根粒機能を活用した大豆安定多収栽培法の開発

根粒機能を活用した大豆安定多収栽培法の開発

課題番号2014025501
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題①新世代水田輪作の基盤技術と低コスト生産システムの構築
大課題低コスト・高生産性水田輪作の基盤技術
中課題根粒機能を活用した大豆安定多収栽培法の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要地下水位制御システム等を利用したダイズ安定多収栽培法に関しては、
a) 千葉県横芝光町の地下水位制御システム(FOEAS)設置圃場の実証試験において、暗渠を開放して排水機能のみ利用した不耕起狭畦栽培で坪刈り収量327kg/10aが得られ、-30cmの地下水位制御処理との組み合わせでは339kg/10aとなった。慣行法のロータリー耕起中耕培土栽培と比較して、不耕起栽培では収穫ロスが低減することを明らかにした。
b) 堆肥施用により窒素肥沃度が向上し、ダイズの硝酸態窒素吸収量の増加と根粒活性の抑制が見られたが、-45cmに地下水位を制御した場合に根粒機能の低下が軽減される傾向を認めた。
c) 施肥改善として、モリブデン富化種子により低pH圃場(山形県鶴岡市、茨城県筑西市)や重粘土圃場(千葉県長南町)において、対照区収量269~312g/m2に対して6~8%増収する傾向を認めた。
d) 生育モデルと過去34年分の気象データを用いて、土壌水分ストレスの影響を含んだ通常収量と乾燥ストレスが生じない場合のポテンシャル収量の比率(通常収量/ポテンシャル収量比)を算出し、近年、乾燥ストレス発生リスクが高まっていることを明らかにした。
e) 黒根腐病の発病と収量品質の関係については、発病度(0~3の4段階で評価した発病指数の総和と全調査個体が発病指数3とした場合の総和の比率を百分率で示した)が30以上で減収することを青森県と富山県の現地圃場で確認し、富山県ではしわ粒の急増を認めた。また、根圏の一部に黒根腐病菌を接種すると、接種部位において局所的な窒素固定能の低下が認められ、根粒機能低下に黒根腐病菌が関与することを明らかにした。
f) 不耕起栽培により白絹病発生が少なくなることを明らかにした。黒根腐病は1週間程度の晩播では発病を抑制できないが、新たに適用登録された殺菌剤テブコナゾール水和剤は、顕著な防除効果を示すことを明らかにした。利用のためには生育の遅延や茎の軟化など薬害への対処を必要とした。
研究分担新良力也
協力分担関係庄内総合支庁産業経済部農業技術普及課
宮崎県総合農業試験場
和歌山県農業試験場
青森県庁
長崎県農林技術開発センター
千葉県農総セ
横芝光町
笹本新井土地改良区
富山県農林水産総合技術センター
砺波農林振興センター
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用]
業績(1)Observation materials and diagnostic book on soybean insect pests and diseases for farmers of Madhya Pradesh
(2)播種時耕起法と地下水位制御がダイズの立枯性病害に及ぼす影響
(3)Evaluation of soybean genotypes under excessive moisture stress in Madhya Pradesh
(4)水田輸作の生産性向上に役立つ地下水位制御システムの活用指針
(5)Effect of drainage, tillage and land configurations on root, nodules and yield of soybean in vertisols
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217052
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat