(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用

課題番号2014025695
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(エ)その他の基礎的・基盤的な研究開発並びに他分野技術の水産業への応用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要(エ)東日本大震災後の水産業の復興に係わる各種の事業・プロジェクトを推進し、水産資源や漁場環境への影響とその変化を把握した。マガキ養殖海域の環境収容力の推定と収容力低下の要因把握、福島県松川浦における魚類生産力向上へのアマモ場の藻刈り効果の実証、気仙沼湾における底生生物を用いた海底浄化の実証など、被災地の漁場環境の改善や生産力の向上に寄与する技術開発と実証試験を行った。また、常磐海域の底びき網漁業を対象に、操業自粛の影響を評価する数値モデルを開発し、重要魚種を選んで評価を試行した。さらに、水産業の復興を加速するため、岩手県を対象として、沖合・沿岸海洋観測及び観測情報の発信体制構築と情報提供を行った。サケの種卵不足への対応のため市場に水揚げされたサケからの直接採卵の有効性を示した。さらに、異体類の種苗生産における成長促進への緑色LED 光の照射の有効性の実証、ブランド化のためのサンマの脂肪量測定装置の商品化、サバの加工残滓からのアンチエイジング成分セレノネイン抽出・素材化技術の開発等を行った。また、宮城県を対象とし、ギンザケ養殖において、低コスト餌料の開発・評価、高成長系統の作出における選抜効果の確認、ビブリオ病流行株の特定と対策の検討、赤血球封入体症候群の感染履歴検査法の開発とワクチン用抗原の探索を進めた。マガキ養殖では、干出、高塩分条件での蓄養、むき身凍結等の高品質化の条件の探索を行い、うま味向上に有効であることを確認するなど、ブランド化(一粒カキ)に重要な知見を得た。東京電力福島第一原子力発電所事故への対応として、福島県及び周辺海域並びに内水面の資源生物と漁場環境の放射性物質濃度のモニタリングを継続し、放射性物質の時空間分布を明らかにするとともに、海洋生態系内での移行過程を解析した。また、マダラ及びヒラメを対象に、汚染魚の出現と移動生態との関係を解明した。気象擾乱と底質の粒径が底質の放射性セシウムの挙動に影響することを明らかにするとともに、底質の放射性セシウムの分布とその変化を精度よく再現する底質・水柱結合モデルを開発した。内水面の汚染状況は、水域の水の交換速度が濃度水準に影響するとともに、今後の予測に重要であることを観測により把握した。副次的効果として、魚体のストロンチウム90 濃度の測定に有用なスクリーニング技術として、耳石のβ線の測定が利用可能であることを明らかにした。東日本大震災からの早期復興に係わる各種の事業・プロジェクトを推進し、震災復興に寄与すると期待される各種技術開発と実証試験を実施した。さらに「水産総合研究センターによる東日本大震災復興支援活動三年間の記録(平成23 年3 月11 日~平成26 年3 月31 日)」の発行など、年度計画にはないアウトリーチ活動を積極的に行った。本研究課題の成果を積極的に発信し、成果の利活用を図ることにより、被災地の復興及び放射能に関する風評被害の軽減等に寄与することが期待される。
研究分担渡邊朝生
藤本賢
八木宏
栗田豊
山本祥一郎
栗田潤
澤田浩一
神山孝史
奥村裕
筧茂穂
宮田勉
高見秀輝
持田和彦
黒川忠英
堀井豊充
長谷川大介
鴨志田正晃
町口裕二
村田裕子
玉置泰司
協力分担関係福島県内水面水産試験場
予算区分委託プロ・生産現場[養殖・漁業生産技術] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 水産庁・その他
業績(1)Radiocaesium concentrations in the muscle and eggs of salmonids from Lake Chuzenji, Japan, after the Fukushima fallout
(2) 東京電力福島第一原子力発電所事故以降の日本周辺海域における海水の134Csおよび137Cs濃度
(3)鹿島房総沖における小型浮魚類(マイワシ,カタクチイワシ)の放射性セシウム濃度
(4)Assessment of radiocaesium accumulation by hatchery-reared salmonids after the Fukushima nuclear accident
(5)Production of 16.5% v/v ethanol from seagrass seeds 
(6)Fukushima-derived radionuclides 134Cs and 137Cs in zooplankton and seawater samples collected off the Joban-Snriku coast, in Sendai Bay, and in the Oyashio region
(7)2001 年から2003 年の有明海奥部および中部海域で採集されたマクロベントス-出現種および主要種の分布-
(8)養殖コンブ乾燥施設の省エネに向けた運用実態の調査研究
(9)EFFECT OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE ON KELP BED ECOSYSTEMS.
(10)High resolution mapping for spatial distribution of radiocesium in sea sediment derived from Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant
(11)日本太平洋岸での30年以上にわたるムラサキイガイの減少様式
(12)仙台湾における植物プランクトン群集
(13)流通や生態系を含めた漁業操業モデルの構築
(14)Did farmed Coho salmon that escaped by the earthquake and tsunami disaster of 2011 affect native salmon?
(15)エゾアワビの資源管理と評価
(16)仙台湾におけるセイシュの特性および発生機構に関する研究
(17)アンサンブルシミュレーションを用いた仙台湾におけるアカガイ幼生の着底成功率の推定
(18)Acoustic survey for saving energy and sustainable fisheries - An approach of zooplankton monitoring for the decision of salmon, Oncorhynchus keta , release timing -
(19)阿武隈川河口域における放射性セシウムの挙動について
(20)
(21)
(22)
(23) 平成26年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業
(24)平成26年度農林水産技術会議農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「小型底びき網漁業の情報共有化と共有資源の経済合理的漁獲手法の開発」報告書
(25)震災により流出した養殖ギンザケが在来サクラマスに与えた影響を探る -交雑個体の有無の調査-
(26)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策
(27)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策   診断法の開発
(28)A new species of Gastrosaccus Norman, 1886 (Crustacea, Mysida, Mysidae) from a sandy shore of Lombok Island, Indonesia
(29)Development of 18 novel polymorphic microsatellite markers for the mysid crustacean Mesopodopsis orientalis
(30) A Demand Analysis for the Japanese Cod Markets with Unknown Structural Changes Fisheries Science
(31)Overview of Radiocesium Contamination for Greenling, Hexagrammos Otakii, Off the Coast of Fukushima
(32)好適餌料珪藻を用いたエゾアワビ初期稚貝の飼育技術の開発
(33)サケ沿岸滞留期の海洋環境と回帰率
(34)水産業をシステムとしてとらえる
(35)効率的生産技術の開発
(36)マルチアイソトープ解析による森林施業が河川生態系へ及ぼす長期的影響とその解明
(37)
(38)宮城県松島湾・万石浦の生産力を利用した適切な漁場管理手法の開発
(39)平成26年度漁場環境・生物多様性保全総合対策委託事業のうち赤潮・貧酸素水塊漁業被害防止対策事業(東京湾における貧酸素水塊による生物への影響解明に関する研究)報告書
(40)魚類の成育場としてのアマモ場の機能解明と活用技術の開発
(41)Differences in abundance and distribution of Alexandrium cysts in Sendai Bay, northern Japan, before and after the tsunami caused by the Great East Japan Earthquake
(42)比較放流実験によるニシン稚魚の最適放流条件の推定
(43)震災後の石巻沿岸を中心とした無給餌養殖漁場の環境について
(44)Impact of Radioactive Spill from Fukushima Disaster on the Japanese Seafood market
(45)NPP衛星の利用について
(46)Summary of intensive monitoring for radionuclides in fishery products after Fukushima accident and comparison to the results of long term monitoring program in Japan
(47)Radioactive caesium concentration of fish and their habitat in lakes of Fukushima prefecture, Japan, after the Fukushima fallout
(48)大船渡湾における海水交換率の推定
(49)海洋観測に基づく沿岸域の水質とサケの回帰率
(50)Environmental change in Onagawa Bay by the tsunami of the March 11, 2011.
(51)岩手県大船渡湾における二枚貝餌料環境:基礎生産速度と動物プランクトンの動態
(52)加速度ロガーを用いたエゾアワビ繁殖行動のモニタリング
(53)Habitat preferences of chondrichthyans in Malaysia, Indonesia and Thailand
(54)三陸沿岸域における海洋環境の急激な変化の予測
(55)
(56)
(57)
(58)水研センター年報
(59) 仙台湾および福島県北部沖合定点における生態系内の移行(仙台湾)
(60)平成26年度資源管理指針等推進事業報告書
(61)平成26年度資源動向調査報告書
(62)仙台湾における植物プランクトンの群集構造の季節変動
(63)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策   ビブリオ病およびEIBSの遺伝子配列解析
(64)Lunar tidal rhythms of the mysid shrimp (Acanthomysis thailandica) population structure and reproduction in a tropical mangrove, Malaysia
(65)Radiocesium contamination of greenlings (Hexagrammos otakii) off the coast of Fukushima
(66)Versatile mysids exploit multiple basal resources: implication of the bentho-pelagic habit in estuarine food webs
(67)東京電力福島第一原子力発電所近傍の海底土を用いたアオゴカイの飼育実験
(68) ワカメの消費者購買要因分析:オークション実験を用いて
(69)三陸産ワカメの風評被害の実態とその対策の一考察-オークション実験による顕示選好法-
(70)養殖経営の効率性評価と消費者評価を基にした効率的な販売戦略-養殖銀ザケと養殖マガキを事例に-
(71)Spatiotemporal monitoring of 134Cs and 137Cs in the freshwater fishery grounds of the algae-grazing fish ayu, Plecoglossus altivelis, after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
(72)震災後のエゾアワビ資源回復に向けた取り組みについて
(73)Oceanic dispersion of radioactive cesium in the western North Pacific -Eastward dispersion in surface water and southward intrusion with mode water-
(74)三陸サケ回帰率回復に向けた食料生産地域再生のための先端技術展開事業での取組
(75)宮城県沿岸のアラメ群落における東日本大震災後の変動
(76)三陸沖における冬春季の異常冷水発生機構の解明と簡易な予測手法の開発
(77)Reforming Wakame Aquaculture in Japan with Relaxed Processing Standards
(78)宮城県内カキ養殖漁場における適正養殖量の推定2.植物プランクトン現存量とカキろ水量について
(79)2013年冬季の栃木県中禅寺湖における放射性セシウムの収支
(80)
(81)
(82)岩手県海域における二枚貝養殖漁場の適正管理手法の開発
(83)水産分野における革新的技術緊急展開事業に関する経営評価研究平成26年度報告書
(84) 平成26年度漁海況情報配信事業・漁場形成状況等調査(以西底曳)報告書
(85)魚類の放射性物質濃度と生態の関係
(86)三陸沿岸域で起こる異常冷水現象の予測
(87)仙台湾における食物網構造の時空間的変化
(88)養殖ギンザケの重要疾病に対する防除対策   ビブリオ病およびEIBSワクチンの開発
(89)Isolation and characterization of halophilic lactic acid bacteria acting as a starter culture for sauce fermentation of the red alga Nori (Porphyra yezoensis)
(90)Reproductive physiology of the mummichog Fundulus heteroclitus - an excellent experimental fish
(91) 濁度計・現場型レーザー粒度計・音響計測機器に基づく常磐沿岸域底層の懸濁物動態計測
(92)仙台湾におけるセイシュの特性および発生機構に関する研究
(93)Redescription of Nipponomysis surugensis (Murano, 1977) (Crustacea; Mysida; Mysidae) based on specimens from the Seto Inland Sea, western Japan
(94)Radiocesium distribution on sea sediment and in benthic organisms in the north-east Japan coast
(95)選択型実験アンケートを用いた宮城県産養殖マガキの消費者評価
(96)福島県松川浦における震災後のアサリ幼生・稚貝の動態
(97)Radiocesium distribution on sea sediment and in benthic otganisms in the north-east Japan coast
(98)三陸沿岸域で起こる異常冷水現象の予測
(99)高品質カキの品質評価-ファジィAHPによる品質評価-
(100)1-2 北海道周辺の海洋環境変化
(101)マミチョグFundulus heteroclitus GTHR免疫陽性細胞の発生及び雌の生殖年周期に伴う変化
(102)湖沼底泥から淡水魚類の餌生物への放射性セシウムの移行
(103)栃木県中禅寺湖の底泥に確認された放射性セシウムの空間分布
(104)
(105)
(106)宮古湾におけるアマモ場調査から得られたクロソイの情報について
(107)天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究 ワカメ等の大規模海藻養殖の効率化システムの導入評価
(108)長崎県沿岸に生息するヒラメParalichthys olivaceusの遊泳行動の時空間変動
(109)Effects of flashing LED lights of several colors on the growth of the microalga Isochrysis galbana
(110)凍結条件がマガキのエキス成分に及ぼす影響
(111)Distribution of ammonia-oxidizing archaea and bacteria in coastal sediments of the Sendai Bay in Japan
(112)Constructing an Efficient Operation System Adapting to the Changing Socio-Economic Situation in the Japanese Coastal Squid Jigging Fishery Industry
(113)東日本大震災による藻場への影響とその後の変遷
(114)宮城県におけるカキ養殖技術の実証研究
(115)東北地方におけるアサリ研究とそこから考えること
(116)福島県沿岸域における内部潮汐の発生機構
(117)Aライン調査に基づく20年規模の親潮弱化トレンド
(118)東日本大震災がマダラの繁殖特性におよぼした影響
(119)宮城県万石浦に造成された干潟におけるマクロベントスの加入状況
(120)海底土から海産生物へ移行する放射性セシウムの定量評価
(121)イセエビ類の幼生飼育技術の向上に関する研究
(122)舐め板を用いないエゾアワビ採苗方法の開発
(123)
(124)
(125)
(126) 三陸沿岸域で起こる異常冷水現象の予測
(127)Stable nitrogen isotopic composition of amino acids reveals food web structure in stream ecosystems
(128)Expression and localization of gonadotropic hormone subunits (Gpa, Fshb, and Lhb) in the pituitary during gonadal differentiation in medaka
(129)Five-minute resolved spatial distribution of radiocesium in sea sediment derived from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant
(130)VARIATION IN MANILA CLAM (RUDITAPES PHILIPPINARUM) FECUNDITY IN EASTERN HOKKAIDO, JAPAN
(131) Constructing an Efficient Operation System Adapting to the Changing Socie-Economic Situation in the Japanese Coastal Squid Jigging Fishery Industry
(132)Exposure of a herbivorous fish to 134Cs and 137Cs from the riverbed following the Fukushima disaster
(133)東日本大震災後の宮城県気仙沼湾におけるAlexandrium属の栄養細胞とシストの分布パターンおよび二枚貝類の毒化
(134)放射能検査を含む「品質検査済」の情報提供が消費者評価に与える影響について-宮城県産養殖マガキを事例に-
(135)Concentrations of 90Sr in Marine Fishes Before and After the FDNPP Accident
(136)福島いわき沖底層における濁質水平輸送フラックスの変動特性
(137)酸素安定同位体比によるエゾアワビ貝殻表面障害輪の形成時期の解明
(138)Status of abalone resources before and after the Great East Japan Earthquake along the coast of northeastern Japan
(139)仙台湾におけるセイシュの特性について
(140)「 アワビの緊急増殖技術開発事業」に係る経営アンケート調査の意義について
(141)宮城県松島湾 ・万石浦 におけるアサリ浮遊幼生の密度変動、水平・鉛直分布
(142)市場に水揚げされた海面漁獲サケからの採卵の試み
(143)2011年原発事故によるヒラメの放射性セシウム汚染履歴
(144)
(145)
(146)
(147)
(148)
(149)個別漁獲枠の漁船能力削減効果
(150)天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究 大規模ワカメ養殖システムの設計
(151)深所個体群の有効利用技術の開発
(152)平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書
(153)仙台湾および福島県北部沖合定点における生態系内の移行(福島県北部沖合)
(154)三陸沖暖水系水指標値を活用した岩手サケ回帰数予測モデル
(155)仙台湾における食物網構造の時空間的変化
(156)マダラの移動、摂餌生態と放射性セシウムの関係
(157)Assemblages of cryptic animals in coral rubble along an estuarine gradient spanning mangrove, seagrass, and coral reef habitats
(158)Acoustic capture-recapture method for towed acoustic surveys of echolocating porpoises
(159) 岩手県沿岸に生息するエゾアワビの貝殻内唇断面に形成される障害輪の年齢形質としての有効性
(160)被災地域産水産物の効率的な販売戦略について
(161)Radiocesium concentration of Pacific saury in the western North Pacific after a year of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accident
(162)Summary of intensive monitoring for radionuclides in fishery products after Fukushima accident and comparison to the results of long term monitoring program in Japan
(163)仙台湾から茨城県沖における海底堆積物中の放射性セシウム分布
(164)Distribution, transport pathway and modification of the Coastal Oyashio water, off the Hokkaido coast, in the Northwestern Pacific
(165)数値モデルによる松島湾の流動解析
(166)高成長家系魚
(167)調査用着底トロール網によるズワイガニの採集効率の推定
(168)仙台湾~女川湾における震災後の植物プランクトン群集について
(169)安定同位体比を用いた食物網解析
(170)東日本大震災と岩礁貝類相の時空間変動
(171)
(172)
(173)「好適餌料を用いた飼育技術の開発」平成26年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業 アワビの緊急増殖技術開発研究
(174)適正カキ生産量の評価手法の高度化と危機管理を加味したカキ養殖手法の開発
(175)カニュレ-ションによる生殖腺産物の採取方法
(176)平成26年度小笠原周辺海域宝石サンゴ緊急対策事業報告書
(177)仙台湾におけるセイシュの特性について
(178)平成26年度年度鰻生息状況等緊急調査事業報告書
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat