業務・加工野菜の安定供給に向けた夏秋期生産技術の開発

業務・加工野菜の安定供給に向けた夏秋期生産技術の開発

課題番号2014025517
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題③業務需要に対応できる高度畑・野菜輪作農業システムの確立と先導的品種の育成
大課題業務需要に対応できる高度畑・野菜作農業システムの確立
中課題業務・加工野菜の安定供給に向けた夏秋期生産技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要寒冷地におけるタマネギ等野菜類の新たな作型の開発に関しては、
a) 育苗時の肥効調節型肥料(シグモイド型)の効果は認められなかったが、リニア型の施用により初期生育が促進され、増収効果を確認した。また、過リン酸石灰の育苗時施用にも増収効果を認めた。
b) 遮光資材を展張したパイプハウスでの簡易貯蔵に際し、強制通気乾燥装置や牧草乾燥用透湿防水シートの利用などを試みて貯蔵を行ったが、顕著な効果がないと判断した。「TTA-735」は秋まき用品種としては高い貯蔵性を持つことを明らかにした。
c) タマネギ機械化栽培体系のネックとなっているマルチ用収穫機について、試作機等での作業性を検討し、マルチ下のりん茎を引き抜く抵抗は予想以上に大きく、機械の改良が必要なことを明らかにした。
d) アスパラガスの促成作型では、宮城県名取市の現地水田土壌において、根株養成における湿害回避を目的とする2軸ロータリーによる作畦が根株重の大幅な増加効果を示すことを明らかにした。
露地野菜の干害・湿害回避技術に関しては、
a) ブロッコリーの干害・湿害回避技術について、地下水位制御システム(FOEAS)導入試験圃場において冬まき作型で検証し、降水量が多めであったためFOEASによる灌漑の効果は見られなかったものの、排水の効果を確認した。
b) FOEAS圃場でニンジンの無間引き栽培を試み、播種直後に一時的に地下水位を上昇させることにより、畑地と同等以上の収量を確保した。また新開発の2粒まき播種機を用いた間引き栽培でも高い収量を得ており、新たな技術の可能性を見出した。
c) 東日本大震災被災地である宮城県岩沼市においてキャベツの機械化一貫体系の実証栽培に取り組み、砂地の性質を考慮した施肥技術、セル成型苗の最適な移植深さを提示した。
研究分担山崎篤
協力分担関係岩手農研センター県北研
山形県庄内産地研
富山県農技センター園研・農研
弘前大学
岩手県二戸普及センター
富山県広域普及指導センター
山形県庄内産地研究室
岐阜県
鹿児島県
青森野菜研
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業
業績(1)ニンニク周年供給のための収穫後処理技術
(2)キャベツの機械化一貫栽培体系における苗の移植深度が収量,結球部の傾きおよび根系分布へ及ぼす影響
(3)地下水位制御システム(FOEAS)施工ほ場における設定水位が秋まきキャベツの生育に及ぼす影響
(4)水田輸作の生産性向上に役立つ地下水位制御システムの活用指針
(5)氷点下貯蔵後のニンニクの根,芽の伸長を抑制する高温処理条件の探索
(6)くぼみ症の発生を助長するニンニクの収穫後処理条件
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat