分子生物学的手法による新形質花きの創出

分子生物学的手法による新形質花きの創出

課題番号2014025549
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題①日本型の高収益施設園芸生産システムの構築
大課題分子生物学的手法による新形質花きの創出
中課題分子生物学的手法による新形質花きの創出
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(4) 園芸作物の高収益安定生産システムの開発 
摘要青色や黄色の花色等新形質を有する花きの開発に関しては、
a) キク青色花の作出手法の確立に関しては、遺伝子組換え技術を駆使して、キク青色花の作出方法として広く利用できる手法を確立した。また、花器官の形態が変化することで一部の小花が不稔化したキク組換え体を作出した。
b) ペチュニア等におけるカロテノイド色素量や組成等の解析に関しては、イポメア由来のカロテノイドエステル化酵素遺伝子を導入したペチュニア淡黄花品種「カリフォルニアガール」形質転換体7個体において、花冠のエステル化カロテノイドの量が増加していることを確認した。
詳細遺伝子地図の作成等の基盤技術の開発に関しては、カーネーションについて、晩生で日持ち性の優れる系統「806-46b」と早生で日持ちの短い品種「ミズキ」とのF2集団を用いて、RNA-seq情報から作成した86個を含む247個のSSRマーカーで構成される全長942.4cMの連鎖地図を作成した
研究分担間竜太郎
協力分担関係横浜市立大・木原生物研
サントリーグローバルイノベーションセンター
精興園
奈良先端大
筑波大
農業生物資源研究所
かずさDNA研究所
愛知県農業総合試験場
長崎農林技術開発センター
北海道立総合研究機構
予算区分技会交付金研究 SIP(次世代農林水産業) 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Faster, safer, and better DNA purification by ultracentrifugation using GelRed stain and development of mismatch oligo DNA for genome walking
(2)Horticultural characterization of a tetraploid transgenic plant of Tricyrtis sp. carrying the gibberellin 2-oxidase gene
(3)羊ヶ丘1号
(4)Selection of carnation line 806-46b with both ultra-long vase life and ethylene resistance
(5)Expression levels of ethylene biosynthetic genes and senescence-related genes in carnation (Dianthus caryophyllus L.) with ultra-long-life flowersOriginal
(6)Generation of fluorescent flowers exhibiting strong fluorescence by combination of fluorescent protein from marine plankton and recent genetic tools in Torenia fournieri Lind.
(7)サイトカイニンによる装飾的な花形の誘導機構の解明と育種への応用に関する研究-トレニアをモデル系として-
(8)Co-modification of class B genes TfDEF and TfGLO in Torenia fournieri Lind. alters both flower morphology and inflorescence architecture
(9)Identification of tightly linked SSR markers for flower type in carnation (Dianthus caryophyllus L.)
(10)Structural basis for acceptor-substrate recognition of UDP-glucose: Anthocyanidin 3-O-glucosyltransferase from Clitoria ternatea
(11)Dichromatism causes color variations in leaves and spices
(12)Identification of the carotenoid modifying gene PALE YELLOW PETAL 1 as an essential factor in xanthophyll esterification and yellow flower pigmentation in tomato (Solanum lycopersicum).
(13)切り花の品質保持を学ぶカーネーションの教材化とその実践
(14)Identification of genes associated with chlorophyll accumulation in flower petals.
(15)羊ヶ丘2号
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217100
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat