1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発

1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発

課題番号2014025659
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題研究の重点的推進
大課題1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発
中課題1.開発途上地域の土壌、水、生物資源等の持続的な管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
摘要気候変動の影響評価については、気候変動がもたらす農業生産への影響を把握可能な需給モデルの開発を進め、バングラデシュのコメについて、災害や気象の影響を原因別に予測することが可能になった。また、世界食料モデルの開発を進め、気候変動シナリオの下で、作物モデルを組み込んだ収量関数を用い、世界126カ国・地域のコメ、小麦、トウモロコシ、大豆の収量の2050年までの予測を行い、低緯度地域での作物収量は、気候変動により低下することを示した。
気候変動の適応策については、熱帯の圃場条件でインド型イネ品種の開花時刻を2時間早めることを示した。気温の低い早朝に開花を行うことで、高温障害地域においても十分な稔実が維持できることが期待される。また、天水稲作における適応策として、プロトタイプ版意思決定支援システムからの支援情報(播種日や施肥タイミング等)を活用した実証試験によりコメ収量が改善することを確認した。 
気候変動緩和策については、反芻家畜からのメタン排出量のモニタリングにより、各種TMR(完全混合飼料)の給与が牧草のみの給与よりもメタン排出量を抑制できることを示した。また、放牧地における肉用牛からのメタン排出量は増体速度の遅い乾期の方が雨期よりも生産物あたり排出量が高いことを示した。ベトナムメコンデルタの農家水田圃場での3作期の試験により、節水栽培(AWD)による水田からの温室効果ガス(GHG)の経年的な排出削減効果と収量増加が顕著となった。緩和策普及の一環と位置づけられるCDM事業に関して、指定運営組織(DOE)による排出削減量の検証を受けた。また、ホテイアオイなどの未利用バイオマスを補助的な原料として活用することで、BDの安定的な利用が可能となることを示した。さらに、気候変動緩和策に貢献する生物学的硝化抑制(BNI)について、酸性土壌で栽培するソルガムは、中性土壌よりも根面土壌で強い硝化抑制活性があることを明らかにした。
研究分担松原英治
山崎正史
南雲不二男
幸田和久
安藤康雄
協力分担関係カントー大学(ベトナム)
予算区分技会交付金研究 委託プロ[国際連携による気候変動プロ] 農水省・その他 文科省[科研費] 厚労省・その他 環境省競争的資金 その他他省庁経費
業績(1)On-farm evaluation of effect of organic and mineral fertilizers on biomass and yield of millet/cowpea intercrop in the Sahel, West Africa
(2)Popular Rice (Oryza sativa L.) Cultivars Show Contrasting Responses to Heat Stress at Gametogenesis and Anthesis
(3)Effects of traditional soil management practices on the nutrient status in Sahelian sandy soils of Niger, West Africa
(4)Artificial Rainfall by the Aircraft Seeding of Liquid Carbon Dioxide near Miyake and Mikura Islands of Izu Islands in 2012 and 2013
(5)ベトナムにおける農家用バイオガス発生装置導入によるCDM事業の排出削減及び経済性の評価
(6)Improving millet-cowpea productivity and soil fertility with crop rotation, row arrangements, and cowpea density in the Sahel, West Africa
(7)モザンビーク北西部における天水畑作経営の展開―ニアサ州リシンガ市近郊農村の事例―
(8)Climate change effects on long-term world crop production: incorporating a crop model into long-term yield estimates
(9)途上国の農村開発における地球温暖化対策の有効性
(10)ベトナムにおける農家用バイオガス発生装置の安定利用
(11)Communal Land Management in the Highlands of Northern Ethiopia: Evidence of Transaction Costs
(12)Biological nitrification inhibition in sorghum: the role of sorgoleone production
(13)高分解能衛星データを用いたガリー侵食域抽出手法の開発
(14)Effects of feeding level on methane emissions and energy utilization of Brahman cattle in the tropics
(15)New lactic acid bacterial strains from traditional Mongolian fermented milk products have altered adhesion to porcine gastric mucin depending on the carbon source
(16)農業分野における気候変動緩和技術の評価手法に関する研究 -研究開発支援の視点から-
(17)Development of a tool for socio-economic evaluation of agricultural technologies directed toward adaptation to climate change 
(18)2013年3月における東京都三宅島・御蔵島付近での液体炭酸散布による人工降雨実験
(19)Evaluation of two jab planters for planting maize in the forest zone of Ghana
(20)マーシャル諸島共和国マジュロ環礁ローラ島における淡水レンズに関する数値シミュレーション
(21)Effect of planting device and seed sorting on yield of maize
(22)Evaluation of Pigeon Pea (Cajanus cajan) Cover Cropping and “No-till” as a Soil and Crop Management Practice in Corn (Zea Mays) Areas of Isabela, Philippines
(23)Suppression of soil nitrification by plants
(24)qEMF3, a novel QTL for the early-morning flowering trait from wild rice, Oryza officinalis, to mitigate heat stress damage at flowering in rice, O. sativa
(25)Application of Ultra Compact Element Analyzer for Soil Fertility Diagnosis of Agricultural Research in Southeast
(26)Artificial rainfall bexperiment by seeding lquid crbon doxide above the Izu Islands of Tokyo on Mar5ch 14 in 2013
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217048
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat