保存株の特性評価で蓄積された情報を「アマノリ養殖品種の特性」として取り纏めたほか、保存しているイソクリシス・タヒチ株をタイラギ種苗の餌料として活用し、大量生産の成功に寄与した。卵稚仔調査事業で採集されたプランクトン標本のうち、約7 千本を東北区水産研究所に一元的に集約してデータベースへの登録を行い、標本目録をホームページに掲載するとともに標本の解析を進めた。卵稚仔標本については、中央水産研究所に一元的に集約する体制を構築し、標本目録を更新した。また、魚類標本については、東シナ海及び日本海の標本採集と登録並びにDNA の採取を進めるとともに、税関等の外部機関からの要望に応え、産地偽装の解明に役立つ特定種の同定ガイドを作成した。本研究課題の成果は、多くの他機関への遺伝資源の配布、タイラギ種苗生産への餌料としての寄与、環境省による生物学的生態学的重要海域の抽出における基礎データとしての活用、税関等による特定種の同定ガイドの活用など、幅広く利活用されている。
研究分担山田陽巳
岡内正典
田所和明
星野浩一
予算区分その他
業績(1)餌料用微細藻類の高増殖株作出とその培養法および利用
(2)Variability in transport processes of Pacific saury Cololabis saira larvae leading to their broad dispersal: implications for their ecological role in the western North Pacific
(3)Identification of important marine areas around the Japanese Archipelago : Establishment of protocol for evaluating a broad area using ecologically and biologically significant areas selection criteria
(4)EFFECT OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE ON KELP BED ECOSYSTEMS.
(5)気候変動と魚種交替: 太平洋を超えた同期現象の生物学的メカニズム
(6)
(7)Occurrence and density of Pacific saury Cololabis saira larvae and juveniles in relation to environmental factors during the winter spawning season in the Kuroshio Current system
(8)Effects of experimentally induced infections of goldfish Carassius auratus with cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2) at various water temperatures
(9)稚ナマコの無換水飼育実験系構築の諸条件
(10)塩分がアサリ成熟幼生の生残・成長と着底に及ぼす影響
(11)Fins are an applicable organ for PCR-based diagnosis of koi herpesvirus disease in clinical fish
(12)高水温耐性の珪藻株選抜過程におけるコロニー形成とその有効性
(13)繊毛虫Uronema sp. NIZ-I 株の増殖に対する振盪刺激の影響
(14)クサカリツボダイ類2種の形態による種判別とコレクション所蔵標本の活用
(15)東シナ海と周辺海域における魚類標本の収集管理および利活用の促進
(16)The Marine Microbial Eukaryote Transcriptome Sequencing Project (MMETSP): Illuminating the Functional Diversity of Eukaryotic Life in the Oceans
(17)Effect of booster shot and investigation of vaccination efficacy period against herpesviral haematopoietic necrosis (HVHN) in goldfish Carassius auratus
(18)Geographical variations in biodiversity of copepod community in the western and central North Pacific Ocean
(19)宮城県沿岸のアラメ群落における東日本大震災後の変動
(20)海洋生態系間比較から見る黒潮海流域における小型浮魚類の資源変動と生物特性
(21)大豆ペプトンを基質とした海産繊毛虫培養系(Uronema sp. NIZ-I株)のDHA生産特性
(22)Differences in the susceptibility of Japanese indigenous and domesticated Eurasian common carp (Cyprinus carpio),identified by mitochondrial DNA typing, to cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3)
(23)Effects of daily temperature fluctuation on the survival of carp infected with Cyprinid herpesvirus 3
(24)Genetic diversity of regenerated eelgrass population at Nojima Coast in Tokyo Bay
(25)サンマの産卵・孵化と月齢との関係
(26)日本周辺水域における動物プランクトンの特性
(27)イセエビフィロソーマの無換水飼育における数種微細藻の添加効果
(28)
(29)長崎県五島市福江島のハタ類フィ-ルドガイド
(30)Revisiting morphological identification of Japanese jack mackerel Trachurus japonicus eggs preserved in formalin
(31)DHA synthesis enhanced by L-aspartic acid in culture of marine ciliate Uronema sp. NIZ-I (Cilliophora, Scuticociliatida)
(32)Decadal scale variation in biodiversity of copepod community in the western North Pacific Ocean
(33)餌料用微細藻類3種の寒天培地上のコロニー形成と多糖類の有用性
(34)Decadal scale variation in phosphate concentration in the Oyashio and Kuroshi-Oayashio Transition waters, western North Pacific from 1955 to 2010
(35)平成26年度水産生物遺伝資源保存事業報告書
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217046
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat