草地の高度活用による低コスト乳生産と高付加価値乳製品生産技術の開発

草地の高度活用による低コスト乳生産と高付加価値乳製品生産技術の開発

課題番号2014025532
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
大課題地域条件を活かした多様な自給飼料多給型家畜生産及び高付加価値畜産物生産技術の開発
中課題草地の高度活用による低コスト乳生産と高付加価値乳製品生産技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
摘要生産コストを現状から3割削減可能な低コスト乳牛飼養技術に関しては、
a) 開発した購入濃厚飼料給与量低減技術と晩秋期放牧期間延長技術の経済性評価を行い、前者では飼料費を21.8%、生乳生産費を7.5%削減できること、後者では搾乳牛40頭の放牧期間を約1か月延長可能で、労働時間58時間、生乳生産費1.8%を削減できることを示した。
b) 開発中の技術、これまでに開発した技術及び現地調査から、放牧と高栄養牧草サイレージを最大限活用する営農モデルのプロトタイプを構築し、技術の体系化により全算入乳生産費の1/4程度が低減する効果を試算した。
c) 放牧期間延長技術について、晩秋期放牧期間延長用としてチモシー採草地の2番草刈り取り後に備蓄した牧草の乳牛による利用率は約70%で、採食量は体重比1.4~2.0%と高いことを所内外で示し、実用性を証明した。また、放牧前備蓄草量から放牧延長日数の試算を可能にした。
d) 開発した放牧管理支援ツール用機器を取り付けた首輪を農家と公共牧場の放牧乳牛に装着し、耐久性や首輪の脱落等に関する実用上の問題がないことを現地実証した。また、牛の滞在場所や利用率の低い場所など、大規模放牧地の利用状況を提示した。
e) 高付加価値乳製品製造技術について、分析型パネリストによる放牧牛乳と舎飼牛乳の判別が可能であることを示した。また、濃厚飼料無給与で生産された放牧牛乳の特徴として、揮発性成分のジテルペノイド類が極端に高くかつラクトン類が少ない傾向にあることを明らかにし、若干の濃厚飼料給与による嗜好性の改善について検証する必要性を示した。
研究分担須藤賢司
協力分担関係北海道大学大学院農学研究院
よつ葉乳業(株)中央研究所
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業
業績(1)北海道の乳牛集約放牧草地における養分循環に基づく施肥適量
(2)Use of a hand-held crop growth measuring device to estimate forage crude protein mass of pasture
(3)有機的管理実践牧場における植生と牛の採食行動の関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217083
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat