乳牛の泌乳曲線平準化を核とする省力的な群管理技術の開発

乳牛の泌乳曲線平準化を核とする省力的な群管理技術の開発

課題番号2014025541
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
大課題乳牛の泌乳曲線平準化を核とする省力的な群管理技術の開発
中課題乳牛の泌乳曲線平準化を核とする省力的な群管理技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
摘要泌乳曲線を平準化するための牛群改良手法に開発に関しては、後代検定候補種雄牛生産のための後代検定一次選抜法(P40法)を用い、平成22年に後代検定に参加した44頭の候補種雄牛について、将来、総合指数上位40位に含まれる確率を予測した。ゲノミック評価値の信頼度向上が期待されることから、信頼度が大きく異なる遺伝評価値(従来法とゲノミック評価値)が混在する場合、P40法は有効であることを明らかにした。
泌乳期の栄養生理指標に関しては、泌乳形質と乳期の進行に伴う内分泌系の変化を明らかにした。すなわち泌乳持続性(LP)に関する重回帰分析で、インスリン(分娩後60日)とIGF-I(分娩後10日)の2変数が有意であり(R2=0.1891)、LPが良い乳牛は泌乳前期のインスリン濃度が低い傾向にあった(R2=0.1704)。泌乳ピーク日とグレリン濃度(分娩後60日)とは負の相関(R2=0.1564)、305日乳量と分娩後10日のグルカゴン濃度とは正の相関(R2=0.0943)を認めた。
省力化牛群管理技術に関しては、
a) LP値90の牛(一乳期TMR1種給与)を初産次~4産次泌乳期飼養した時、同86の牛(乳期別TMR2種給与)を同期飼養した時に比べて、経産牛1頭あたりの乳代から飼料費を控除した年換算収支額が9,000円強の増益を示した。
b) LP値90の牛の同86の牛に対する飼料費、乳牛償却費、獣医師料+医薬品、家族労働費、生乳価格、副産物(子牛価)の変動費目の増減率を農水省H24牛乳生産費統計値(北海道成畜100頭以上)に代入すると、LP値90の牛は同86の牛よりも子牛販売費の損益を吸収し、所得増と増益が見込まれることを明らかにした。
研究分担中村正斗
協力分担関係家畜改良事業団
家畜改良センター新冠牧場
雪印種苗
北海道酪農検定検査協会
十勝管内農協
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費] その他
業績(1)泌乳持続性の改良による305日乳量及び体細胞スコアの改善に関する研究
(2)乳用雌牛の初回授精受胎率の遺伝的能力を正確に評価する方法
(3)Opposing effects of lactoferrin on the proliferation of fibroblasts and epithelial cells from bovine mammary gland.
(4)多形質アニマルモデルによるホルスタイン種雌牛の受胎率に関する推定育種価の信頼性
(5)ホルスタイン種における遺伝評価値と信頼度の違いを考慮した後代検定一次選抜法
(6)乳牛の乾乳期間短縮が乳生産に及ぼす影響
(7)Genetic correlations among female fertility, 305-day milk yield and persistency during the first three lactations of Japanese Holstein cows
(8)乳牛における泌乳持続性の改良
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat