耕畜連携による水田の周年飼料生産利用体系の開発

耕畜連携による水田の周年飼料生産利用体系の開発

課題番号2014025527
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
大課題土地資源を高度に活用した飼料生産・供給と通年安定調製給与技術の開発
中課題耕畜連携による水田の周年飼料生産利用体系の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
摘要耕畜連携による水田の周年飼料生産利用技術に関しては、
a) 飼料用稲品種「北陸193号」を用いて粗玄米の多収とワラ利用を行う場合、牛ふん堆肥2t/10aに元肥と追肥を合わせて10kg/10a程度の窒素単肥の施用により低投入で持続的な生産が行えることを確認した。
b) 稲麦二毛作作業計画支援モデルについては、北関東地域の気象条件並びに二毛作に適する飼料イネ及び飼料オオムギの品種等を設定することにより、作業競合を回避するための作型を提示した。
c) 飼料用イネ・ムギを牛に給与して実施した消化試験の成績を集約し、適正給与を可能とする栄養価推定法を開発し、「稲発酵粗飼料の生産・給与技術マニュアル」に掲載した。
d) 現行の水田転作助成制度下で主要作物の作付体系と稲麦WCS二毛作の収益性を試算して比較を行い、ムギWCSは食用ムギの収益性を下回るが、WCS二毛作の場合はその差は小さいことを明らかにした。また、先進事例から、ムギWCSに対する畜産側の評価が高く需要があることなどもWCS二毛作の成立要因であることを明らかにした。
研究分担澤村篤
協力分担関係東北大学大学院農学研究科
群馬県畜産試験場
三重農研
富山県農林水産総合技術センター農業研究所
(株)フリーデン
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 委託プロ・生産現場[低コスト]
業績(1)国産飼料流通の実態と費用低減に向けた課題
(2)窒素を多量施用した農地からの環境負荷窒素化合物の放出に関する研究-施肥量の多い畑地からの一酸化二窒素発生と牛ふん堆肥を多量施用した飼料イネ栽培水田からの窒素の浸透流出-
(3)イネの分げつ構造を図示するLogoプログラム
(4)色素米8品種中の4年間におけるミネラル含量の変動
(5)稲麦WCS二毛作の経済性と事例における成立の背景
(6)北関東における飼料イネ(Oryza sativa L.)との二毛作体系に適したオオ_x000D_ムギ(Hordeum vulgare L.)品種の飼料適性
(7)関東地方の周年粗飼料生産体系における稲発酵粗飼料向け早生品種たちはやての生育特性
(8)Temporal changes of tocochromanols in leaves and spikes of barley cultivars during the development of the caryopsis
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217078
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat